活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

不動産格差

満足度★★★
付箋数:22

さくら事務所の後藤さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

アベノミクスや2020年の東京オリンピック、
さらにその先ある、人口が減っていく社会。

不動産市場は、今後大きく変化します。

2013年の全国の空き家は820万戸、
空き家率は13.5%と過去最高を更新しました。

2018年には1079万戸、2023年には1404万戸が
空き家になる予測で、全国の空き家率は3割に
向かっていくと考えられています。

あなたのマイホームは大丈夫なのか?
不動産は、いつが買いどきなのか?

本書は、「不動産市場の未来予測」の本です。

本書では、今の不動産市場で何が起きていて、
今後、不動産市場はどうなっていくのか、
そして具体的に将来どうすべきなのかが
解説されています。

著者は個人向け不動産コンサルティングを行う
さくら事務所代表取締役会長の長嶋修さん。

本書は2014年に日本経済新聞社より刊行された
『これから3年 不動産とどう付き合うか』を
最新の不動産市場の動向を踏まえて、
大幅に改訂したものです。

今後、不動産市場で起こるのは「三極化」です。

国内のほとんどの不動産価格は下がり続けます。

価値ゼロないしマイナス価値になる物件も
出てきます。

そんな中で、一部の不動産には上昇の余地が
残されています。

その割合は次の通りです。

 ・価値維持あるいは上昇:10~15%
 ・徐々に価値を下げ続ける:70%
 ・無価値、マイナス価値に向かう:15~20%

これだけの違いがあると、どのタイミングで
どこに不動産を買うかで、天地ほどの格差が
生まれます。

それが本書のタイトルにもなっている
「不動産格差」です。

実は、今後、全国の空き家が増える根本的な
原因は世帯数や人口の減少ではありません。

単純に「新築のつくり過ぎ」が原因。

西欧の多くの国では、10年間の住宅需要や
住宅建設見込みを推計して、住宅政策を
決定しています。

大半の国が世帯数当たりの新築建設の割合を
10%以下に見込んでいます。

これに対して、日本ではこうした目安がなく、
毎年90万戸程度の新築住宅が量産されて
いるようです。

長嶋さんの試算によると、日本の適正な
新築数はおよそ45万戸です。

つまり、新築された住宅数の半分は余剰に
なってしまうのです。

 ・2022年問題で住宅用地の一斉解放
 ・1にも2にも3にも「立地」
 ・災害可能性のある区域が最初に外される
 ・マンションは駅10分以内から7分以内へ
 ・9割のマンションは建て替えできない
 ・良い中古住宅の見分け方
 ・価格交渉の仕方
 ・リフォーム業者の見分け方
 ・具体的な空き家対策

マイホームは一生に一度の買い物となる
場合も多いですから失敗したくありません。

駅から同じ距離の物件あっても、
将来的な不動産価格の明暗が別れます。

まったく未来予測を考慮せず、ローンを
組んでしまうと、大きなババを引いてしまう
可能性があるのです。

本書に書かれていることを知っているのと
知らないのでは大きな違いがあります。

特にこらから不動産の購入を考えている方は、
焦って買う前に、一度、本書に目を通して
おいた方がいいと思います。

この本から何を活かすか?

  「ここまでに紹介してきたデータから
  言えることは、将来の人口動向が厳しい
  エリアにある空き家ほど、 “売るべき” 
  ということです。しかも “早急に” です。
  理由は簡単で、 “今が最も高く売れる
  可能性が高い” からです。
  売り時を待っていても、よほど立地の
  良いところでない限り、価格が上昇する
  見込みは限りなく小さいでしょう。」

親が介護施設に入っている事実上の
空き家など、判断が難しいケースを除き、
「空き家は直ちに売却」が一番オススメ
されている対処法です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「超」実用的 文章レトリック入門

満足度★★★
付箋数:21

プロになれそうな文章と、そうでない文章の
違いとはなにか?

  「文章を読んでプロになれるか、
  なれないかを判断しろと言われたら、
  レトリックのうまい下手がその境界線かなあ。
  プロになれる人はどんな人でも、
  比喩が抜群にうまいよね」

これは、本書で紹介されていた、
ある直木賞作家の発言です。

レトリックとは、文章やスピーチなどに
豊かな表現を与えるための修辞技法。

簡単に言うと、効果的な言語表現のことです。

その起源は、西洋最大の哲学者の一人、
アリストテレスさんによる「弁論術」にある
と言われています。

レトリックは古代ギリシャで発達してから、
西欧社会では2500年の歴史を持つ表現技法です。

うまい文章や面白い文章には、
レトリックが巧みに使われています。

本書は、文章レトリックの使い方教室です。

著者は、朝日新聞の記者、週刊朝日の編集長
として活躍した加藤明さん。

本書には、他のレトリック本に見られない、
3つの大きな特徴があります。

  1. レトリックが体得できるように、
   書く人の目線で位置づけている

  2. 誰もが簡単に使えるレトリックから順に
   紹介されている

  3. 例文はエッセイや記事、ノンフィクション
   作品など事実を記した作品が中心

紹介されているレトリックは、全部で30種類。

よく聞くレトリックから、あまり聞いたことが
ないものまであります。

 列挙法、三例法、倒置法、追加法、挿入法、
 擬人法、対照法、奇先法、問いかけ法、
 共感覚法、婉曲法、誇張法、漸降法、
 漸層法、擬物法、直喩、隠喩、換喩、提喩、
 声喩、情報待機法、破調法、反復法、
 省略法、黙説法、現写法、逆言法、緩叙法、
 修辞疑問法、添義法

ちなみに、ここでズラッと並べたのは、
「列挙法」を使ったことになります。

本書では様々なレトリックが有名人の
文章と共に紹介されていますが、
個人的に参考になったのが
「何かに喩えるレトリック」です。

  「その人に文章のセンスがあるか、
  を簡単に見分ける方法があります。
  それは喩え上手か、ということです。
  文章のうまい人には、喩え上手な人が多い。
  何かに喩えて説明していくのが
  上手なのです。喩えられると、読む人も
  イメージがわいて理解・共感しやすい
  ものです。比喩のレトリックを意識
  すれば文章力は確実に上達します。」

この比喩、なかでも直喩の題材として
挙げられていたのが、お笑いコンビ、
ピース又吉直樹さんが芥川賞を受賞した
小説『火花』でした。

  「まぶたの上に光線が当たる。
  眉間の当たりを小さな虫が這い回る
  ような痒みを感じた」

直喩は「~のような」と表現するので、
わかりやすい比喩です。

その分、何に喩えるかでセンスが問われます。

巧みな直喩を思いつくには、2つの努力が
必要だと加藤さんは説明します。

1つは、質、量ともに記憶の引き出しの
中身を充実させること。

もう1つは、つねに自分らしい比喩の工夫に
チャレンジしてみること。

この2つを実践するには、普段から何かを
見たら、連想ゲームのように楽しんで
喩える習慣を持つといいようです。

この本から何を活かすか?

個人的には、使いたいと思っていても、
あまり上手く使えていないのが、
「問いかけ法」です。

本書には、問いかけ法を使う時の
ワンポイント・アドバイスがありました。

  「例えば、文章を書いている時、読む人を
  自分の世界に招き入れることを考えましょう。
  文章とはコミュニケーションです。
   “どう思いますか” とたずねてみたり、
   “やっぱりそうですよねえ” と同意を
  求めたり。時には読む人の疑問や反論を
  想定して問答スタイルを文中に取り入れる
  といいでしょう。そんな工夫を重ねていけば、
  読む人を飽きさせません。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 文章術 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誰も教えてくれない 計画するスキル

満足度★★★★
付箋数:25

  ・計画は立てたものの、ムリっぽいことが
  わかっている
 ・細かいだけで、実行のイメージがわかない
 ・いつもあとから「これもやらなきゃ!」
  が出てくる
 ・いざ作業を始めようとしたときに
  必要なものがない

ここに挙げたのは「計画あるある」です。

私たちは、仕事でもプライベートでも
「計画」に関わって生きています。

特に、仕事をしていく上では、
計画を立てることは避けては通れません。

計画がなければ、予算も通らないし、
プロジェクトも承認されない。

しかし、一生懸命、計画を立てても、
その通りに進むことはほとんどありません。

なぜ、計画は思うように進まないのか?

それは、正しい計画の立て方を知らない
からです。

考えてみると、私たちは学生の頃から、
計画を立てることを、あたり前のように
求められますが、実際に計画の立て方を
教わった記憶はありません。

そこで、計画の立て方を体系的に
学べるように書かれたのが本書です。

著者は、プロセス設計の技法を活かして、
人と組織の実行品質を高めるコンサルタントの
芝本秀徳さんです。

本書は、日経BP社主催で行ったセミナー
「誰も教えてくれない 計画するスキル」を
ベースに書かれています。

本書のゴールは以下のように定められています。

  1. 計画の目的を理解する
  2. 計画プロセスの全体像を理解する
  3. 成果物の役割と作成タイミングを知る
  4. 成果物が作れるようになる

ところで、よく「計画を守る」と表現しますが、
計画は守るものではありません。

計画は「使うもの」とするのが正しい捉え方。

  「 “計画” とは何かというと “ルート” です。
  カーナビにたとえることができます。
  カーナビでは目的地を設定すると、
  いくつかのルートを探索してくれます。
   “有料道路優先” とか “一般道路優先” とか、
  いろいろなルートを提案してくれます。
  そうした目的地に行くためのルートが
   “計画” です。」

本書では、計画を7つのステップに分解。

それぞれのステップには、「問い」があり、
その答えとしての「成果物」があります。

 ステップ1 要求理解
  何が求められているのか? → オーナー要求書

 ステップ2 プロジェクト定義
  何をするのか? → プロジェクトチャーター

 ステップ3 成果物定義
  何を作るのか? → WBS
  (ワーク・ブレイクダウン・ストラクチャー)

 ステップ4 マイルストーン定義
  いつまでに、どこまで終わらせるのか?
  → マイルストーンチャート

 ステップ5 プロセス設計
  どのように進めるのか? → PFD
  (プロセス・フロー・ダイアグラム)

 ステップ6 スケジュール化
  何を、いつするのか? → ガントチャート

 ステップ7 タスク分解
  どんな作業があるのか? → モニタリングシート

本書のスキルは「ソフトウェア開発」の技法が
元になっていますので、あまり見たこともない
フォーマットやフレームワークも出てきます。

そういったフォーマットを実際に使うか
どうかは別にして、計画を立てる時の考え方や
手順は、あらゆる仕事に活用できると思います。

この本から何を活かすか?

本書は、芝本さんの「誰も教えてくれない」
シリーズの第4弾です。

このシリーズは、仕事では必要なんだけど、
いつの間にか通り過ぎてしまったスキルに
注目しています。

これまでに以下の3冊が刊行されています。

 『誰も教えてくれない 考えるスキル
 『誰も教えてくれない 書くスキル
 『誰も教えてくれない 質問するスキル

私は、本書を読んだのがこのシリーズ初
でしたが、なかなか良かったので、
他の本も読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本物の思考力

満足度★★★
付箋数:25

あなたは、直感が当たる方ですか?
それとも、直感が外れる方ですか?

もし、あなたの直感が間違うことが
多いなら、それは「インプットが足りない」
ことを意味しています。

直感とは、当てずっぽうではなく、
瞬間的な脳の総合判断の結果です。

脳を使っている自覚はありませんが、
直感は、判断するまでに時間をかけてい
ないだけです。

脳の意識部分までは信号を送らずに、
脳の無意識の部分だけで総合的に
判断しているのです。

無意識ではあるものの、判断材料は、
それまで自分の脳の中に蓄積してきた
情報量です。

だからインプットを増やしていけば、
直感が当たる確率も高くなるのです。

では、何によってインプットを増やして
いけば良いのか?

ライフネット生命会長の出口治明さんが、
一貫して述べているのは「人・本・旅」
によるインプットです。

たくさん人に会い、たくさん本を読み、
いろいろな場所に出かけて体験を重ねる
ことで、人は情報を蓄積します。

そうして得たインプットから、
「数字・ファクト・ロジック」を使って、
腹落ちするまで考え抜くことで、
本物の思考力は鍛えられる。

本物の思考力がみにつくと、ラディカルに
物事を考えられるようになります。

ラディカルな思考力とは、常識にとらわれず、
物事の根っこを掘り下げて根源的な部分から
考えられる力のことです。

ラディカルに考えると、必ず問題解決の
糸口が見えてくるようになり、
失敗することも少なくなります。

それが、本書が目指す本物の思考力です。

 ・日本は大学進学率が高い
 ・侘び、寂びが日本の伝統文化だ
 ・日本では夫婦同姓があたり前

これらの常識のように言われていることも、
「数字・ファクト・ロジック」で考えると、
単なる思い込みであることがわかります。

思い込みや固定観念に縛られてしまうと、
常識を疑うことができなくなり、
問題の本質を見誤ってしまうのです。

本書は、出口さんが長年実践している、
「人・本・旅」からインプットして、
「数字・ファクト・ロジック」をベースに
腹落ちするまで考え抜く方法を解説する本です。

「数字・ファクト・ロジック」を重視すると、
「理屈っぽくてイヤだ」、「窮屈だ」と感じる
人もいるかもしれません。

しかし、実際はむしろその逆です。

「数字・ファクト・ロジック」で考えると、
周囲の人や物事から受けるノイズが減り、
判断に迷うことが少なくなります。

常識に縛られることもないため、
自由に発想できるようになるのです。

だから、「数字・ファクト・ロジック」を
ベースにする出口さんの思考方法は、
考えることが楽しくなります。

本書では、そんな出口さんの思考方法を
実例を挙げながら詳しく解説しています。

過去の出口さんの著書と大きな違いは
ありませんが、新書版でコンパクトに
まとまっているのが良い点です。

  第1章 根拠なき「常識」が蔓延する日本
  第2章 日本の教育を再考する
  第3章 腹に落ちるまで考え抜く
  第4章 怠け癖には「仕組み化」
  第5章 構想する力

この本から何を活かすか?

出口さんは「定年制の廃止」を訴えています。

定年制の廃止で、労働力が確保できるのは、
数あるメリットの1つに過ぎません。

他にも健康寿命が延びて医療費が削減できる、
人材の流動性が高まり雇用が正常化できる
などの大きなメリットがあります。

定年という仕組みは、G7の他のどこの国も
採用していない労働慣行です。

そもそもアングロサクソン社会では、
年齢による差別は法律によって禁じられて
いるため、日本のように定年がある方が
非常識なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「この人なら」と慕われるリーダーになれる

満足度★★★
付箋数:22

これからの日本企業は、女性の活躍に
かかっていると言われています。

女性が活躍する第一歩は、リーダーになること。

しかし、「リーダーになりたい」と思って
いる女性は、あまり多くないようです。

 「家庭と両立できるか」という心配。
 「大きな責任を負わされる」不安。
 「リーダーなんて務まりっこない」という
 失敗に対する恐れ。

女性が昇進を望まないのは、ここに挙げた
理由が多いようです。

しかし、リーダーになるときに最初に必要
なのは、様々な思い込みを捨てることだと、
本書の著者、佐々木順子さんは指摘します。

  「私たちがめざすべきは “いつでも強く、
  いつでも正しい、理想のリーダー” では
  ありません。人間ですから、ときに弱音を
  吐くことも、間違えることもあります。
  それより本当に大切なことは、 “この人なら”
  と部下や同僚に慕われ、さらには上司からも
  信頼を寄せられ、チームとしての総合力を
  強くすることのできるリーダーになること
  だと思います。
  そして、女性ならではの高い共感力や
  こまやかな感性、コミュニケーション能力
  などは、実はチームを率いていくための
  大きな武器となりえます。
  女性だからこそ発揮できるリーダーシップ
  があるのです!」

本書は、女性のためのリーダーシップ本。

女性もずっと与えられた仕事をしている
「助手席」に座っている状況から、
自分の人生のハンドルを握る「運転席」に
座るべきだと佐々木さんは言います。

「運転席は」大変かもしれないけれど、
自分なりの目的地を目指したほうが、
ずっと楽しいからです。

華麗な経歴を持つスーパーウーマンの
ように見える佐々木さんも、これまで数々の
失敗やつらい経験をしてきたと言います。

それでも佐々木さんは、断言します。

  「リーダーをやってきて、よかった!」

本書では、女性が4つの思い込みを捨てて、
快くリーダーを引き受け、「この人なら」と
周りから慕われる考え方や行動を説明します。

 第1章 いつも「強いリーダー」でなくては
   いけない、という思い込みを捨てる
 第2章 いつも「優秀なリーダー」でなくては
   いけない、という思い込みを捨てる
 第3章 いつも「コミュニケーションが完璧な
   リーダー」でなくてはいけない、
   という思い込みを捨てる
 第4章 いつも「自分をコントロールできる
   リーダー」でなくてはいけない、
   という思い込みを捨てる
 第5章 まずは自分へのリーダーシップを
   発揮しよう

時代とともに、求められるリーダー像は
少しずつ変わってきました。

これからは日本人だけで働く時代では
なくなります。

文化的なバックボーンも考え方も年齢も
性別も異なるメンバーをまとめて
いかなければなりません。

このような環境では、メンバー1人1人の
考えをしっかり聞いて、合意形成をはかって
行く必要があります。

そこで活かされるのが、女性の観察力、
共感力、調整力、コミュニケーション能力です。

本書は、女性管理職からリーダー初心者までを
カバーする「女性リーダーの教科書」です。

もちろん、女性リーダーと関わる男性も
読んで役に立つところはある本です。

この本から何を活かすか?

本書は、完璧なリーダーなどいないので、
弱みは見せて、それを部下に補ってもらう
のが基本スタンスです。

ただし、弱みを見せることで、
気をつけなければいけないことがあります。

それは「愚痴」の問題。

仕事をしていく上で、多少の愚痴は許される
というのが佐々木さんの考えですが、
絶対に言ってはいけない愚痴もあると言います。

「社内の人間」に対しての愚痴は絶対にNG。

上司に対してでも、部下に対してでも、
社内の人間に対する愚痴を言ってしまうと、
100%その話は漏れてしまう。

しかも、それを聞いた相手が、
どう解釈するかはまったくわかりません。

だから、社内の人に対する愚痴は
絶対に社外の人間にしか言わないと
決めたほうがいいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT