活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

日本人のためのお金の増やし方大全

満足度★★★
付箋数:22

  「偉大なる国、日本の投資家の皆さん、
  富の探求者のみささんへ
  このたび、フォレスト出版から、ベストセラー
  となった私の著書、『Multiple Streams of
  Income』の日本語版が出版される運び
  となったことを、大変に光栄に思います。
  北アメリカをはじめ、世界各国の大勢の
  方々が、本書や、私の他のベストセラー著書
  を読んで、続々と億万長者の仲間入りを
  しています。日本の皆さんにもぜひ、
  経済的繁栄を達成するために本書を活用
  していただきたいと、切に願う次第です。」

このように語るのは本書の著者、
ロバート・G・アレンさん。

このたび、日本語版が出版される運びと
なったと言っていますが、実は今回が初めて
ではありません。

以前の本は同じフォレスト出版から出ていた
ロバート・アレンの実践億万長者入門
です。

15年以上前に書かれた本であるため、
古くなった内容をリニューアルすると同時に、
アレンさんが取材して、日本の社会システム、
ビジネスモデルに則した内容に改訂されています。

読んでいて、非常に懐かしく思いました。

細かい部分は覚えていないので、どこがどう
変わったかは比較できませんが、今の日本の
実情に合わせた内容になっています。

かつて、私は旧版の『億万長者入門』を読んで、
経済的自由を得るために、「投資マウンテン」
への投資を始めたことを思い出しました。

さて、細かなテクニックはさておき、
本書のメインメッセージは、一生続く複数の
お金の流れをつくることにあります。

お金の流れには「それきり型」と「一生型」
の2種類ありますが、本書が目指すのは、
もちろん「一生型」の方です。

では、どのようにして「一生型」のお金の流れ
をつくるのでしょうか?

  「経済的自由をもたらす3つの巨大な山
  (マウンテン)があります。3つの山は
  それぞれ独自の特徴を持っています。
  そしてそれらは3つとも、あなたの将来の
  経済的成功にとって非常に重要なものです。
  この山脈全体へ投資することで、分散投資の
  安全性が得られると同時に、もっとも有効な
  マネー・メイキングのチャンスに常時
  アクセスしていることが可能になるのです。」

一生型のお金の流れを作る3つのマウンテンは
以下の通りです。

 1. 不動産マウンテン

  不動産マウンテンには収入は2種類あります。

  1つは長期で優良な不動産を買って、
  家賃収入のキャッシュフローを得ること。

  もう1つは、抵当流れと転売で稼ぐことです。

 2. 投資マウンテン

  このマウンテンでは、インデックスファンド
  への投資が推奨されています。

  「株式のインデックスを毎月一定額、
  長期に購入することが最善であるわけですが、
  日本では最近iDeCo(イデコ)という
  個人年金商品が売り出されました。
  これは究極の長期投資と言える内容です。」

 3. マーケティング・マウンテン

  このマウンテンには4つの流れがあります。

  ・情報ビジネス
  ・インターネット
  ・パーソナルフランチャイズ
  ・ライセンシング

特に「不動産マウンテン」と「マーケティング
・マウンテン」に多くのページを割いている
のが本書の大きな特徴です。

どれか1つのお金の流れに依存するのは
リスクがあるので、これらを組み合わせる
ことで、お金に関する不安を解消します。

この本から何を活かすか?

本書の最終章では、稼ぐことではなく、
「分かち合う」ことについて書かれています。

  「複利によってお金がどれくらい大きな額に
  成長するかを知ってください。そのお金で
  あなたも世界に大いなる貢献をすることが
  できるはずです。偉大な慈善家たちが
  行ってきたことを、あなたにもぜひやって
  いただきたいのです。」

我が家でも収入の一定額を寄付するように
していますが、確か本書のオリジナル版を
読んだ頃から始めた記憶がありますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント

満足度★★★
付箋数:23

マネージャーは、管理職という立場です。
つまり「管理」するのが仕事。

しかし、日本語の「管理」には、英語で言う
ところの3つの意味を含んでいます。

 ・Management(やりくり)
 ・Control(統制)
 ・Administration(事務執行)

  「どうも日本でいうところの “管理職” や
   “マネジメント職” は、このすべてを1人の
  人に求めがち。そして、機能不全に陥りがち。
  この3つに求められる要件も違えば、
  遂行に必要なスキルもメンタリティも
  異なります。1人で全部できなければ、
  役割分担すればいいのです。」

日本のマネージャーが忙しい原因の1つが、
この3つを1人ですべてやろうとしている
ところにあるようです。

本書は、18万部を超える「問題地図」シリーズ
の一冊。

著者は、あまねキャリア工房 代表の
沢渡あまねさんです。

今回は、マネージャーが1人で頭を抱える状況
を解き明かし、解決策を示します。

沢渡さんは、まず、マネジメント不全と
おさらばするために、「3つの割り切り」が
必要であると説明します。

 1. プレイングマネージャーは「仕方ない」

 本来はマネジメント業務に専念したい
 ところですが、多くの組織においては、
 プレイングマネージャーになってしまうのは、
 ある意味、仕方のない事象。

 それを前提としたマネジメントを考える
 必要があります。

 2. 「マネージャーは何でもできなければ
   ならない」を捨てる

 これがマネージャーを追い詰め、機能不全に
 追いやる原因となります。

 また、マネージャーになりたがる若手も
 減らします。

 自分で何でもやろうとせず、割り切って、
 部下や派遣社員に任せることが必要です。

 3. 自分たちだけでやろうとしない

 マネジメントの一部を外注して
 やってもらうのもありです。

 マネージャーに求められる役割は、
 年々増しているので、手が回らず放置する
 くらいないら、外の力を借りてでも前進
 すべきなのです。

そして、本書ではマネージャーが陥りがちな、
次の7つの問題を解決します。

  1丁目 モヤモヤ症候群
  2丁目 何でも自分でやってしまう
  3丁目 コミュニケーション不全
  4丁目 モチベートできない・育成できない
  5丁目 削減主義
  6丁目 気合・根性・目先主義
  7丁目 チャレンジしない

これらの問題の中でも、組織の最大の敵と
なっているのが、1丁目の「モヤモヤ」です。

ビジョンやポリシーが見えない、
目的が見えない、優先度がわからない、
役割や期待が見えない、責任範囲があいまい

こういったモヤモヤが職場で漂っていると、
組織の生産性が下がり、チームメンバーの
モチベーションも下がります。

人は情報が与えられないと、不安になり、
それが不満を生み、やがて不信に変わります。

見えないものを見えるようにする。
それが組織のマネジメントの第一歩です。

メンバーが迷走しないよに、仕事の目的を
明確にすることが、まず、マネージャーには
求められます。

本書を読むと、どこから手を付けていいか
わからなかった複雑な状況が、紐解かれ、
マネージャーのやるべきことが見えてきます。

チームメンバーの力を借りながら、
チームを成長させるヒントが示されている
と思います。

この本から何を活かすか?

マネージャーは「ピンチヒッター要員」に
すぎないと心得る。

  「自分が手を下さずとも、日常業務は
  メンバーが動いてくれれば回る。
  部課長は、マネジメント業務に徹する。
  ただし、部下が休んだときには代わりに
  フォローできるよう、最低限の進捗は
  把握しておく。部下がどんな仕事を抱えて
  いるのかを知っておく――それができれば、
  部下も安心して休めますし、無駄に
  がんばりすぎずにすみます。」

これが目指すべき理想的な状態ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 08:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小西美穂の七転び八起き デコボコ人生が教えてくれた笑って前を向く歩き方

満足度★★★
付箋数:24

日経ビジネスの日野さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

  「何度転んだって大丈夫!
  よーく周りを見渡せば、起き上がる方法が
  きっと見つかる。そして、デコボコの道を
  走り続けたあなたの経験は、あなたにしかない
  力となって、あなたをずっと助けてくれる。
  ええかっこをする必要はありません。
  あなたが、あなたらしくあればいい。
  進む道も歩き方も、人それぞれなのだから。
  そして、変わることを恐れないで。
  新しい自分に出会い続けることが、
  人生の楽しみとなって、仲間を増やして
  いきます。走り続けた道の途中でふと
  周りを見渡せば、すぐ近くに、かけがえの
  ない宝物がいくつも見つかるはず。」

本書は、日本テレビの報道番組「news every.」
でキャスターを務める、小西美穂さんの半生を
綴った本です。

日経ウーマンオンラインに連載の
「小西美穂の七転び八起きのキャリア美学」
をベースに書かれています。

昔から比べて、男女の不平等は減ったものの、
働く女性が抱える悩みは小さくありません。

むしろ時代と共に多様化して、簡単には
解決できない問題も増えています。

仕事ではセクハラやパワハラに遭うこともあり、
家庭では子育てだけでなく、親の介護の問題も
抱えていることがあります。

そんな厳しい環境で働く女性を元気にしたい
という思いで、小西さんは本書を執筆しました。

小西さんは、「news every.」に出演し、
「ナゼナニッ」のコーナーを担当しています。

その日のニュースで扱った重要度が高い
内容を一歩踏み込んで解説しています。

私は、このコーナー、結構わかりやすくて
好きです。

誤解されることが、よくあるそうですが、
小西さんはアナウンサーではありません。

正式な肩書は、キャスター兼解説委員です。

キャスターという肩書を見ると、
非常にスマートな印象があります。

しかし、小西さんのキャリアは、
異例だらけで決して順風満帆とは言えない、
泥くさいチャレンジの連続だったようです。

小西さんは、これまでの半生を振り返って、
「七転び八起き」というタイトルをつけました。

  「 “七転び八起き” とは、私の30年近い
  キャリア人生を振り返った時に、一番しっくり
  とくる言葉。
  転がって、つまずいても、また起き上がる。
  また転んで、起き上がる。
  この繰り返しで、今の私はできています。」

私が、小西さんの魅力として感じるは、
ナチュラルさと我武者羅さとという相反する
性質を併せ持っていることです。

すごく不思議な感じがしますが、本書を読むと
これまでのキャリアから身につけたものだと
いうことがわかります。

  第1章 キャリア論
     「自分にしかできない仕事」をつくる
  第2章 チーム力
     声をかけて、仲間の力を引き出す
  第3章 突破力
     長くて暗いトンネル、どう抜け出す?
  第4章 ノート術
     気持ちを吐き出して、前を向く習慣
  第5章 婚活法
     魅力豊かな女性に生まれ変わるには
  第6章 友情論
     時には時間が女の友情を育む
  第7章 家族力
     いつか訪れる親の介護や看病、死別

小西さんの人生のイイときも、悪いときも
書かれているので、「どう生きるべきか?」
ということを考えさせられます。

しかし、読後は、何かが吹っ切れる感じがして、
「よし、また明日から頑張ろう」と思えるはず。

ちょっと行き詰まっている時に読むと、
また前を向いて歩き出す力を与えてくれます。

本来は女性向けに書かれていますが、
男性が読んでも元気が出る本だと思います。

この本から何を活かすか?

小西さんは、2つのノートを書いています。

1つは、気持ちを吐き出す「発散ノート」。

自分の中に湧き上がった誰にも言えない
ネガティブな感情を吐き出すために書きます。

もう1つは、成長を促す「改善ノート」。

こちらは自分だけの学びのエッセンスを
凝縮した、世界に1冊だけの自分の参考書。

この2冊でバランスを取るといいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いま君に伝えたいお金の話

満足度★★★★
付箋数:24

  「この本は、僕が日本に帰るたびに各所で
  行っている “お金の授業” を通じて見えた、
  日本の子どもたちと “お金” の関係をもとに、
  みんなが知りたがっていたこと、
  僕が伝えたいと思ったことを書いています。」

ここで「お金」について語る「僕」とは、
本書の著者、投資家の村上世彰さんです。

村上さんは現在、シンガポール在住で、
たまに日本に帰ってきたときに、
子ども向けに「お金の授業」を行っています。

本書はその内容をベースにまとめたもの。

  「この本では、そもそも “お金って何だろう” 
  というところから、お金を稼ぐ方法、
  使い方といった、お金との付き合い方、
  そしてお金の持つ力について話します。
  お金の使い方としては、 “自分の幸せのために
  使う” ことと、 “社会や人のために使う” 
  ことのふたつを紹介しています。」

村上さんは、ファンドマネージャーとして
活躍していた頃、「もの言う株主」として
恐れられていました。

そして、2006年にニッポン放送株式の
インサイダー取引の容疑で逮捕されます。

ですから、世間的には「お金に汚い悪い奴」
といったイメージがあるかもしれません。

  「残念ながら、日本では “お金=汚いもの” 
   “お金=悪いもの” という感覚が広く
  根づいています。メディアでも、お金を
  たくさん稼ぐことが “悪いこと” のように
  報じられることが多々あります。
  僕自身が批判の対象になったときには
   “日本ではこれほどまでにお金のイメージが
  悪いのか” と改めて海外との違いも感じました。
  いまだに僕は、その違和感を抱いています。」

日本では、額に汗して働くことこそが正しく、
投資で儲けるなんて良くないと思っている方が
多いのでしょう。

ですが、私は村上さんの「お金」や「投資」に
関する考え方に、かなりの部分で同意します。

2017年に刊行された、村上さんの著書、
生涯投資家』についても当ブログの記事で
激賞させていただきました。

本書のお金の話しも、できるだけ多くの
日本の子どもに読んで欲しいと思います。

  1 お金って何だろう?
  2 お金と世の中の関係
  3 君がお金を手にする方法
  4 働き方が大きく変わる
  5 稼いだお金を貯めて増やす
  6 お金と向き合うための覚悟
  7 とっておきのお金の使い方

読者の対象としては、小学生から高校生ぐらい
までを想定して、平易ば文で書かれています。

ただ、私は本書を「日本の大人は、
どれくらいわかっているのだろうか?」
と思いながら読みました。

もし、本書を読んで得るものはないと
感じる人がいるとすると、それはお金の
表面的なことだけを知って、わかったつもりに
なっているのではないかと思います。

村上さんが本書で語っていることを、
ある程度の年数をかけて実践できていれば、
今現在、お金には困っていないはずです。

働かなくても、食べていけるだけのお金を持ち、
一定の額の寄付もできていることでしょう。

もし、あなたがそのようになっていなければ、
大人であっても本書を読んで、実践して欲しい
と思います。

私のお金に関する座右の書は本多静六さんの
私の財産告白』ですが、本書はそれに
通ずるものがありました。

村上さんは、本書で稼ぐお金の「2割貯金」
を推奨していますが、本多静六さんは
「2割5分(4分の1天引き)貯金」を
推奨しています。

この本から何を活かすか?

村上さんが株式投資をする上で、もっとも重視
してきたのが「期待値」という考え方です。

  「期待値とは、儲かる確率のこと。
  100円である株を買ったときに、将来それが
  300円になる可能性はどれぐらいか、
  逆に50円になってしまう可能性はどれくらいか、
  ということを自分なりに一生懸命考えて、
  期待値を割り出します。」

この期待値を割り出す感覚を鍛えるために、
日常生活でできる訓練として紹介されいたのが、
ポーカー、じゃんけんゲーム、31ゲーム、
七並べなどのゲームです。

また、お金に強くなるゲームとしては、
「村上家版ゴチになります!」という
食事代当てゲームが紹介されていました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法

満足度★★★
付箋数:24

この本を読んで真似をしても、残念ながら、
あなたは河野玄斗さんにはなれません。

しかし、少なくとも目標を達成する成功率は
上がると思います。

日本テレビの「頭脳王」で優勝して、
有名になった河野玄斗さん。

東大医学部在学中に司法試験にも一発合格し、
英検も数検も1級を取得している天才です。

「神脳」というキャッチフレーズも、
決して大げさではないような気がします。

その上、ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
ベスト30入りするようなイケメンですから、
マスコミが彼を放って置くわけはありません。

河野さんは、どのように勉強して「天才」
になったのか?

本書では、紙面の許す限り詳しく、
河野さんが自身の勉強法を公開しています。

  「執筆にあたっては、本書がみなさんの
   “勉強大全” となるよう、勉強に必要なすべて
  を網羅的に、かつ、詳しく記したつもりです。
  その際、TwitterやInstagramのDM(ダイレクト
  メッセージ)等でいただいた質問も大いに
  参考にして、みなさんの悩みが多かった
  内容については特に厚く扱いました。」

本書を読んでわかったのは、河野さんが、
ものすごく勉強が好きだということです。

勉強することが、河野さんにとっては、
他の人にとって、漫画を読んだり、
音楽を聞いたり、スポーツをするのと
同じように楽しいことなのです。

そして、勉強することのメリットがわかった
上で、効率よく勉強しているということ。

それは河野さんが以前に、Twitterで発言した
考えに象徴されています。

  「1000時間勉強して将来の年収が100万円
  上がる場合、勉強の時給は100万円×40年
  ÷1000時間=時給4万円になるよ。
  なんでみんなそんなに勉強しないの?」

勉強することが、河野さんの「幸福の最大化」
につながっているのです。

小さい頃から、そういった考えで勉強し、
かつ、勉強する環境も整っていたことが、
天才を作った要因なのでしょう。

では、具体的には、どのような勉強法を
しているのでしょうか?

本書で1つの章を割いて説明されていたのが、
効率を極限まで重視した「逆算勉強法」です。

逆算勉強法のステップは以下の通りです。

 1. 目標を知って具体的なゴールを設定する
 2. ゴールまでにやりたいことを決める
 3. やるべきことをスケジュールに落とし込む
 4. 実践する
 5. 進み具合を定期的に確認する

実践の手順は、奇をてらったものではなく、
非常にありふれたものです。

ノウハウがあるとすると、「実践する」の
パートだと思います。

河野さんは、アウトプットを重視して、
勉強しています。

その比率は、インプットが2~3割に対し、
アウトプットが7~8割です。

そのためには、インプットをいかに速く
回すかがカギとなります。

また、アウトプットの方法としては、
「誰かに教える」ことが推奨されていました。

本書では、友達を相手にアウトプットする
ことが勧められています。

私の記憶では、テレビ番組に出演したときに、
母親を相手にアウトプットしていたという
エピソードが披露されていたと思います。

学校では友達を相手にして、家に帰ってからは
親を相手にしていれば、「誰かに教える」
時間は十分に確保できているのでしょう。

本書の後半では、高校・大学受験の科目別
勉強法、そして司法試験対策のノウハウが
紹介されていました。

個人的には、トコトン勉強好きになることが、
河野さんに近づく一番の鍵だと感じました。

この本から何を活かすか?

  「具体と抽象を行き来して理解を加速する」

私は、具体と抽象を行き来できることが、
頭の良さの1つの要素だと思っています。

河野さんは、勉強でそれを実践しています。

  「重要なのは、 “具体的な問題” はたくさん
  あるけれども、それらの問題は “同じような
  考え方・知識を用いて解くことができる” 
  という共通点でまとめることができる
  ということです。」

勉強の際に「要するにこういうことでしょ」
を常に意識しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT