活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

勝負論

満足度★★★
付箋数:21

  「先に断っておきますが、この本で語る
  勝負論は “勝利至上主義” に立脚したもの
  ではありません。何事も勝たないと
  気がすまないという姿勢は、悪いとは
  言いませんが、戦わなくてもいい勝負で
  時間や労力を消耗したり、無駄に敵を
  つくったりすることは必ずしも褒められた
  ことではないからです。
  私が勝負論で最も重視し、実際にいままでの
  人生で実践してきたのは “それが勝負するに
  値するかどうか” という基本に立ち返った
  目線を忘れないことです。」

勝負で大切なことは、「なぜ戦うのか」
という戦う目的を忘れないこと。

この基本に立ち返ることを竹中平蔵さんは、
「Back to Basic」と表現しています。

本書は、小泉政権の郵政民営化において
反対勢力と壮絶な戦いを繰り返した
元大臣の竹中平蔵さんが語る勝負論です。

2016年8月18日に行われた外為どっとコムの
セミナー『勝負論』を書籍化したもの。

竹中さんは、外為どっとコム総合研究所の
首席研究理事として、このセミナーの
講師を務めています。

世間から激しい批判を受けながらも
竹中さんが一貫して取り組んできテーマが、
「健全な競争社会の実現」ですから、
勝負論を語る講師として適任だと思います。

さて、勝負において大切なのは、
時機の見極めと、勝つための準備です。

  「チャンスを待て。だが決して時を待つな」

これは18世紀のドイツの詩人、
ヴィルヘルム・ミュラーさんの言葉。

勝負においてタイミングは極めて重要で、
小沢一郎さんの「日本改造計画」は、
時期尚早だったために、実現できなかった
と竹中さんは指摘しています。

また、勝つための準備として必要なことは、
ゴールから逆算した戦略を練ること。

本書では、政治の世界でよく見かける
7つの戦略が紹介されていました。

 1. 「戦わずして勝つ」
   孫子の兵法の基本中の基本

 2. 「自分の土俵で戦う」
   勝負の舞台を自分の得意なフィールドに
   持ち込むのが常勝の秘訣

 3. 「先手必勝か後出しジャンケンか」
   first mover's advantageは世界共通の戦略
   勝負が長引く場合は後出しジャンケン

 4. 「勝ち馬に乗るか、勝ち馬になるか」
   早い段階で自分を勝ち馬に見せる

 5. 「流れを作るための
  アーリー・スモール・サクセス」
   初期段階の小さな成功実績で期待を集める

 6. 「長期政権のためのロング・サクセス」
   抜本的な改革や創造的な改革

 7. 「ストラテジック・アンビギュイティ」
   意図的に自体を曖昧にする戦略的曖昧性

この中で、いかにも政治的だなと思ったのが、
最後のストラテジック・アンビギュイティです。

この戦略の目的は2つあります。

1つ目は、曖昧さを残すことで、
勝負のタイミングをコントロールすること。

2つ目は、立場を曖昧にすることで、
相手の戦略を立てづらくすること。

実際にこの戦略を意図的に使えるのは、
かなり熟練の勝負師だと思います。

本書は、もともとセミナーがベースになって
いるので非常に読みやすい本でした。

竹中さんの自分のこれまでの経験を
若い世代に伝え、世界で勝負できる人材を
育てたいという情熱が伝わってきました。

この本から何を活かすか?

自分の思考の枠を取り払って俯瞰力を
鍛える方法が、本書で紹介されていました。

それは、「積極的な自分への問いかけ」。

私たちの行動は、自分への問いかけが
起点になっていることが多いようです。

つまり、どのような問いかけを自分にするか
によって、自分の行動も変わるのです。

自分の中で「なぜ?」を繰り返すことが、
物事を多面的に見ることになり、
勝負で大切な「Back to Basic」にも
つながるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業”するな

満足度★★★
付箋数:23

本書はタイトルにある通り、「20代」の
働き方について書かれた本です。

著者は、電通、ボスコン、A.T.カーニーを
経て、組織開発を専門とするヘイグループで
シニア・クライアント・パートナーを務める
山口周さんです。

なぜ、20代でない私が本書を手にしたか
というと、過去に読んだ山口さんの本が
いずれもハズレがなかったからです。

 『外資系コンサルのスライド作成術
 『外資系コンサルの知的生産術
 『読書を仕事につなげる技術

さて、本書の「20代は “残業” するな」という
タイトルには、山口さんのどのような真意が
込められているのでしょうか?

  「 “残業する” というのは実にラクな逃げ道
  ですよね。なぜかというと結果的に成果が
  出なくても “でも、一生懸命やっているんです” 
  と言えますから。おそらく周囲も同情して
  くれるでしょうし、上司の評価も甘くなる
  でしょう。しかし、そういう “努力はしている
  けど成果は出せない” という人が多くなると、
  人件費が増えるばかりで価値は生まれない
  という最悪の状況に、会社も社会も陥ることに
  なります。」

山口さんが言っているのは、
「残業に逃げずに、結果にこだわれ」
ということです。

ところで、世の中には本当に残業せずに、
しっかりと結果を出しいる人たちがいます。

そういう人は、一体、何がちがうのでしょうか?

  「人生を変えたければ、何よりもまず、
  時間配分を変えなければなりません。
  (中略)
  彼らは重要な仕事だけに絞り込んで
  労力を集中し、他をスパッと切り落として
  いるからこそ、あれだけの豊かさを手に
  入れているのです。」

山口さんは仕事には、「スジの良い仕事」と
「スジの悪い仕事」の2種類があると言います。

いくら時間をかけて仕事をしても、
それが「スジの悪い仕事」なら、
結果も出ず、徒労感だけが残ります。

それに対して、「スジの良い仕事」は、
一生懸命取り組むことによって、
自分の人生の豊かさが増していきます。

仕事の時間配分を考えるときに、如何にして
スジの良し悪しを見極めるかがポイント。

その仕事が「スジの良い仕事」かどうかを
見極める着眼点は2つあります。

それは「成長につながるか」と
「評価につながるか」です。

理想は、組織内での評価につながる仕事で、
かつ、自分の成長にもつながる仕事です。

しかし、両方は無理でも、どちらか一方に
該当すれば、それは「スジの良い仕事」です。

反対にこの2つのどちらにも該当しない場合は、
それは「スジの悪い仕事」です。

もし「スジの悪い仕事」を依頼されたら、
できるだけ引き受けない、もしくは
引き受けても60%くらいの力でやり過ごす
ことが必要なのです。

「スジの悪い仕事」を何も考えずに
引き受けることも、漫然と残業することと
同じく、成長を妨げる「逃げ道」に
なってしまいます。

本書で山口さんがアドバイスするのは、
単純な仕事術ではなく、もっと大きな視点の
人生戦略です。

20代は「種をまく時期」で、この時期に、
焦って「刈り取り」に執着しすぎると、
将来的な収穫力に悪影響を及ぼすという
考えには、激しく同意します。

最後に本書に興味がある20代の方には、
ロバート・ルイス・スティーヴンソンさんの
名言を贈りたいと思います。

  Don’t judge each day by the harvest
  you reap but by the seeds that you plant.
  (毎日をその日の収穫高で判断せずに、
  まいた種で判断しなさい)

この本から何を活かすか?

山口さんは、世の中を変えるには、
2つのアプローチがあると言います。

1つは「外側からでかいハンマーでぶっ壊す」
方法で、毛沢東さんやレーニンさんが
採用したアプローチ。

もう1つは、「システムの中央制御室に入り、
強制終了ボタンを押す」方法で、
ゴルバチョフさんが採ったアプローチ。

これは企業を変えるアプローチも同じで、
山口さんが勧めるのは「後者」です。

なぜなら、前者は多くの人がトライして、
討ち死にしているからです。

本書は、確実に変革を成し遂げる
「企業内革命家」を育てる目的で
書かれています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一流のMC力

満足度★★★
付箋数:21

最近テレビを見ていると、以前は「司会者」と
呼ばれていた人が、「MC」と呼ばれている
ことが多くなっています。

MCとは、マスター・オブ・セレモニーの略称。

なぜ、司会者と呼ばずに、MCと呼ぶように
なったのでしょうか?

そもそも、司会者とMCでは役割が違います。

司会者とは、台本通りに番組を進める人。

これに対してMCとは、出演者たちの個性を
尊重して、その能力を引き出しながらも
番組の進行をコントロールする人。

最近のテレビ番組では、台本通り進める
司会者よりも、その場の空気を読み、
ハプニングや暴走を受け止めながらも、
番組を進めるMCが求められているのです。

  「最近は、明日何が起こるかわからない
  世のなかですから、飛び抜けた能力を持つ
  ひとりの天才型リーダーが率いるチーム
  よりも、個々の能力を最大限に引き出す
  MC型リーダーが率いるチームのほうが
  すごい結果をもたらすと思います。」

本書は、日本テレビで「ZIP!」、
「スッキリ!!」、「シューイチ」などの
看板番組を育てた敏腕プロデューサー
三枝孝臣さんが、「一流のMC力」について
語った本です。

テレビ番組でMC力が重宝されるのは
わかりますが、ビジネスでMC力があると、
一体、どんなメリットがあるのでしょうか?

  「ひとことでいうなら、あなたの夢を
  かなえるためのチャンスが手に入る!」

MC力は、テレビの世界だけのスキル
ではなく、ビジネスにも、プライベートでも
役に立つスキルなのです。

例えば、MC力があると、次の段階を経て、
大きなチャンスを掴むことができるようです。

  ステップ1 上司に「こいつがいると仕事が
       ラクだな」と思われる。
  ステップ2 会議やプロジェクトの進行役
       として重宝される。
  ステップ3 顔も売れて、いい意味で社内で
       目立つようになる。
  ステップ4 別の部署からも声をかけられる
       ようになる。
  ステップ5 大きなプロジェクトのメンバーに
       抜擢される。

このような順番で、あなたが夢をかなえる
チャンスが巡ってくるのです。

では、MC力と一言でいっていますが、
それはどのような能力から構成されるのか?

三枝さんは、テレビで活躍する
一流のMCたちのスキルを分析して、
次の4つの共通点があることを発見しました。

  1. チャンスをつかむための「ギャップ力」
  2. 誰からも好かれる「間抜け力」
  3. どんな状況でも前に進める「現場対応力」
  4. メンバーの能力を引き出す「聴く力」

本書では、この4つの力を磨きMC力を高め、
誰からも必要とされる不動のポジションを
手に入れる方法を解説します。

事例として紹介されるのは、
やはりテレビで実際に活躍するMCの方々。

なぜ、加藤浩次さんや中山秀征さんは
MCに選ばれているのか?

テレビに引っ張りだこの、有吉弘行さん、
マツコ・デラックスさん、林修さんの
共通点は何か?

こうした話題で読者を惹きつけながらも、
MC力をビジネスで活かす方法を解説します。

途中で考えながら読むための練習問題も
掲載されていますから、最後まで飽きずに
読むことができます。

この本から何を活かすか?

 問題 あなたはバラエティ番組のADです。
    もしお弁当の予算が1000円から800円
    になったらどうする?

テレビ業界には、「伸びるADは弁当の発注が
すごい!」という都市伝説があるそうです。

残念なADは、前回評判がよかったからと、
毎回同じ弁当を頼みます。

これに対して伸びるADは、状況によって
異なる弁当を発注します。

ロケとスタジオ、寒い暑いなどの環境の
違いを感じながら、バランス感覚をもって
弁当を発注するそうです。

さて、問題の答えですが、実際に三枝さんが
駆け出し時代にやっていたことが例として
2つ紹介されていました。

  「お弁当屋さんと仲良くなって、予算内で
  お茶をつける交渉をする。」

  「日テレがお願いしたことのなかった
  お弁当屋さんを新規開拓する。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会議術・ファシリテーション | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA

満足度★★★
付箋数:22

  「孫社長が言ってくることは無茶ぶりばかりで、
  常人の思考ではとてもついていけない。
  でも、孫社長は、実は誰もが無理だと思う
  ことをやっている。
  それなら、孫社長の仕事のやり方を徹底的に
  分析して、それを自分の仕事術にすればいい。」

三木雄信さんは、25歳の時に三菱地所から
ソフトバンクに転職して、孫正義さんと一緒に
働く機会を得ました。

その当時、三木さんは、孫さんの仕事ぶりを
観察して、次のような特徴があることを
発見しました。

  ・「目標へのこだわり」が異常に強い
  ・目標を達成するために「ありとあらゆる方法」
   を試している
  ・「数字で厳密に」試した方法を検証している
  ・「常にいい方法」がないかと探っている

これは、まさにPDCAを回していることに
他なりません。

しかし、通常のPDCAと少しだけ違います。

孫さんのPDCAは、通常のPDCAと
一体、どこが違うのでしょうか?

違うポイントは4つあります。

1つ目は、大きな目標と小さな目標を
持っていること。

2つ目は、複数の施策を同時に行うこと。

3つ目は、結果を毎日検証すること。

4つ目は、複数試した中から、一番効果の
あった方法に絞り、集中させること。

つまり、孫さんのPDCAは最初から
一つの正解を見つけようとするのではなく、
可能性のある施策に同時に取り組むことで、
最適解を見つけているのです。

ある意味、失敗を前提とした仕組みづくりに
なっています。

この方法を、本書では「高速PDCA」と呼びます。

改めて、高速PDCAの手順をまとめると、
次の8つのステップとなります。

  1. 大きな目標を立てる(週、月単位など)
  2. 小さな目標を立てる(1日が原則)
  3. 目標達成に有効な方法をリストアップする
  4. 期間を決めて、すべての方法を同時に試す
  5. 毎日、目標と結果の違いを検証する
  6. 検証をもとに、毎日改善する
  7. 一番すぐれた方法を明らかにする
  8. 一番すぐれた方法を磨き上げる

私は、このステップの中で、一番ポイントに
なるのは4番目のステップだと思いました。

なぜなら、すべての方法を同時に試すので、
当然、失敗することの方が多くなるからです。

8番目のステップに来るまで際立った成果が
出ないので、単に「失敗が多い」と見られて
しまう可能性があります。

組織の中でこの「高速PDCA」を回す場合は、
一定期間マイナスになることも想定して、
予め合意をとっておく必要があると思います。

そうしないと、結果が出る前に更迭される
ことも十分考えられるでしょう。

ソフトバンクの歴史を振り返ってみると、
最初は先行投資による赤字が膨らみますが、
数を押さえた後に、爆発的に利益を伸ばす
パターンが多いことがわかります。

「Yahoo!BB」でADSL事業へ参入した頃の
ソフトバンクは、2001年から2004年まで
4期連続で1000億円程の損失を出していました。

これが、あらゆる方法を同時に試していた
時期に当たります。

そして5年目で、確実に利益を出せる
「いちばんいい方法」だけに切り替えて、
黒字転換します。

その後は、その「いちばんいい方法」に
磨きをかけて急成長を遂げました。

本書では、そんなソフトバンクでの経験を
振り返りながら「高速PDCA」について、
具体的な使い方を解説します。

ソフトバンク流の「高速PDCA」は、
なかなか興味深い方法です。

ただ、個人的には少し前に紹介した
冨田和成さんの『鬼速PDCA』の方が、
実践しやすいように思えました。

この本から何を活かすか?

本書では「上手に人の力を借りるコツ」が
紹介されていました。

  ・話を聞く前に、本を読んでおく
  ・良い質問を用意しておく
  ・ビジョンを語る

特に孫さんの周りに、手を貸してくれる人が
集まってくるのは、孫さんが常にビジョンを
大々的に語っているからだと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二印象で取り戻せ 「挽回」の心理学

満足度★★★
付箋数:20

  「好ましい第一印象を与えることは、
  非常に重要である。出会った瞬間に
   “こいついいヤツだな” とか
   “とても気持ちのいい人だな” と相手に
  感じさせることができるなら、
  それに越したことはない。
  しかし、現実的な観点からいえば、
  そんなにすぐに自分の魅力を相手に
  わかってもらうことは、到底不可能である。
  外見も性格も、すべてがパーフェクトな
  人間など、この世にいるはずがない。
  探せばいるのかもしれないが、
  ごく少数であろう。
  そのため、大半の人にとっては、
  第一印象で勝負するというよりは、
  どうしても第二印象で勝負せざるを
  得ないということになる。」

第一印象が、良くないのはデメリットだけ
ではありません。

第一印象のいい人は、期待値が高いので、
ちょっとでもイマイチなことがあると、
残念な人だったと評価されることも
あります。

それに対して、第一印象が良くない人は、
ちょっとでも親切なことをすると、
「見かけによらず意外といい人だった」
とプラスの評価を受けることもあります。

これを心理学では「ゲイン・ロス効果」
と呼びます。

本書は、第一印象ではなく「第二印象」を
良くする心理テクニックをまとめた本です。

著者は、心理学者で一般向けの著書も
数多く執筆している内藤誼人さん。

人は「見た目が9割」とも言われますが、
内藤さんは、第一印象だけで、
すべてが決まることなど決してないと
主張します。

それは、私たちの脳には、とても柔軟な
「可塑性」と呼ばれる特徴があるから。

いったん脳に印象が刻まれたからと
いって、それが固定化されることは
ないということです。

一度、好きだと思ったものが、嫌いに
なることもあるし、嫌いだと思ったものが、
好きになることもあります。

私たちの脳は、そんな柔軟性を
備えているのです。

第一印象は「見た目」が重視されますが、
第二印象では「性格」が勝負になります。

オーストラリアの心理学者の調査によると、
長期的な付き合いでは、「マジメさ」、
「快活さ」、「優しさ」などの性格が
重視されていることがわかっています。

 「マジメなだけの人って・・・」
 「優しいだけの男って・・・」
 「ただ明るいだけじゃ・・・」

などど、あまり魅力がないように
言われることもありますが、現実的には、
マジメで、明るく、優しい人が好まれて
いるのです。

  第1章 第一印象の悪さなど、
     怖くもなんともない!!
  第2章 悪すぎる第一印象を逆手にとる
     心理テクニック
  第3章 上手な謝罪で、悪くなった第一印象を
     良くするテクニック
  第4章 どうすれば相手の記憶に残る
     人間になれるのか?
  第5章 あえて「2度目のチャンス」にかける
     心理戦術
  第6章 どんな人とも長く付き合うために

第一印象の悪さにコンプレックスを
持っている人には、大きな助けとなる本
だと思います。

しかし、個人的には心理学の本によくある
一般的なテクニックが多く、目新しさは
それほど感じませんでした。

この本から何を活かすか?

  土下座をするなら、本気でやる

土下座はひとつのビジネススキルなので、
練習しておかないと、うまくできません。

逆に練習すればするほど、うまい土下座が
できるようになるようです。

本書には土下座をするときのポイントが
まとめられていました。

  1. 膝を地面に付ける前に、2、3歩後ずさり、
   相手と少し距離をとる。
  2. 頭を下げる前に、相手の目をしっかり見て、
   反省の意を伝える。
  3. 躊躇せずに、思い切って頭を下げる。
  4. 相手から「もう、いいよ」と言われるまで、
   決して頭を上げない。

土下座は、見よう見まねでしたところで、
うまくできないので、このポイントを踏まえ、
入念な練習をしておく必要があるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT