活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?


残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか? (光文社新書)

満足度★★★
付箋数:23

あなたの会社の「働き方改革」には、
「やらされムード」は漂っていませんか?

現在、日本の多くの企業が取り組んでいる
「働き方改革」ですが、成功したという話を
あまり聞きません。

それは表面的な取り組みは行うものの、
長時間労働を生み出している根本的原因に
対処せずに、労働時間だけを減らそうと
しているから。

このままでは、「現場への無茶ぶり」や
「管理職への労働強化」が多発してしまい、
「働き方改革」には、絶望しかないという
職場も少なくありません。

こうした日本における長時間労働の問題の
メカニズムを解明し、解決策を提示するのが、
本書のタイトルになっている「残業学」です。

残業に関しては、従来、経済学、心理学、
経営学、歴史社会学など各学問領域毎で
研究されてきました。

しかし、本書が講義を行う「残業学」では、
そうしたアカディミズムの壁を飛び越え、
データやエビデンスに基づいて分析し、
解決策を提示します。

著者は立教大学経営学部教授の中原淳さん。

本書では、中原さんとパーソル総合研究所が、
共同で取り組む「希望の残業学」プロジェクト
をベースに、講義形式で説明します。

長時間労働は、会社組織の構造的な問題に
メスを入れなければなりませんが、
個人の心理的な面にも問題があります。

それは「残業麻痺」という問題です。

残業麻痺してしまうと、長時間労働によって、
健康リスクが高まりつつも、一方で主観的な
「幸福感」が高まってしまう人もいます。

残業で、精神的にはフロー状態になり、
努力することが、成長実感を得ているような
錯覚を起こしてしまうからです。

しかし、本書では、個人が感じるほど、
残業は成長にはつながらず、むしろ成長を
阻む要因にさえなっていると指摘します。

そして、あらゆる方面から考察を重ねた結果、
次の残業削減施策を成功させるポイントを
提示します。

 1. 残業の「見える化」によって、自社の
  残業実態を把握し、施策を社内に広める
 2. 本気度を示すことで「『コミットメント』
  を高める」ことに努める
 3. 導入後1ヶ月を越えても継続することで
  「退路」を断って、やりきる
 4. 効果の「見える化」と「残業代還元」と
  いう見返りを用意することで、続ける
  モチベーションを維持してもらう

また、更に踏み込み、問題の根本解決を
図るために、生産性の高い組織への改革に
ついても言及しています。

それは「罰ゲーム化」したマネジャーを
救う、マネジメント改革でもあります。

本書で示される、残業学の知見は、
データをベースにし、様々な学問を横断して
語られているので、あまり反論の余地は
ないように感じられます。

しかし、非常に興味深い考察は多いものの、
残業「学」と付いているだけあって、
あくまで学問であり、どこか他人事のような
印象を受けました。

実際に職場の改革を進めるのは、
組織に所属する人自身なので、第三者的に
言及する方が、良いのかもしれませんね。

 第1講 残業のメリットを貪りつくした日本社会
 第2講 あなたの業界の「残業の実態」が見えてくる
 第3講 残業麻痺―残業に「幸福」を感じる人たち
 第4講 残業は集中し、感染し、遺伝する
 第5講 「残業代」がゼロでも生活できますか?
 第6講 働き方改革は、なぜ「効かない」のか?
 第7講 鍵は、「見える化」と「残業代還元」
 第8講 組織の生産性を根本から高める
 最終講 働くあなたの人生に「希望」を

この本から何を活かすか?

本書には、以下の「残業チェックリスト」が
掲載されていました。

いくつ当てはまるか、数えてみてください。

 □ 職場には、手が空いたら他のメンバーの
  仕事を手伝う雰囲気がある
 □ 職場には、一致団結して目標に向かっていく
  雰囲気がある
 □ 仕事中、時間を忘れて仕事をしている
  ことがある
 □ 仕事中、完全に集中して周りが
  気にならなくなることがある
 □ 自分の思い通りに仕事を進められて
  いると思う
 □ 自分の思った通りに仕事をコントロール
  できていると思う
 □ やりがいや働きがいをもって仕事に
  取り組んでいる
 □ 今後、現職以上に昇進するチャンスが
  あると思う
 □ この会社にずっと勤めていたいと思う
 □ 今の会社全体について総合的には
  満足している

どれも当てはまった方が良さそうな
設問に見えます。

しかし、チェックが「3つ以上」つくと、
残業麻痺になるリスクがあるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人が集まる会社 人が逃げ出す会社


人が集まる会社 人が逃げ出す会社 (講談社+α新書)

満足度★★★
付箋数:22

あなたの会社は、人が集まる会社ですか?
それとも、人が逃げ出す会社ですか?

本書の著者、下田直人さんは社労士として、
企業の就業規則作りに携わる中で、
多くの経営者と話をしてきました。

そこで見えてきたのは、「人が集まる会社」と
「人が逃げていく会社」の違いでした。

その違いとは、業績や従業員といった
具体的な数字では表せないものした。

それは、「人間らしい心を感じられる会社」か、
「人間らしい心を感じられない会社」か、
という基準でした。

下田さんは、この基準をもとに、世間の
会社を大きく2つに分類しています。

1つは、「人の心を温める会社」。
もう1つは、「人の心を冷やす会社」。

「温める会社」は、人の心が感じられて、
関わる人の心も温めます。

結果として経営も安定し、利益もついてきます。

一方、「冷やす会社」は、人の出入りが激しく、
社内はいつもギスギスしています。

その結果、一時的に数字は良いことがあっても、
長期的には、経営は行き詰まっていきます。

本書では、どうしたら「温める会社」に変わり、
人が集まる会社になれるのかについて、
具体例を挙げながら解説しています。

まず、それぞれの会社の特徴を、
もう少し見てみましょう。

<冷やす会社の特徴>
 ・人をすぐに使えるか使えないかで判断する
 ・やたらとペナルティを科そうとする
 ・本来の目的を見失い、手段が目的と
  なってしまっている

<温める会社の特徴>
 ・フェイストゥフェイスを重視する
 ・多様性の受け入れに柔軟である
 ・個人を大切にしている
 ・利益を一番とは考えていない
 ・人の「良心」を大切にしている

温める会社は、少しアナログで昭和チックな
印象があるかもしれません。

しかし、「ハード」の面ではなく、
「ハート」の面で、会社を居心地がいい場所に
するという発想が根底にあります。

それは、人と人のつながりが感じられて、
心が通う交流があり、心が温まる場所に
会社がなるということです。

では、どうしたら温める会社になれるのか?

下田さんは、温める会社は「クレド」から
始まると言います。

  「クレドや行動指針、理念といった言葉を、
  それぞれの意味合いを理解して使い分け
  している会社もあるが、多くの会社は、
  言葉の使い方は曖昧だ。また本書では、
  それらに明確な定義をつけて分類することを
  目的としていない。
  私がここで伝えたいのは、会社の軸となる
  考えそのものが “温める” ものになっている
  ということだ。」

本書では、ワークショップ形式で、
従業員みんなが集まってクレドを作り、
マンダラート型のシートを使って、
実現のための行動に落とし込んでいく
方法が紹介されていました。

また、会社の仕組みとして、就業規則に
どこまで何を盛り込むのか。

そして、それ以外にどんな仕組みがあると、
「良心」が発揮されるのかについても
具体例が数多く紹介されています。

私たちが飲食店を選ぶときでも、
人が全然入っていない店は入りづらく、
流行っている店なら長時間並んでも
そこで食べたいと思います。

会社も同様で、人が集まる会社には、
その様子を見て、更に人は集まり、
人が逃げ出す会社は、どんな好条件を
出しても、人は寄って来ません。

つまり、会社はどんどん2極化が進む
傾向があるということです。

いくら働き方改革をやっても、
会社の根本が、人の心を温めるように
なっていないと、人は逃げて行くのです。

本書は、会社をよく変えていくための
「新基準」として参考にしたい本です。

この本から何を活かすか?

次に挙げる項目は、あなたの会社の経営者に
当てはまりますか?

 ・経営者はメンターやコーチをつけている
 ・読書家である
 ・心を磨く勉強会に参加している
 ・自らの高まりを周囲にシェアしている
 ・良心を発揮した自分が一番心地よい
  ことを知っている

「温める会社」の経営者は、これらの特徴が
あるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける


働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける

満足度★★★
付箋数:23

以前から、ヒロシさんの生き方は
いいなと思っていましたが、
本書を読んで、もっと好きになりました。

  「2004年に “ヒロシです” のネタで
  ブレイクいた僕だが、その後、
  自分のネタ作りに対するこだわりから
   “天狗になった” と周囲に誤解されたり、
  トーク力やリアクションを返す能力が
  極端にないことから、テレビ出演は
  徐々に知っていった。」

ヒロシさんと言えば、世間では一発屋の
芸人として認識されていると思います。

ヒロシさんは、いったい今は、
どこで、何をしているのでしょうか?

  「確かに僕は有名なバラエティ番組には
  出ていない。しかし、別の場所で断続的に
  露出を繰り返している。
  それが “ヒロシちゃんねる” だ。
  これは、僕が自ら、趣味であるソロキャンプ
  動画の撮影・編集を行い、その映像を
  アップするYouTubeのチャンネルだ。
  つまり、僕はYouTuberとしても活動して
  いるのだ。」

アメトーーク!の「キャンプ楽しい芸人」
の回に出演していたヒロシさんを
ご覧になった方も多いと思います。

今は、ヒロシさん自身はほとんど映らない、
キャンプ動画を配信して、活動しています。

  「僕がいいたかったことは、2000年中頃の
  ブレイク全盛期、月4000万円を稼ぎ出した
  頃に比べれば収入は少ないが、
  それでも僕は、あの頃よりも気持ちよく
  仕事をすることできている。(中略)
  好きなことをして、自分が滿足できる
  お金を稼ぎ、日々過ごしている。」

趣味だったキャンプを突き詰めて、
YouTuberとして、程々の成功をしている。

それが、ヒロシさんが本書でススメる
「職人2.0」という働き方です。

従来、職人的な働き方をすると、
決定権は発注する側が握っていました。

しかし、職人の立場でありながら、
YouTubeなどで発信者としての力を持つと、
仕事の決定権が職人側に移ってきます。

ゼネラリストではなく、スペシャリストと
して働き、それをコツコツと発信し続けると、
好きなことを仕事にして快適に暮らせる、
「職人2.0」という生き方になるのです。

  「僕が “職人2.0” の働き方として
  勧めたいのは、トーク力や文才や容姿
  なんかを磨くより、好きなことを突き詰めて、
  そのまま発信することだ。(中略)
  たとえ “こんなもの” と思ってしまっても、
  そのまま突き進める変態的に傾けられる
  愛を発露することこそが大事なのだ。」

トコトン突き抜けてしまえば、どんなに
ニッチな分野でも、成功する可能性が
高くなるのです。

ただし、好きなことを突き詰めていても、
複数のタネを同時に蒔いて育てていくことが、
大事だとヒロシさんは言います。

それも、自分を追い込まないために、
有言実行ではなく、無言実行で始める。

誰にも言わずに、こっそり始めれば、
実行するハードルが一気に下がります。

ある程度、育つ感触が掴めたところで、
世間に公表すればいいのです。

いずれにせよ、好きなことを仕事にして、
メインのお客さんになるのは、
それに関心のある人なので、
ストレスなく働くことができるのです。

本書の帯には堀江貴文さんが推薦の言葉を
寄せています。

  「自らが決定権を持ち、高速で動く。
  ここに書かれていることは普遍的な
  成功法則だ」

ヒロシさんの「職人2.0」の働き方は、
堀江さんの考え方に近い部分があります。

この本から何を活かすか?

私も、キャンプが好きなので、
ヒロシちゃんねる」はたまに見ています。

我が家の場合は、夫婦2人で行くことが
多く、道具もミニマムにしているので、
ソロキャンプ寄りのキャンプです。

特に、私の住む北海道では冬にキャンプが
できないので、「ヒロシちゃんねる」を
見る機会が増えますね。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疲れないパソコン仕事術 多忙な毎日をちょっとラクにする90TIPS


疲れないパソコン仕事術 多忙な毎日をちょっとラクにする90TIPS (できるビジネス)

満足度★★★
付箋数:17

あなたは、1日何時間ぐらいパソコンの
操作をしますか?

一般的なビジネスパーソンなら、少なくとも、
毎日数時間はパソコンに触れているでしょう。

事務系の仕事の方なら、ほとんど1日中、
パソコンで何らかの作業をしているはずです。

現在のビジネス環境では、
パソコンでの作業は必須です。

そして、パソコンに向かい合う時間が
長くなればなるほど、肩こりや目の疲れなど、
身体的疲労が、徐々に蓄積していきます。

  「本書では、業務の効率化だけでなく、
   “どうすれば疲れないのか” をテーマに、
  パソコン操作のテクニックを紹介しています。」

著者は、PCやスマートフォン関連の記事を
執筆する機会が多いテクニカルライターの
小枝祐基さん。

パソコンのタッチパッドジェスチャーと
ショートカットキーを駆使して、日々、
操作を楽にするためのワザを追求している
ようです。

「疲れないためのパソコン技」といっても、
1つ1つのテクニックで、劇的に負担が軽くなる
わけではありません。

ちょっとずつ、負担やストレスを軽減する
技を積み重ねて、総合的に疲れないPC環境を
整えていきます。

ショートカットキーの使用が絶対ではなく、
マウス操作の方が負担がかからない場合は、
そちらが推奨されています。

本書で紹介されているテクニックは、
パソコンスクールなどでは、一番最初に
基本として教えることかもしれません。

しかし、毎日、当たり前にパソコンを使って
仕事をしていくうちに、変な癖がついたり、
忘れてしまっていることもあると思います。

まずは、マウスを置く位置について。

  「マウスは、キーボードに置いた片手を
  そのまま横方向へ平行に移動した位置に
  置きます。手を横へずらせば届くので、
  無駄な動きがなくなります。」

次にモニターの位置と座り方。

  「視野を広くとれるようにモニターとは
  40cm程度距離をとります。モニターの高さ
  は目線よりやや低くし、首や肩に負担が
  かからない位置に。椅子はやや浅めに
  腰をかけ姿勢を正します。肘掛けの高さが
  調整できる椅子だとなおよいです。」

そしてディスプレイの明るさ調整。

  「パソコンを使っていて“目が疲れるな”
  と感じたときには、ディスプレイが
  明るすぎ、または暗すぎて目に負担を
  かけている可能性があります。
  これを防ぐには、周りの明るさに合わせて
  ディスプレイの明るさを調整します。」

これらの環境設定の技術は、決して初めて
聞くようなことではありません。

しかし、意外と見落とされていて、
知らず知らずのうちに、負担がかかった状態
のまま仕事をしている人もいるはずです。

それ以外でも本書では、覚えると便利な
ショートカットキーなども多数紹介されて
いますから、実用的なパソコン操作の本
になっていると思います。

ただ、全体を通して見ると、期待したほど、
他のパソコン操作本との違いは見られない
印象でした。

  第1章 まずはこれだけ。
     どこでも使える万能ワザ
  第2章 全部はかどる。
     仕事に集中できる環境設定術
  第3章 もう迷わない。
     ムダなく探せる情報収集術
  第4章 これで快適。
     ストレスゼロの文字入力術
  第5章 もう疲れない。
     今日から時短できるExcel術
  第6章 最短で仕上げる。
     伝わるプレゼン資料作成術
  第7章 ラクになる。
     自由自在のファイル操作術
  第8章 これで万全。
     仕事が進むメールさばき術

この本から何を活かすか?

プレゼンファイルは「PDF」で保存する。

本書では、プレゼンをする場所に、
自分のパソコンが持ち込めない事態も
想定してします。

そのため、プレゼント用のファイルは
「PDF形式」で保存しておくことが
推奨されていました。

借りたPCでも、パワーポイントが
入っていない可能性は低いと思います。

しかし、インストールされている
パワポのバージョンが違っていることは
あるかもしれません。

確かに、PDFならWindowsでもMacでも、
iPadでもAndroidでも、大丈夫ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30


あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30 (単行本)

満足度★★★★
付箋数:26

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「この本は “子どものお金教育をどうすれば
  いいのか” に迷っているお父さんお母さんに
  向けて書きました。
   “最高のファイナンシャル・リテラシー” 、
  つまり “最高のお金の知識” を身につければ、
  資産かといわれる富裕層に匹敵するほどの
   “豊かなマネーライフ” を送ることが
  できます。という私の信念をお届けしたい
  と思っています。」

このように語る著者の菅井敏之さんは、
元メガバンクの支店長でした。

しかし、40代で退職して不動産投資で成功。
現在は「お金の町医者」と呼ばれている方です。

本書では、これまで多くの資産家の方々と
付き合ってきた菅井さんが知り得た、
「お金持ちの知恵袋」を伝える本です。

「お父さんお母さん向け」と言っていますし、
本書のタイトルにも「あなたと子どもの」と
入っています。

しかし、子どもがいるいないに関わらず、
お金がなかなか貯まらない人は、
本書をぜひ読んで欲しいと思います。

シンプルで当たり前だけど、強力なお金を
貯めるための「真理」が書かれています。

なぜ、本書に書かれていることが
「真理」と言えるのか?

それは、本書の「お金持ちの知恵袋」の
多くが、我が家で実践してきた内容
だからです。

実際にやってきたからこそ、お金が増える
効果は間違いないと、私は自信を持って
オススメできます。

とは言っても、本書には、特別なことが
書かれているわけではありません。

一般的に知られていることも多いでしょう。

しかし、それを実際に長期間実践している人は
意外と少ないように思います。

そこを誰でもできるように促してくれる
ところが、本書から滲み出る菅井さんの
人間力なのだと思います。

 知恵袋2
  「財務諸表」こそが最初に必要な筋肉。
  「自分の資産」をちゃんとグリップできる
  力がこれからますます必要になる。

財務諸表と聞くと、ちょっと難しく感じるかも
しれませんが、要は収入と支出、資産と負債が
見えるようになっていればいいのです。

損益計算書(PL)に当たる家計簿と、
貸借対照表(BS)に当たる資産負債内訳が
あることが個人・家庭でも必須です。

  「自分の資産を “数字で見える化” して、
  常に課題や可能性を発見し、計画を立てて
  行動しているのが資産家です。」

 知恵袋3
  まず貯蓄、残りで暮らす。
  お金を貯める方法は、たったこれだけ!
  「貯蓄筋」はコツコツ育てるべし。

お金を「どう増やすか」は、いくつもの方法が
ありますが、「どう貯めるか」はこの方法に
尽きると思います。

収入があったら、必ず最初に貯蓄にまわす。

本書では収入の15~20%を貯蓄にまわすのが、
基本中の基本と説明されていました。

これは、日本の「公園の父」といわれる
本多静六さんが『私の財産告白』の中で
紹介していた「月給4分の1天引き貯金」
と共通した考えです。

ちなみに、『私の財産告白』は、
当ブログでは、資産形成のバイブルとして、
これまで何度も紹介してきた本です。

菅井さんの「お金持ちの知恵袋」は、
かなりの部分で、本多さんの考えに通じる
ところがありますね。

菅井さんは、「人の喜びのために」
お金を使うことが、真のお金持ちになる
ことだと言います。

本多静六さんは、日比谷公園を始め、
日本全国に多くの公園を造り、
停年と同時に全財産を寄付していますから、
本物のお金持ちの中の本物です。

そこまでの大金持ちにならなくても、
本書の「お金持ちの知恵袋」の考えは、
お金に困らない人生を送るためには、
必読だと思います。

この本から何を活かすか?

  「 “お金” を管理するには“行き先の
  見える貯金箱”が一番です。
   “お金をもらったら、必ず貯金” を実践
  させやすいように、貯金箱は複数用意します。
   “短期の貯金” と “長期の貯金”  “消費” 
   “投資” と、行き先ごとに用意することに
  なりますから貯金箱は少なくとも
  4つ必要となりますね。」

我が家でも、常に8つ以上の行き先が見える
貯金箱が用意されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT