活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

超能力微生物

満足度★★★
付箋数:23

  「微生物は神出鬼没の生命体である。
  とうてい考えることのできない不可思議な
  生命体である。人間界では想像できない、
  怪しいほどの生命体である。
  その大体の大きさは、1ミリメートルの
  500分の1、いやそれ以下で1000分の1、
  もっともっと小さくて1万分の1しかないのに、
  とんでもなく強かに生きていて、
  ちょっとやそっとではへこたれない。」

本書は、驚異的な微生物の能力について
解説して、その有効利用についても伝える
本です。

著者は、東京農業大学名誉教授で、
ありとあらゆる微生物および発酵食品を
研究対象とし、世界中の発酵食品を味わい
つくしている小泉武夫さん。

本書で、「超能力微生物」と呼んでいる
微生物は、オカルト的な力が宿っている
ということではありません。

人間を含めた通常の生物では到底
考えられないような、とてつもない力を
秘めている微生物をこう呼んでいます。

では、一体、微生物にはどんな力が
あるのでしょうか?

小泉さんは、本書の「はじめに」で、
その驚くべき3つの力を紹介しています。

まず第1に、気が遠くなるほど長い間、
形や性質を変えないで生き続けている
微生物がいるということ。

今から何十億年も前の地球の創世記に
生まれた古細菌は、今日まで生まれたままの
姿で生き続けています。

第2に、地球上のびっくり仰天するような
ところにまで住んでいるということ。

ジェット機が飛ぶ遥か上空に浮遊していり、
海底水深6500メートルで生息していたり、
南極の極寒でも凍らずにいたり、
ヨルダンの塩湖・死海の中でも平気で
生きていたりする微生物もいます。

第3に、逆境に耐える恐ろしいほどの底力を
持っているということ。

特にスゴいのは、人間の皮膚についたら、
たちまち重度の火傷を負うような濃硫酸の
中でも育成可能なスーパー耐性菌です。

さらには、人間が死に至る放射線の1000倍
以上の殺人光線ともいうべきガンマ線に
耐えうる菌の存在も見つかっています。

小泉さんが本書で主張したかったのは、
これだけ多くの超能力微生物が存在するので、
遺伝子組換えやゲノム編集に頼らなくても、
自然界から人類に役立つ微生物を得られる
ということです。

むしろ古典的なバイオテクノロジーの技術、
発酵や分離によって、効率よく自然由来の
微生物の性質を入手できるのです。

そして、小泉さんはIT革命ならぬ、
「FT革命」が人類を救うと言っています。

FT革命の「F」は発酵(Fermentation)の
頭文字です。

発酵が、人類が直面する「環境」「食料」
「健康」「エネルギー」の問題を解決する
鍵になるという考えです。

小泉さんは15年前からFT革命を提唱して
いますが、実際に実用化が進んでいる
研究もかなりあるようです。

また、本書では小泉さんが食べた、
発酵食品のグルメエピソードも豊富に
紹介され、読者を楽しませてくれます。

この本から何を活かすか?

この地球上で最も珍しい発酵食品は何か?

この質問に、小泉さんは迷わず答えます。

  「それは日本の石川県でつくられるフグの
  卵巣の糠漬けでしょう。世界広しといえども
  全く他に例のない驚くべきもので、
  単独で食の『世界遺産』に登録できる
  ほどのものであります。なにせ、あの猛毒が
  詰まっているフグの卵巣を食べてしまう
  民族など、発酵の知恵者である日本人以外、
  見当たりません。」

微生物の発酵の力を借りて、3〜4年もの
時間をかけて、フグの猛毒を解毒する製法は、
江戸時代から行われているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーダーの教養書


満足度★★★
付箋数:22

なぜ、日本のエリートは、米国のエリートに
勝てないのか?

なぜ、日本のリーダーは、米国のリーダーに
勝てないのか?

NewsPicks編集長の佐々木紀彦さんは、
その理由は両者の「教養の差」にあると考えます。

それも、ちょっとの差ではなく、
量と質の両方で圧倒的な差があると。

ところで、「教養」とは、一体、何なのか?

  「そもそも、教養とは何かというと、
  私は “普遍的な知恵” のことだと思う。
  歴史の風雪や、科学の洗礼をくぐり抜けて
  きた “時代を超えた知” こそが教養と
  言えるだろ。」

一方、経営学者の楠木建さんは、
教養とは何かについて、もともとの意味から
説明します。

教養は、「リベラルアーツ」が明治期に
日本語に翻訳されて定着した日本語です。

直訳すると、「自由の技術」。

  「僕にとって一番しっくりくる教養の
  定義は、人が他者に強制されず、
  自分自身でつくりあげていく独自の
   “価値基準” を持っているということです。」

この「教養=自由の技術」という意味で
考えると「教養がない=奴隷の状態」
ということになります。

ところで、世間で「教養がある」と言うと、
テレビ番組に出ているクイズ王的な
「物知り」のイメージが広がっています。

教養は、いろいろなことを知っていて、
知識の量が人よりあるといった状態を
指すのではありません。

また、役に立つ情報を持っていること
とも違います。

教養があることのメリットはたくさん
ありますが、短期的に恩恵をもたらして
くれるものではないのです。

もっと長い、中長期において、わたしたちの
人生を豊かにしてくれるものなのです。

本書は、NewsPicksと幻冬舎のコラボで
始めた「NewsPicks Book」シリーズの
第一弾の本です。

本書は、教養人が知悉すべき分野を
11選び、それぞれの分野で精力的に
活動する識者が、その分野で読むべき
推薦本を挙げたガイドブックです。

その分野と識者は以下の通りです。

 ・歴史 出口治明さん
 ・経営と教養 楠木建さん
 ・経済学 大竹文雄さん
 ・リーダーシップ 岡島悦子さん
 ・日本近現代史 猪瀬直樹さん
 ・進化生物学 長谷川眞理子さん
 ・コンピュータサイエンス 中嶋聡さん
 ・数学 森田真生さん
 ・医学 大室正志さん
 ・哲学 岡本裕一朗さん
 ・宗教 上田紀行さん

全部で130冊が紹介されているので、
簡単に読み切れるものではありませんが、
地道にコツコツと読んで、普遍的な知恵を
身につけたいものです。

この本から何を活かすか?

私が注目したのは数学の分野で
森田真生さんが推薦した10冊です。

その中でも、次の本を読んでみたいと
思いました。

  『数学記号の誕生
  『無限小 世界を変えた数学の危険思想
  『チューリングの大聖堂
  『素数の音楽
  『岡潔 数学の詩人

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イノベーターたちの日本史

満足度★★★★★
付箋数:30

  「本書は、明治から昭和初期にかけての
  日本の近代を、 “創造的対応(creative
  response)” の視点から描こうとしたもの
  である。日本の近代は西欧先進国から
  押し寄せる津波のような外生的挑戦や刺激に、
  いかに創造的に対応していくかという
  歴史だったからである。」

日本人は、創造的(クリエイティブ)でない
と言われる昨今。

本書は日本近代史において、日本の
イノベーターたちが、いかに創造的対応を
見せたのかを検証する本です。

本書で用いられる「創造的対応」という
言葉は、「イノベーションの父」とも
呼ばれるヨゼフ・A・シュンペーターさんが
用いた概念です。

本書に登場するイノベーターは、高島秋帆さん、
大隈重信さん、笠井順八さん、益田孝さん、
三野村利左衛門さん、岩崎弥太郎さん、
高峰譲吉さん、大河内正敏さんの8名です。

彼らが近代日本で繰り広げた創造的対応は、
感心するほど独創的です。

その活躍ぶりは、躍動的で生き生きとして
本書に描かれていて、歴史で習う功績とは、
全く異なる世界が広がっています。

今回、創造的対応という視点から見ること
によって、従来の日本史ではあまり注目されて
こなかった人物も、未来を切り開いた
イノベーターとして紹介されています。

本書の著者は歴史家の米倉誠一郎さん。

本書は、米倉さんが構想40年をかけて
執筆した歴史家としての集大成です。

私が本書で注目したのは「科学者たち」の
創造的対応のパートです。

  「知識をベースに新産業を構築した新興財閥の
  形成史は、本書が考察する “時代の変化を
  機敏に感じ取り、その変化に機械的に反応
  するのではなく、新たな価値を付加する形で
  創造的反応を実現する企業家” 研究にとって、
  うってつけの事例である。なかでも、外す
  ことのできないのが高峰譲吉と大河内正敏が
  創業・発展させた理研コンツェルンである。」

理研コンツェルンは、知識を生み出すことと
それを事業化することにおいて、稀に見る
創造的な組織でした。

理化学研究所を立ち上げた高峰譲吉さんは、
タカジアスターゼとアドレナリンという
大発見をした科学者です。

更にアメリカに渡って創薬開発ベンチャーを
創業して、巨万の富を築き上げた企業家でも
あります。

高峰さんがニューヨークで亡くなった際には、
ニューヨーク大学総長のフィンレー博士が
その葬儀で、一篇の詩を贈ったそうです。

  「極東の騎士、サムライに生まれた彼は
  人類のまことの仇敵と戦うために
  大小二本の刀を科学という武器に変えた
  人生の齢を延し、苦しみを除くために」

もう一人の大河内正敏さんは、科学の研究を
事業に結びつけ、理研をコンツェルン化し、
新興財閥の一角にねじ込んだ立役者です。

組織イノベーションとして研究室制度を
採用し、「科学者の自由な楽園」を作りました。

研究員として在籍して、戦後になって
ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎さんは
理研について次のように述べています。

  「何もよりも良かったことは、そこには
  研究者の自由があったという事実である」

その自由度が科学者の創造性を刺激し、
そこで生まれた発明を理研自ら次々と事業化し、
世にいう理研コンツェルンを形成しました。

コンツェルンは戦前のピーク時には63社、
工場数121にまで達しました。

数々の事業化に成功した理研でしたが、
あくまで「基礎科学の研究が主、発明は従」
という大河内さんの方針が貫けれていました。

本書で描かれているイノベーター達は、
激動する歴史の中で、途方もない創造性を
発揮して難題を突破していきます。

そのストーリーは、私たちをわくわくさせ、
感動を呼びます。

当ブログで2017年に紹介した本は、
6月13日時点で150冊を超えますが、
本書は今年No.1のオススメ本です。

この本から何を活かすか?

理研が初の事業化にこぎつけたのが、
タラの肝油からビタミンAの抽出に成功し、
販売したことでした。

カプセルに入れたビタミンAは、当時、
肺結核の特効薬として爆発的に売れました。

ビタミンAが普及した頃に警視庁から、
「ビタミンA」は学名そのものだから
商品名とするには問題があるとクレームが
ついたそうです。

大河内さんは「それでは」と「理研ビタミン」
に改名して販売を継続しました。

するとそのネーミングがよりわかりやすく、
語呂も良かったので、売れ行きは一層加速
したといいます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外資系投資銀行がやっている 最速のExcel

満足度★★★
付箋数:21

エクセルの「速さ」には、2種類あります。

1つは、どのようにデータをまとめるかという
「設計」に関する速さです。

もう1つは、実際にデータを入力して、
表やグラフにまとめるときの「作業」の速さ、
つまり「テクニック」です。

特に、チームでデータを集めて作業する場合は、
いかに「設計」のところを詰めておくかで、
速さに大きな違いが出てきます。

  「エクセル作業に時間がかかる理由のひとつに、
  エクセルテクニックそのものの問題よりも、
  エクセルを使ってやりたいことがイメージ
  できていないままエクセル作業を始めてしまう
  ことが挙げられます。
  具体的には、上司には “なんとなく” 欲しい
  データがあるが、具体的にイメージできて
  おらず、あいまいなままむやみに部下に
  作らせるといったものです。」

そしてテクニックの部分で差が出る要素は、
どれだけマウスを使わずに、ショートカットを
使いこなせるかにあります。

  「実は、エクセルは作業スピードが速い人と
  遅い人で最も差が出るアプリケーションの
  ひとつだと私は考えています。ほとんどの
  エクセル作業はマウスを使わずにキーボード
  (ショートカット)でできるにもかかわらず、
  多くのビジネスパーソンはマウスを使って
  いるからです。」

本書の著者は、以前、外資系投資銀行にて
大型M&Aや資金調達のプロジェクトなどを
担当していた熊野整さんです。

熊野さんが執筆して、2015年に刊行された
外資系投資銀行のエクセル仕事術』は、
以前、当ブログでも紹介しました。

本書では、「設計編」と「テクニック編」の
2つのパートに分けて、エクセルの資料を
速く作る方法を解説します。

実際に熊野さんが投資銀行で使ってきた
ノウハウがすべて詰め込まれています。

「テクニック編」はショートカットの
使い方なので、ここでは「設計編」について
見ておきましょう。

  「エクセル作業をゼロから作るとき、
  スピードを上げるために最も重要なこと。
  それは、エクセルを作成する前に “設計”
  というプロセスを入れることです。」

本書のエクセル作業は、個人で簡潔するもの
ではなく、チームで共同作業することが
前提となっています。

そのため、この「設計」を3つのプロセス
に分け、チームで作成イメージを共有し、
ムダのない最短距離でエクセル作業を行います。

 1. アウトプットのイメージを作る

  エクセルで何を分析したいのかを明確にし、
  比較の対象や分解の粒度を決めます。
  アウトプットのゴールを関係者全員で共有する
  最も重要なステップです。
  このときに、言葉の定義も明確にします。

 2. インプット→アウトプットの設計図を作る

  見たいアウトプットを実現するためには、
  どのようなインプットデータが必要なのかを
  確認する設計図を作ります。
  必要なデータを洗い出し、エクセルシートの
  並び順、共有方法、頻度を明確にします。

 3. ロードマップを作る

  「誰が」「いつまでに」「何を」やればいいか
  責任の所在を明確にします。
  作成したデータは、妥当性を検証して、
  メンバーと協力して最終的な調整を行って
  エクセルを完成させます。

本書では、この3つのプロセスが
図解されてるので、どんなものを作れば
いいかが良くわかります。

個人的に、特に必要だと思ったのは、
「インプット→アウトプットの設計図」です。

これはホワイどボードに手書して、
時間をかけずに作ってもいいようです。

この本から何を活かすか?

収益計画などを作成しているときに
必要となるのが「感応度分析」です。

感応度分析をしておくと、「販売個数が、
◯個まで増えたら、利益はどれくらいまで
増えるのか?」といった質問にも、
すぐに答えられます。

エクセルでは「データ」タブの中にある
「What-If分析」を使うと、感応度分析が
すぐにできるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、残業はなくならないのか

満足度★★★
付箋数:22

  「 “日本企業の残業は、なぜなくならないのか”
  あえて空気を読まずに回答しよう。
  その答えは簡単だ。

  残業は、合理的だからだ。
  残業もまた、柔軟な働き方だからだ。
  残業しなければならないように、労働社会が
  設計されているからだ。(中略)

  本書により、日本の “残業” の、憎らしい
  ほどの合理性について理解が深まることを
  期待する。 “働き方改革” なる取り組みが
  この “魔物” とどこまで真剣に向き合うのか、
  問い糾したい。」

本書の著者は、働き方評論家の常見陽平さん。

常見さんは、本書で「残業」の本質を理解し、
いかにこの問題に立ち向かうかを議論し、
政府が進める「働き方改革」の矛盾点を
指摘します。

まず、なぜ残業が「合理的」と言えるか
というと、それは日本の雇用システムや
仕事の任せ方から考えると必然的に発生する
ものだから。

仕事の任せ方は、「仕事に人をつける」方法と
「人に仕事をつける」方法の2つがありますが、
前者が欧米型で、後者が日本型です。

「仕事に人をつける」と業務内容や責任を
明確にすることができます。

仕事が定型化・標準化しやすく、
仕事の引き継ぎもしやすくなります。

一方、「人に仕事をつける」方法では、
ある人に複数の業務が紐付けられることに
なります。

複数の仕事が任せられるがゆえに、
仕事の範囲が広がっていき、仕事の終わりが
見えなくなっていきます。

勿論、この方法にもメリットがあって、
マルチタスク化や多能工化が進み、
それぞれ専任を雇わなくてすみます。

この働き方に残業を加えると、人手不足や
仕事の繁閑に柔軟に対応できるのです。

残業が日本の社会に合った合理的なものなら、
本当に「なくすべきもの」なのでしょうか?

常見さんは、本書で残業の合理性を礼賛する
つもりはなく、次の3つの観点から、
やはり「なくすべきもの」と考えています。

1. 安全衛生管理の問題

 労働時間が長くなると、各種疾病にかかり
 やすくなります。特に人命に関わる面では
 重大で、過労死や精神疾患を防ぐ意味でも
 残業は抑制しなくてはなりません。

2. 労働への参加者を制限する側面

 長時間労働ありきのために、正社員総合職に
 なるためには、それを前提とした働き方を
 しなければなりません。特に育児や介護と
 両立する人の労働への参加を制限する側面が
 あります。

3. ワーク・ライフ・バランス、

 クオリティ・オブ・ライフの問題
 人生は仕事だけではなく、仕事と生活を
 それぞれ充実させる取り組みが必要です。

こうした問題に対して政府が取り組むのが、
「働き方改革」です。

その中で労働時間と賃金を切り離す考え方が
議論され続けてているのが、
「ホワイトカラー・エグゼプション」や
「高度プロフェッショナル制度」です。

これらは「人の定額使い放題」の制度であり、
ますます労働時間の「みえる化」ならぬ、
「みえない化」が進むとも言われています。

常見さんは本書で、様々な角度から
「働き方改革」を検討し、それが茶番になる
可能性を指摘しています。

この本から何を活かすか?

では、政府の施策がダメなら、実際に残業を
減らすには、どのようにしたらいいのか?

常見さんが、働き社会への処方箋として
提案するのが、「トヨタ生産方式」の
ノウハウを働き方改革に活かすことです。

それは、まず状況を把握するために
「はかって」、そこからムリ・ムラ・ムダを
明らかにして、改善プランを考えます。

これはモノづくりの現場だけでなく、
非製造業においても可能であるとの考えを、
常見さんは本書で示しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT