活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

人生の勝算

満足度★★★
付箋数:24

  「SHOWROOMが立ち上げからわずか数年で、
  一定の評価を得るサービスに成長できた
  理由を、しばしば聞かれます。
  前職の営業でも、かなりスピード感を持って
  成果を上げていたと思います。
  このスピードの源泉はどこにあるのか。
  なぜ速く成長できるのか。
  繰り返しになりますが、これもシンプルです。
   “頑張るから” です。
  投入努力量が、人より圧倒的に多いからです。」

本書は、仮想ライブ空間「SHOWROOM」を
立ち上げた前田祐二さんの自伝的なビジネス書。

SHOWROOMは、2013年11月にスタートした
ライブ配信サービスです。

素人からプロまで、あらゆるジャンルに
またがる「配信者・演者」と呼ばれる放送主が、
駅前の路上でパフォーマンスをするかのように、
ネット上でライブを配信します。

実際に見てみると、売れる前のアイドルが、
ファンとライブでコミュニケーションをとる
サイトといった印象です。

  「この本を書こうと思ったのは、今、
  不幸や苦境に直面していたり、自分から見える
  景色が真っ暗だ、という人に、ほんの少しでも
  頑張る勇気を持ってもらいたかったからです。」

これまでの前田さんの人生の中の、
大きく3つの時代のエピソードが語られています。

小学生のときに「弾き語り」をしていた話と、
外資系投資銀行に勤務していた時の話、
そしてSHOWROOMのサービスを立ち上げる
前後のストーリーです。

まず、驚愕するのは、前田さんが
子どもの頃の話しです。

8歳のときに両親を亡くし、小学生ながら、
アコースティックギター1本を持って、
路上で歌をうたっていたそうです。

前田さんは、客のニーズを探りながら、
トライアンドエラーで工夫を重ね、
多いときには月10万円ほどのお金を
弾き語りで稼いだと言います。

ここで前田さんが学んだのは「絆の大切さ」。

どこまで信じてよいかわからない話ですが、
後にSHOWROOMを立ち上げる原点に
なった話として語られています。

そして、新卒で入社したUSB証券では、
入社直後の苦労話と、2年目でニューヨークへ
異動して活躍した話しが紹介されています。

ここで語られているのは「努力の大切さ」。

日本でも、アメリカでも圧倒的なエネルギー
で働くことで、前田さんは抜きん出た成績を
出しました。

そして、DeNAに入社してからのSHOWROOM
立ち上げと独立時のエピソード。

南場智子さんや秋元康さんとの出会いや、
挫折に次ぐ挫折の中でも、「コンパス」を
持つことの大切さが語られています。

前田さんは、1987年生まれの若手起業家と
呼ばれる世代です。

粗削りなところはありますが、非常に熱い。

圧倒的な熱量で生きていることがわかります。

多くの文字が詰まった本ではありませんが、
内容がどうこうというよりも、その熱量だけ
でも伝わればいいと感じました。

特に若い方ほど刺激になる本だと思います。

  第1章 人は絆にお金を払う
  第2章 SHOWROOMが作る新しい
     エンターテイメントのかたち
  第3章 外資系投資銀行でも、求められたのは
     「思いやり」
  第4章 ニューヨーク奮闘記
  第5章 SHOWROOM起業
  第6章 SHOWROOMの未来

この本から何を活かすか?

前田さんがSHOWROOMを立ち上げる際に、
参考にしたのが中国最大級のライブ
ストリーミングサイト「YY直播」でした。

中国では、ライブストリーミングの
プラットフォームが急成長しているようです。

配信者はファンとコミュニケーションが
取りやすく、AKBのビジネスと同じように、
ファンがお金を投じやすい仕組みを
作り出しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信じる覚悟 超訳 西郷隆盛

満足度★★★
付箋数:21

著者の鈴木博毅さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

2018年は明治維新から、ちょうど150年に
あたります。

それを機に2018年のNHK2018年大河ドラマは
林真理子さんの小説『西郷どん!』を原作に
製作されることになりました。

ドラマの主人公は、もちろん西郷隆盛さんです。

上野公園に建っている銅像でも知られる
西郷さんは、「リーダーの中のリーダー」とも
呼ばれる、幕末から明治にかけての偉人です。

この国の歴史に大きな足跡を残し、
今日につながる社会改革を後押ししました。

西郷さんは、薩摩藩の下級武士として
生まれ育ちましたが、藩主の島津斉彬さんに
認められ抜擢されます。

1864年の禁門の変で、薩摩軍を指揮して
長州藩と戦ったのを皮切りに活躍し始めました。

その後も薩長同盟、江戸城無血開城、戊辰戦争
など幕末維新期の重要なポイントで中心となり、
明治維新を完成させます。

明治政府内でも、廃藩置県などの大きな
制度改革を推進し、陸軍大将などの要職を務め、
国政でも重要な役割を果たしました。

最後は、不平士族の反乱が続く中、
私学校生徒の暴動から起こった西南戦争を
指揮しましたが、敗れて自決しました。

  「西郷は日本を、天道を進む “本当の文明国”
  にする理想を持っていました。その理想に
  向かって邁進する姿は、多くの人々にとって、
  まさに “理想のリーダー” でした。
  その理想と自らの信念を貫く生き方は、
  現代の私たちにも大きな学びを与えてくれます。
  誰にも恥じることなく、天道を歩めとした
  彼の言葉。西郷の死から140年目の今、
  それを超訳した本書が、多くの方々へ、
  西郷の志と珠玉のメッセージをお伝えできる
  ことを願っています。」

本書は、『西郷南洲翁遺訓』を中心に、
西郷さんの言葉を超訳した本です。

その誰にも恥じない生き方を、現代の私たちが
学ぶべるように、西郷さんのメッセージが
短い言葉でわかりやすくまとめられています。

ちなみに、『西郷南洲翁遺訓』とは、西郷さんが
明治維新後にかつての敵であった出羽庄内藩士に
語った話をまとめたもの。

現在でも西郷さんの考えを知る書として、
多くのリーダーたちが参考にしています。

本書では、西郷さんの言葉を厳選し、
6つのカテゴリーに分けて、176の言説を
紹介しています。

 1. 天に恥じない生き方を選ぶ
 2. 美しい人になる
 3. 上に立つ者の覚悟
 4. 大業を成す人の法則
 5. 社会を照らす志を持つ
 6. 未来、その先へ歩み続ける

  「天を敬う生き方
  私たちは、天という大きな存在に生かされて
  います。人間は、この世界から見れば小さな
  存在です。私たちがいなくなったあと、
  10年後の今日を覚えている人はいません。
  小さな存在である人間が、大きな生き方を
  するにはどうすることがよいか。
  目の前の小さな出来事ではなく、天を相手に
  して生きることです。天に恥じぬ生き方を選び、
  天に恥じぬ仕事を成し遂げる。私たちを
  包み込む天を敬い、周囲にいる人を愛して
  生きるのです。」

西郷さんの言葉には、信念が貫かれています。
読んでいると、存在の大きさを感じました。

現代を生きるビジネスパーソンにとっても、
西郷さんの言葉は、魂を揺さぶるものが
あるように思えます。

この本から何を活かすか?

西郷さんの座右の名は「敬天愛人」で、
この言葉を好んで使いました。

これは、天を敬い人を愛することの意味で、
西郷南洲翁遺訓』では次のように書かれています。

  「道は天地自然の物にして、人はこれを
  行うものなれば、天を敬するを目的とす。
  天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する
  心を以て人を愛する也」

これが西郷さんの思想の根源となる考えです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一訪れたい日本のつくりかた

満足度★★★★
付箋数:28

日本を代表する観光都市、「京都」。
その素晴らしさは世界も認めるところです。

アメリカで発行部数100万部を誇る
大手旅行雑誌「Travel+Leisure」の
世界都市ランキングでは、2014年、2015年と
2年連続で京都は第1位に輝きました。

また、イギリスの権威ある観光雑誌、
「ワンダートラスト」の読者投票でも
京都は世界観光都市ランキングで、
第1位に選出されています。

これらの評価を見ると、京都は名実共に、
世界No1の観光都市と言いたいところですが、
残念ながら「実」の方がまだ伴っていません。

外国人宿泊数世界トップ都市ランキングでは、
2015年の調査で京都は「世界第89位」の
観光都市に過ぎないのです。

つまり、京都は世界中の人々が行きたい
憧れの観光都市ではあるものの、
その潜在能力を十分に生かし切れて
いないのです。

もっと多くの外国人観光客が訪れて、
今以上にお金を落としてもらう余地が
残されているのです。

ここでは、京都を例に挙げましたが、
本書の著者、デービッド・アトキンソンさんは
日本全体の観光業が同じような状況にあると
指摘します。

日本を訪れる外国人観光客の数は、
2007年にはおよそ800万人でしたが、
2016年には2400万人を突破しました。

わずが10年足らずで、3倍になりましたが、
それでも、まだまだ不十分なのです。

  「日本の観光業は、そのポテンシャルを
  十分に発揮できていると言えるでしょうか。
  本書のタイトルにあるように、 “世界一
  訪れたい国” になっているでしょうか。
  私は、まだまだそんなことはない、
  と断言します。

  2016年の2400万人という数字は通過点に
  すぎません。安倍政権は2020年に4000万人、
  2030年に6000万人という目標を立てて
  いますが、私は “やるべいこと” をやれば、
  日本は “世界一訪れたい国” となり、
  この目標も簡単にクリアできると
  考えています。」

本書には、日本が真の観光先進国になる
ための提言が述べられています。

2015年に刊行され大ベストセラーになった
前著、『新・観光立国論』も素晴らしかった
ですが、本書のアトキンソンさんの指摘は、
それにも増して、非常に納得感があります。

さすがに、元ゴールドマン・サックスで
金融調査室長を務めたアナリスト。

データの扱い方が非常に上手いですね。

アトキンソンさんは、2017年から
日本政府観光局特別顧問に就任して
いますが、もう日本の観光戦略は、
アトキンソンさんに任せておきたい、
と思えるような内容でした。

今や観光産業は、世界経済のGDPの
10%を占め、世界中の雇用の11分の1を
生み出すほど、大きく伸びている
成長産業になっています。

観光産業は、世界経済において、
エネルギー、化学製品に次ぐ、
「第3の基幹産業」という位置づけ
なのです。

当然、日本にとっても観光は有益な
産業で、その潜在能力を生かすと、
日本経済を活性化する可能性を
十分に秘めています。

本書には、現状分析と日本が観光先進国に
なる方法論が理論的かつ具体的に提案
されています。

現在、観光業に関わっている方もいない方も
ぜひ読んで欲しい一冊だと思います。

 第1章 日本の「実力」は、こんなものじゃない
 第2章 「どの国から来てもらうか」がいちばん大切
 第3章 お金を使ってもらう「魅力」のつくりかた
 第4章 自然こそ、日本がもつ「最強の伸び代」
 第5章 「誰に・何を・どう伝えるか」を
    もっと考えよう
 第6章 儲けの9割は「ホテル」で決まる
 第7章 観光は日本を支える「基幹産業」

この本から何を活かすか?

アトキンソンさんは、観光において日本には
「地の利」があると指摘まします。

それは、国際観光客は、隣国へ旅行した
ときよりも、遠い国へ旅行したときのほうが、
より多くのお金を落とす傾向があるから。

  「欧州やアメリカという、ただでさえ観光に
  お金を使う傾向のある人々が “遠方” に
  いるというのは、日本にとって非常に大きな
  プラスと言えるでしょう。」

更に、本書では具体的なターゲットとしては、
フランスではなくドイツを挙げていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方

満足度★★★
付箋数:21

オトバンクの上田さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

  「本書は『ONE PIECE』を2つの読み方
  (ヤンキー読み・オタク読み)で紐解きながら、
  ヤンキーとオタク双方の思考や傾向を理解し、
  今の社会で求められる “フラグセッター” に
  近づく試論だ。チームマネージャーや
  人事採用担当、新規事業を計画中の人には
  特に読んでいただきたい。きっとチーム
  ビルディングやチームマネジメントに
  ついての新しい気づきがあるはずだ。
  また、純粋な『ONE PIECE』ファンの方にも
  『ONE PIECE』という作品の底知れぬ
  懐の深さを再確認できる内容となっている。
  もちろん『ONE PIECE』未読の方は
  これを機会に是非。」

マンガを介したコミュニケーションを
テーマに掲げて、イベント、ワークショップ、
執筆、選書といった活動を行っている
「マンガナイト」というユニットがあります。

本書はそのマンガナイトの代表を務める
山内康裕さんらによる、『ONE PIECE』から
チームビルディングの秘訣を学ぶ本です。

国内累計発行部数が3億5000万部を突破して
国民的マンガとなっている『ONE PIECE』。

本書は、『ONE PIECE』を掲載している
週刊少年ジャンプ編集部が監修を務める、
言わば「お墨付き」を得た本です。

本書の『ONE PIECE』を読み解く
切り口は、「ヤンキー」と「オタク」です。

本書で言う「ヤンキー」とは、
仲間との絆や尊敬する人への恩義を
大切にする人。

このタイプは自分をそのまままること
受け入れてくれる人やコミュニティを
求めます。

『ONE PIECE』に登場するキャラでは、
ルフィを筆頭に、サンジ、ナミ、エース、
などの恩義に厚く仲間重視の熱血タイプが
ヤンキーに当てはまります。

一方、「オタク」とは、多様性や自分の
関心ごとを重視します。

なにごとにも情より、理由と理屈を求め、
わが道を行くタイプです。

『ONE PIECE』では、ロビン、ゾロ、
ウソップ、チョッパーなどがこちらの
タイプです。

そして、ヤンキーの特質とオタクの特質の
両方が入り混じったタイプを
本書では「おたやん」と呼びます。

仲間を大切にして集団を引っ張る
ヤンキー的な部分と、特定の分野を
極めつつも幅広い視野で物事を考える
オタク的思考のバランスがとれている
タイプです。

フランキー、ブルック、シャンクス
などがこのタイプに該当します。

本書では、うまくチームが動くバランスは、
「ヤンキー:オタク:おたやん=5:3:2」
ぐらいがちょうどいいと分析します。

そして、ヤンキー、オタク、おたやんの中から、
チームのリーダーとなる「フラグセッター」
と呼ばれるキーパーソンを作ることが、
本書が目指すチームビルディングの鍵です。

  「フラグセッターはヤンキーとオタクの
  領域を自由に横断しながら、社会変革のために
  目的地に旗(フラグ)を立てる(セット)
  役目を担う新しいタイプのリーダー像だ。」

『ONE PIECE』の中では、もちろんルフィが
フラグセッターです。

本書では、フラグセッターが中心となって、
個性的なメンバーをまとめ、麦わらの一味の
ような、結束が強くパフォーマンスが高い
チーム作る方法を学びます。

集英社から刊行されている本なので、
本書には『ONE PIECE』の名シーンが
ふんだんに使われています。

『ONE PIECE』ファンにはたまらない一冊。

ヤンキー・オタク診断シートも掲載されて
いるので、自分がどちらのタイプなのか
確認してから読み進めることができます。

この本から何を活かすか?

ルフィの兄で、白ひげ海賊団二番隊長を
務めたエース。

『ONE PIECE』の中でも人気のキャラですね。

本書では、第57巻552話P20より白ひげの
制止を振り切って、けじめをつけるために
エースが船を飛び出すシーンを掲載。

仲間のために動こうとするヤンキー的な
特徴を持つキャラとして解説されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多動力

満足度★★★
付箋数:18

  「 “多動力” とは何か。
  それは、いくつもの異なることを同時に
  こなす力のことを言う。しかし、 “多動力” 
  のある人は、次から次に、興味が移って
  しまい、まったくもって落ち着きがない。
  モノは忘れるし、なくすし、不注意で
  怪我だってする。やるべきことをしていない
  のに、やりたいことばかりしてしまう。
  (中略)
  この “多動力” 。
  かつては、マイナスでしかなかったかも
  しれない。 “多動力” を仕事に生かす場面は
  少なく、おかしな人だと思われていた
  はずである。しかし、これからの時代は
   “多動力” こそが最も必要な能力だ。」

堀江貴文さんは、興味を持ったことがあれば、
次から次へと手を出していきます。

興味を持ったら、サルのようにハマります。
しかし、あっさりと飽きてしまいます。

このハマって飽きるを、ひたすら繰り返す
ことが「多動力」の源泉です。

日本には「石の上にも三年」ということわざが
あるように、1つのことをコツコツ続ける
ことが美徳とされていました。

しかし、堀江さんは時代は変わったと言います。

  「寿司屋の修行なんて意味がない」

なぜ、コツコツやるよりも、興味のあることに
次から次へと手を出す方がいいのでしょうか?

それはインターネットが、これまであった
「タテの壁」をなくしていくから。

これまでのほとんどの産業は、
垂直分業型モデルで成り立っていました。

そのモデルを壊して、インターネットが
もたらしたのは、水平分業型のモデルです。

  「あらゆる産業のタテの壁が溶けていく、
  かつてない時代に求められているのは、
  各業界を軽やかに超えていく “越境者” だ。
  そして、 “越境者” に最も必要な能力が、
  次から次に自分が好きなことをハシゴ
  しまくる “多動力” なのだ。」

堀江さんは、多くの日本人は「バカ真面目」
の洗脳にかかっていると言います。

それは言い換えると、「全部自分でやらなきゃ
いけない症候群」です。

例えば、本はゴーストライターに書いて
もらった方が良く、弁当を手作りするよりも、
冷凍食品を並べた方がイイと言います。

手を抜けるところは手を抜いて、
自分の貴重な時間は、自分の強みが
一番発揮できる仕事に集中するためです。

そして、他人から奪われていた自分の時間を
取り戻し、好きなことだけ、楽しいことだけを
どんどんやるのが多動力のある働き方です。

  「多動力を身につけると、 “仕事” も “遊び” 
  も、次第に境目がなくなり、1日24時間が
  ワクワクで埋め尽くされる。目的なんか
  なくなり、ただ夢中で日々を過ごすことに
  なる。
   “多動力” は大量の仕事をこなすための、
  技術ではない。命が果てるまで、1秒残らず
  人生を楽しむための、生き方である。」

本書で説かれているのは、まさに堀江さんの
生き方そのものです。

誰もが堀江さんのような生き方ができるとは、
限りません。

しかし、これからの時代、堀江さんのような
生き方をするのも1つの選択肢だと思えました。

 第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
 第2章 バカ真面目の洗脳を解け
 第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
 第4章 「自分の時間」を取り戻そう
 第5章 自分の分身に働かせる裏技
 第6章 世界最速仕事術
 第7章 最強メンタルの育て方
 第8章 人生に目的なんていらない

この本から何を活かすか?

堀江さんは、本書で「質問力」がない人の
5つの特徴を挙げています。

  1. FAQレベルの愚問を何度も聞いてくる
  2. 論点がごちゃまぜになっている
  3. 前提条件がはっきりしない
  4. 不要な情報をダラダラと説明する
  5. 答えてほしい内容がすでに決まっている

この5つの特徴に陥らないように、
明確に簡潔に聞く習慣を身につけていくと
質問力は上げることができるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT