活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

星野リゾートのおもてなしデザイン

満足度★★★
付箋数:17

旅館やホテルの経営で、最も注目すべき指標は
「客室稼働率」でしょう。

観光庁の調査によると2017年日本全国の旅館
の客室稼働率は、僅か38.1%。

リゾートホテルでも、57.8%に過ぎません。

しかし、「星野リゾート」の客室稼働率は、
平均80%に達するといいます。

星野リゾートは、星野佳路さんが率いる
リゾートホテルブランドです。

2018年時点で、拠点数は全国で38ヶ所。

運営施設の収入合計は、東日本大震災のあった
2011年を除いて毎年伸びていて、2017年には
509億円に達しています。

星野リゾートが展開するのは主に4つのブランド。

「星のや」は、日本初のラグジュアリーな
リゾートホテル。

「界」は、現代の快適さを備えた温泉付きの
和風旅館。

「リゾナーレ」は、アクティビティーを重視した、
スタイリッシュなリゾートホテル。

そして、2017年に第4のブランドとして
立ち上げたのが、都市型観光ホテルの「OMO」。

本書は、星野リゾートの強さの秘密を、
「デザイン」の視点から紹介する本です。

星野リゾートは、これまで経営に行き詰まった
旅館やホテルの「再生」を主に請負ってきました。

そのため、大規模なハード面のリニューアルが
できていない施設がけっこうあります。

では、いかにして、一度離れていったお客を
呼び寄せることができたのか?

事業が好転する原動力になったのは、
接客サービスを始めとするソフト面の刷新です。

星野リゾートを支えるソフト面には、
3つの特徴があるそうです。

それが、「日本旅館メソッド」と「マルチタスク」、
そして「フラットな組織文化」です。

日本旅館メソッドとは、迎える側が様々な
趣向を凝らし、お客様はそれを楽しみして
宿を訪れる、日本の旅館文化をベースとした、
おもてなしの方法。

マルチタスクは、各スタッフがフロントや
客室清掃、レストランサービスなど、
複数の業務をこなす働き方。

フラットな組織文化とは、入社歴や職位に
関係なく、スタッフが対等な関係の中で議論し、
発言できる職場環境です。

これら3つのソフト面の特徴が、星野リゾートの
「おもてなしデザイン」の肝になっています。

私が本書を手にしたのは、星野リゾートが
第4のブランドとして立ち上げた「OMO」に
興味があったからです。

コンセプトは、「寝るだけで終わらせない、
旅のテンションを上げる都市型観光ホテル」。

都市部にありながら、ビジネス客を狙わずに、
観光客に特化した宿泊施設です。

OMOが他の都市型ホテルとの差別化を図る
ために重要な役割を果たすのが、5人の
「OMOレンジャー」と呼ばれるスタッフです。

彼らは観光ガイドに載っていないような
地元のディープな店を探し出し、
観光客を街に連れ出すのが役目です。

OMOレンジャーを中心として、観光客と地元を
つなぐ新サービスを星野リゾートでは、
「Go-KINJO(ゴーキンジョ)」と呼びます。

2018年現在、OMOブランドのホテルは、
「OMO7 旭川」と「OMO5 大塚」の2拠点で
営業しています。

ちなみに、OMOの後の数字はオープンの
順番ではなく、設備やレストラン、宴会場の
有無などにより社内で区分された番号です。

本書はカラー写真が豊富に掲載されていて、
よく取材して書かれた本だと思います。

この本から何を活かすか?

星野佳路さんが、日本に根づかせようと
している文化の一つが「グランピング」です。

グランピングとは、「優雅な」といった意味の
 “glamorous” と “camping” を合わせた造語。

贅沢にアウトドアを楽しむ、新しいリゾート
スタイルです。

最近は、星野リゾート以外でもグランピングを
手掛けるところが多くなってきました。

このスタイルには、賛否が分かれています。

個人的には、キャンプとは完全に別物だと
思いっています。

グランピングをしたいとは全く思いませんが、
普通のキャンプをする層とは別の人たちが
するものだと考えれば、あってもいいもの
だと思います。

ただし、雨後の筍のように増殖しているので、
数年後にあちこちに見られるであろう、
グランピングの残骸が心配ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

QUEST 結果を勝ち取る力

満足度★★★★
付箋数:25

サンクチュアリ出版の南澤さんから
献本いただきました。ありがとうございます。

  「どうすれば、自分が計画したとおりに、
  自分を行動させることができるのか。
  どうすればたった今 “やるべきこと” に、
  自分の行動を集中させることができるのか。
  その方法を伝えるのが、この本である。」

本書の仕事術は、以下の先人たちの知恵を
実社会で使いやすいようにアレンジして、
まとめています。

 ●チクセントミハイさんのフロー体験
 ●ロウ・バウマイスターさんの意志力
 ●デビッド・アレンさんのGTD、
 ●トム・ピーターズさんのプロジェクト
  マネジメント
 ●ハイラム・W・スミスさんの
  タイムマネジメント
 ●ピーター・ブレグマンさんの18分の法則

本書は、「やる気」を意志の力ではなく、
技術で継続させる方法について解説した本です。

著者は、リーダーシップ・行動心理学の
スペシャリストである池田貴将さん。

なぜ、わたしたちは、こんなに忙しいのに、
やるべきことが片付かないのでしょうか?

池田さんは、私たちの「行動のモード」に
問題があると指摘します。

私たちの行動は、次の3つのモードに分かれます。

  1. 意思モード
   自分で選んだことをやっている

  2. 反応モード
   まわりの出来事に対応している

  3. 惰性モード
   思考を止めて習慣に流れている

私たちは、行動を起こすたびに、
いずれかのモードを選んでいるのです。

「意思のモード」は、自分が「こうしよう」と
思ったことをやっている状態。

やるべきことが片付かないのは、自分の行動が、
「反応モード」または「意思モード」に
入っている時間が、思っているより長いから。

自分が取っている行動が、どのモードなのかを
確認しないと、周りからの刺激を受けて
反応していたり、流されて無意識に続けて
時間を潰しているのです。

池田さんは、「やろう」「やらなきゃ」と
考える自分と、その行動を実際に「やる」自分は、
別人であると指摘します。

だから、「やろう」「やらなきゃ」と思った
ことを、他人に伝えるように整理して、
「やる」自分に伝える必要があるのです。

「やろう」「やらなきゃ」を整理するには、
思いにふけらず、無感情で4つの箱に振分けます。

まず、「やるつもりがあるかどうか?」を
自分に問いかけます。

答えが「ない」なら「ゴミ箱」へ。

答えが「どちらでもない」なら
「メモする」の箱へ。

この箱に入れたものは、更に「連絡待ち」、
「判断材料」、「ルーチン」の3つに分けます。

答えが「あるけど今じゃない」なら、
「次やること」の箱へ。

この箱も更に、「ここでやる」、「この日にやる」、
「あとでやる」の3つに振分けます。

答えが「ある」で、それが2~3分でできることなら、
「やる」の箱へ。

「ある」でも、今すぐにできないなら、
「次やること」の箱へ入れます。

これは本書で紹介されるタスク管理の一例です。

基本は、「やるべきこと」を1ヶ所にまとめて、
いつやるかを決め、反応や惰性で動かないように、
集中できる状態を作ることです。

惰性でスマホをいじってしまう時間が多いなら、
その誘惑が起こらないよう工夫をします。

雑念を振り払って、竜だけを倒す。

表紙や挿絵も相まって、ワクワクする冒険に
出るような気分にさせられる本です。

無味乾燥なタスク管理本と違い、タスクをこなす
ことが、楽しみになると思います。

この本から何を活かすか?

  「私たちが “やりたくない” とか “不安だ” と
  感じる気持ちの強さは、やることをためらった
  時間の長さに比例します。ですから早く手を
  動かせば動かすほど、次にまた同じ行動を
  取るとき、抵抗感なくその行動に移ることが
  できるはずです。」

「次にやること」が決まったら、時間を開けずに、
そこに向かって、ただ手を動かすだけ。

心の準備など、しない方がいいのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自衛隊イラク日報 日誌から見える隊員達の生活と素顔

満足度★★★
付箋数:20

真明社の村上さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

日本が自衛隊をイラクに派遣していたのは、
イラク戦争初期の頃なので、もうずいぶん
前のことになります。

派遣期間は、2003年12月から2009年2月まで
のことでした。

この派遣は、イラク特措法に基づき、
「非戦闘地域」に限って、人道復興支援と
安全確保支援をするためのものでした。

議論の的になったのは、派遣された地域が、
「非戦闘地域」か否かということでした。

もし、戦闘地域であるならば、憲法9条に
違反することになるからです。

  「2018年4月16日、それまで存在しないと
  されていた自衛隊のイラク派遣における
   “日報” が、防衛省によって公開されました。
  そして1万5千ページにも上る資料の中には、
  イラクでの自衛隊隊員たちの生活が
  良く分かる “日誌” も2005年から2006年に
  かけての数百日分、含まれていました。」

自衛隊の南スーダンPKO日報隠蔽問題に絡んで、
その存在が確認されることになったのが、
イラク派遣時の日報でした。

これらの日報隠蔽問題の責任を取って、
当時防衛大臣だった稲田朋美さんが
辞任したのは記憶に新しいところです。

日報の存在が注目が集まっていたのは、
政府が自衛隊の活動範囲を非戦闘地域と主張
してきたことに、矛盾があるかがどうかが、
確認できるから。

もし日報の中に、「戦闘」とか「銃撃戦」などの
記述があれば、非戦闘地域という政府の主張が
覆されることになるからです。

そんな背景があってイラク日報は注目されて
いましたが、その中には、自衛隊員の日常を
綴る「日誌」が含まれていました。

「日報」は完全に業務の報告であるのに対し、
「日誌」は自衛隊としての活動は直接関係しない、
個人の気持ちを含めた日記のようなものです。

多国籍軍の仲間達と、厳しくもユーモラスな
日常が書かれている日誌は、公開されてから
ネット上でも大きな話題になりました。

  「 “イラク日報” の中でも個人的な視点で
  書かれている “日誌” の中から、書き手の
  生活や心情が伝わりやすいと思われる部分を
  抜粋し、できるだけ多くの方が読みやすいよう
  編集してまとめたものが本書です。
  イラクという土地で、自衛隊としての復興支援
  を行う隊員の方々が、何を考えてどのように
  日々を過ごしていたのか。それが、自身の言葉
  で活き活きと語られています。」

この日誌は、そもそも隊員仲間以外の人が
読むことを想定して書かれたものではありません。

だからこそ、隊員のリアルな生活や心情が、
偽りなく語られているのです。

  「バクダット日誌 2005年11月3日

  初めて接する他国の挨拶の風習の中で、
  最近対応に困っているのが “ウィンク” である。
  きれいな金髪の女性が “ウィンク” して
  くれれば、うれしいのだが、残念ながら
  ウィンクするのは、額の面積が通常より広い
  オヤジか、ヒゲズラのオッサンばかり・・・。
  オッサンが相互にウィンクする光景の中に
  自分がいることが許せないから、
  私がウィンクしたことは一度もない。」

素人の書いた文章ですが、緊迫した情勢で、
ほのぼのとした日常が語られるギャップに、
「平和とは何か」ということを、あらためて
考えさせられます。

本書は、イラク日報の中の「日誌」だけに
注目して、「仲間と日常」、「家族」、
「戦闘」、「イラクでの想い」という4つの
テーマに分類し、時系列でまとめたものです。

この本から何を活かすか?

本書の舞台は、主に以下の3つの地域です。

マサーワは、イラク共和国ムサンナー県の都市。

600名近い陸上自衛隊本隊が、「給水」、
「医療支援」、「学校・道路の補修」などの
人道復興支援活動を行いました。

バクダットは、イラク共和国の首都。

5名ほどの連絡幹部(LO)が、多国籍軍と
協力して本隊の支援活動を行いました。

バスラは、イラク共和国第二の都市。

4名ほどのLOが、多国籍軍と協力して本隊の
支援業務を行いました。

バクダットにしてもバスラにしても、
多国籍軍の面々のキャラクターが濃くて、
なかなか面白い。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| その他 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オフィスのゴミを拾わないといけない理由をあなたは部下にちゃんと説明できるか?

満足度★★★
付箋数:24

  「私が千葉ジェッツふなばしの社長に
  就任した当時、会社は厳しい経営状況に
  ありました。運営資金は底をつきかけ、
  超財政難に陥っていたほどです。

  そらから6年。

  観客動員数はリーグNo.1、売上高は
  トップクラスになり、チームも天皇杯連覇、
  シーズン地区優勝を成し遂げました。
  強く、成果を出せる組織に生まれ変わった
  のです。」

千葉ジェッツふなばしは、Bリーグの東地区に
属するプロバスケットボールチームです。

経営不振で、つぶれるか、つぶれないか
という瀬戸際から、Bリーグ集客ナンバー1の
クラブへV字回復しました。

その劇的な変貌は、「千葉ジェッツの奇跡」と
言われるほどです。

その奇跡を起こしたのが、本書の著者で、
千葉ジェッツふなばしの代表取締役社長の
島田慎二さんです。

島田さんは、いかにして、千葉ジェッツを
復活させ、人気・実力共に最強のチームに
変貌させたのか?

実は、千葉ジェッツがやったのは、
どんな会社でもやっている、ビジネスで
よく言われる、ごく当たり前のことでした。

それは、「PDCA」を回すこと。

Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、
Action(改善)の4段階を繰り返すのは、
ビジネスの基本です。

PDCAを継続して回せば、どんなビジネスでも、
結果が出る確率が上がります。

しかし、そんなことは百も承知でも、
実際にうまくPDCAが回っている会社や組織は
意外と少ないものです。

では、PDCAを回すには、何が必要なのか?

  「答えを最初に申し上げると、PDCAを
  まわすのに必要なのは、 “経営理念” です。
  しっかりした経営理念があればPDCAは
  正しくまわりはじめ、業績は上向きに
  転じる確率が上がります。」

経営理念は、PDCAに一気通貫した筋を通します。

しかし、多くの会社には経営理念がありますが、
必ずしもPDCAが回り、ビジネスがうまく
いっているとは限りません。

大切なのは、経営理念に魂を込め、
組織の隅々まで、徹底して浸透させること。

それが、本書のタイトルになっている、
オフィスのゴミを拾うことにつながります。

  「千葉ジェッツを取り巻く全ての人たちと
  共にハッピーになる」

これが千葉ジェッツの経営理念です。

千葉ジェッツのオフィスでは、社員全員が
ゴミを見つけたらすぐに拾うことが、
徹底されています。

それは「全ての人たちと共にハッピーになる」
という理念と結びついているからです。

千葉ジェッツでは、あらゆる行動が、
この経営理念と結びつき、それがPDCAを回す
エンジンとなっています。

本書で解説されるのは、経営理念に基づき、
徹底してPDCAを回すマネジメント術。

  「私は難しいことをしてきたわけではなく、
  しっかりした経営理念をつくり、
  それを全社員に浸透させ、PDCAをまわして
  きただけです。
  他の人たちと少し違うとしたら、覚悟の差に
  なるのでしょうか。それが、具体的な活動の
  違いにつながっているのかもしれません。」

千葉ジェッツの経営理念の浸透のさせ方が、
京セラの稲盛和夫さんに通ずるものがあると
思ったら、やはり島田さんは稲盛さんの影響を
かなり受けていました。

本書には、社員のモチベーションを上げ、
強く結果を出せる組織を作る方法論が
紹介されていますから、どんなビジネスでも
参考にできると思います。

本書からも、島田さんが千葉ジェッツの
経営理念に込めた、魂が熱く伝わってきます。

この本から何を活かすか?

「桶」は、板を1枚1枚つなぎ合わせて作ります。

桶に水を入れたときに、1枚でも短い板があれば、
そこから水が流れ出てしまいます。

桶に貯められる水の量は、一番短い板によって
決められる。

組織もこれと同じで、経営理念を理解していない
社員が1人でもいると、そこから会社の力は
損なわれてしまう。

これが島田さんが提唱する組織の「桶論」です。

だからこそ、どんなに時間や労力がかかっても、
組織の1人ひとりに、同じレベルで経営理念を
浸透させる必要があるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ高収入社長よりも、低賃金サラリーマンの方が人生のステージが高いのか?

満足度★★★
付箋数:19

サンライズパブリッシングさんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

  「あなたは、人生のステージを上昇させる
  確固たるレシピが存在するということを
  ご存知でしょうか? もしあるのなら、先に
  手に入れたいですか? それとも、自らの痛い
  経験によってレシピを編み出したいですか?
  そう、過去の私のように。
  私はこのレシピを知らなかったために、
  実体験で多くの失敗を積み重ね、試行錯誤
  しながら人生のステージを高めるレシピを
  自ら体得してきました。しかし、本書でご紹介
  する内容をあらかじめ知っていれば、より早く、
  より確実に人生のステージを高めることが
  できたと確信しています。」

本書は、あなたの人生のステージを上げるため、
あなたの現状と、5年後の未来を「見える化」
するための本です。

著者の滝内恭敬さんは、ビジネス仕組み化
コンサルタント。

自身もビジネスを自動化して、時間と経済の
自由を獲得している方です。

本書で言っている「人生のステージ」とは、
魂のステージのことではありません。

人生のステージの判断の尺度は「月収」。

ただし、基本はお金の話ですが、
必ずしも稼ぐ金額によってステージが決まる
訳ではないようです。

本書で紹介する、人生のステージを高める
レシピとは、「ウェルススペクトル理論」
というツールです。

これはアジアを代表するビジネスコンサルタントの
ロジャー・ハミルトンさんが考案した理論です。

ハミルトンさんは、著書の『才能は開ける
の中で、起業家向けのツールとして、
ウェルスペクトル理論を紹介しています。

この理論は、9つの富レベルから成り立っていて、
そのレベルごとの状態や、レベルを上げるための
課題が明示されています。

この理論で最初にすることは、今何をするか、
ではなく、今どこにいるのかを知ること。

目的地へ向かうための手段を知る前に、
「現在地」を知ります。

なぜなら、今どこにいるかによって、
どのような情報が活かせるのか、どのような
行動を取ればいいのかという、選択肢が大きく
変わってくるからです。

ウェルススペクトル理論の、9つのステージは
以下の通りです。

  紫外線レベル・・・レジェンドステージ
  紫レベル・・・統治者ステージ
  藍色レベル・・・業界のドンステージ
  青レベル・・・オーナーステージ
  緑レベル・・・経営者ステージ
  黄色レベル・・・起業家ステージ
  オレンジレベル・・・イケてる社員ステージ
  赤レベル・・・収支とんとんステージ
  赤外線レベル・・・収支マイナスステージ

このステージは、1つずつしか上がることは
できず、必ずしも上に行けばいいというもの
ではありません。

目的とするステージは自分で決めていい
ようです。

日本の一般大衆と呼ばれるそうの8割は、
「収支マイナスステージ」もしくは、
「収支とんとんステージ」に属していると
言われています。

ちなみに、「レジェンドステージ」に属するのは、
次のような方々です。

吉田松陰さん、松下幸之助さん、キング牧師さん、
スティーブ・ジョブズさん、マザー・テレサさん、
イエス・キリストさん、ブッダさんなど。

このステージまで来ると、富ではなく、
世の中を変え、後世に語り継がれる存在に
なった方々ですね。

レジェンドステージは、一旦置いておいて、
本書では、お金と時間の自由を手に入れる
人生の上昇戦略を滝内さんの経験も交え、
解説しています。

この本から何を活かすか?

「イケてる社員ステージ」から「起業家ステージ」
へ進む場合、次の4つの項目をチェックすると
いいようです。

 1. 会社員を続けながら、土日でスタートさせる
  ビジネスが決まっているか?

 2. 突然自分の商品を作るのではなく、
  立証された商品と出会っているか?

 3. 成功のスキル=「目標設定能力+行動計画を
  立てる能力」を習得しているか?

 4. 稼ぐスキル=「コンセプト×集客力×営業力」
  の中でも、特に営業力(販売心理学)が
  身についているか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT