活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全


プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全

満足度★★★
付箋数:19

  「結論から言いましょう。 “スティーブ・
  ジョブズのようなプレゼン力をすべての人に
  提供する” 、私はそれを目指しています。
  つまり、この本は “プレゼンで革命” を
  起こすために書きました。
  こう思うことはないでしょうか。
   “なぜ、あの人が話すと心が動くの
  だろう?” と。」

本書は、タイトルの通り、プレゼンのときに
使う、気の利いた語彙・フレーズ集です。

プレゼンだけでなく、会議の際や営業でも
使えます。

本書で紹介される語彙を使っても、
中身自体が良くなるわけではありません。

しかし、ピンポイントで聴衆の関心を集め、
聞きたいと思わせる、力のあるフレーズが
紹介されています。

著者の下地寛也さんはコクヨ株式会社の
トップコンサルタント。

下地さんは、プレゼンが上手い人の共通点は
「相手の心に響く言い回し」をたくさん
知っていることだと分析しています。

あなたは、「相手の心に響く言い回し」を
いくつ持っていますか?

自分のものとして使いこなしている
フレーズが5個以下の人は、注目です。

本書で紹介されている100個のフレーズの
中から、シックリくるのを選びましょう。

そのまま、パクって使えば、次の瞬間から、
あなたのプレゼンは、洗練されていて、
注目を集めるものに変わることでしょう。

実は、冒頭で紹介した「はじめに」の
下地さんの言葉は、本書の言い回しを
寄せ集めて作ったものです。

  「 “プレゼンの語彙力” は誰でも身につき、
  すぐに使えるスキルなんです。
  本書で解説している言い回しの全体像は
  7つの視点(自信・興味・驚き・納得・
  信頼・共感・決断)で構成しています。
  この7つの視点と具体的な例を覚えて
  いただくだけでもあなたのプレゼン
  スキルはグッと高まり、ビジネスに
  おける成果は何倍にもあがるはず!
  と確信しています。」

例えば、本書で紹介されてる言い回しは、
こんな感じです。

自分たちが目指しているサービスの
将来像を伝えるとき。

「このサービスを世界一に育てましょう」
とは言いません。

壮大な敵をライバル視して、より具体的に
イメージできる言い方に変えます。

「グーグルを一緒にやっつけましょう!」
と言います。

ライバルのスケールが大きければ、
大きいほど、聞き手はスゴイと思う
ようです。

本当にそのライバルを倒せるかどうかが、
重要ではありません。

自分の志が高いことを示すのが目的。

ライバルとして名前を挙げる会社は、
人気があってスケールが大きなところを
選ぶのがポイントのようです。

本書では大人気キャラクター「けたクマ」
がイラストとして挿入されています。

そのため、お堅いビジネス書ではなく、
楽しく(半分冗談のように)読むことが
できます。

正直、フレーズ集のため中身が濃い本とは
言い難いですが、すぐに使える即効性が
本書の最大のウリです。

 第1章 「自信を示す」言い回し
 第2章 「興味を引く」言い回し
 第3章 「驚きを与える」言い回し
 第4章 「納得感を高める」言い回し
 第5章 「信頼させる」言い回し
 第6章 「共感を得る」言い回し
 第7章 「決断を促す」言い回し

この本から何を活かすか?

本書から、私がすぐに使おうと思った
フレーズをいくつか紹介します。

 ・「これこそ○○革命なんです」

 ・「残念な人は大抵○○してしまうん
  ですね」

 ・「ドラッカーも、こう言っています」

 ・「ベストな方法がないときでも、
  ベターな方法を試すべきです」

 ・「今日の話を聞いただけで皆さんの
  変化はもう始まっています」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

睡眠の常識はウソだらけ


睡眠の常識はウソだらけ (フォレスト2545新書)

満足度★★★
付箋数:21

フォレスト出版の三上さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

  「この本は、あなたが今までの人生で、
  真実と信じてきたものを “あ、それウソだよ” 
  と言って否定する本です。
  1日6時間であれば人生の4分の1・・・、
  1日8時間であれば人生の3分の1を占める
  睡眠時間を否定するわけですから、
  もしかしたら自分自身の人生そのものを
  否定されているように感じる読者も
  いるかもしれません。」

本書の著者、堀大輔さんは、1日45分以下
の時間しか眠らないショートスリーパー。

もともと1日8時間以上眠るロングスリーパー
だったそうですが、7年かけて試行錯誤を
繰り返し、ショートスリーパーになった
そうです。

今では、日本ショートスリーパー育成協会
という組織を立ち上げています。

世間一般では、睡眠時間が6時間以下でも
活動に支障がない人をショートスリーパー、
10時間を超える睡眠が必要な人のことを
ロングスリーパーと呼びます。

しかし、本書でのショートスリーパーの
定義は睡眠時間ではありません。

次の4つの項目をコントロールできる人を
ショートスリーパーと呼びます。

 1. 入眠に悩まない
 2. 睡眠時間をコントロールして、
  自分の理想の睡眠時間を眠ることができる
 3. 起床に苦しまず、爽快に目覚める
 4. 日中の眠気をコントロールし、
  集中すべきときは集中し、寝たいときは
  眠気を発生させることができる

私は、この定義に、ほぼ当てはまるので、
ショートスリーパーと言えます。

また、朝は4時頃起きて、夜は10時半以降に
寝るので、1日の睡眠時間は5時間半程度。

一般的な定義でも、ショートスリーパー
気味なのでしょう。

さて世間では、睡眠時間が短いと健康に
良くないと言われます。

本書ではその常識を覆し、睡眠時間が長いと
逆に、健康に良くないと主張します。

  「今まで無条件に睡眠が身体にいいと
  思いこんでいたのは、天動説を信じている
  ようなものです。(中略)
  しかし、睡眠はこれとは話が違います。
  今まで、そしてこれからの人生で3分の1、
  4分の1の時間を費やす行動が、間違った
  常識に基づいた行動だなんて残念すぎ
  ませんか。」

では、睡眠は私たちの身体にどのような
害を及ぼすのでしょうか?

  ・睡眠時は、体温が1度低下、免疫力も低下
  ・睡眠時は、代謝が低下
  ・睡眠時は、酸素が不足する
  ・睡眠時は、水分量が低下する
  ・睡眠時は、血流が低下する

これは、身体への害というより、
身体の状態を言っているような気がします。

一方、これまで世の中で信じられてきた、
睡眠研究の怪しさも指摘します。

例えば、短時間睡眠は早死するという
研究は、ショウジョウバエでの実験結果
しかないこと。

その研究で使用されたショウジョウバエは、
薬物で突然変異を起こしショートスリーパー
にさせているそうです。

そのため、人間の睡眠時間を語るうえで
参考にできるか疑わしいようです。

では、なぜ、世間では「寝ないとまずい」
という常識が刷り込まれているのか?

堀さんは、製薬・医療業界が、
私たちの不安を煽っていると指摘しています。

正直、どれが事実かわかりません。

しかし、私も20年以上、毎日6時間以下の
睡眠を続けているので、本書に書かれている
内容が正しいことを願います。

この本から何を活かすか?

ちなみに、本書にはショートスリーパーに
なるためのノウハウは書かれていません。

ショートスリーパーになるための方法は、
堀さんの前著、『できる人は超短眠!
に書かれているようです。

ショートスリーパーになるためには、
これまで持っていた、睡眠への常識を
捨てるのが、第一歩。

本書は、その常識を引き剥がす役目を
担っています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知的生活の設計 ― 「10年後の自分」を支える83の戦略

満足度★★★★
付箋数:25

あなたは、2019年のNew Year's resolutionを
決めましたか?

すでに決めた人も、まだ決めていない人も、
この本を読んでから1年をスタートさせた方が
いいかもしれません。

なぜなら、本書を読むと今年1年だけでなく、
10年後の人生が変わってくるからです。

本書は、10年後を見据えて、今できることを
まとめた本です。

著者はLifehacking.jpを運営している
研究者・ブロガーの堀正岳さんです。

前著『ライフハック大全』では、5分で人生を
変えるハックの数々を紹介していましたが、
本書では、長期的な視点で書かれています。

ポイントとなるのは、2つの考え方です。

1つ目は、「知的生活」を積み上げる
という考え方です。

知的生活とは、新しい情報との出会いと
刺激が単なる消費にとどまらず、
新しい知的生産につながる生活のこと。

それを継続し、徐々に積み上げていきます。

  「1冊の本や情報との出会いを楽しみながら、
  それが積み上がることで生まれる “方向性” 
  について意識的であることによって、
  私たちの生活を単なる “情報の消費の
  繰り返し” ではない、 “成長する旅路” に
  変えることができます。」

2つ目は、「設計」という考え方です。

これは、どのように知的生活を送るかの
フレームワークで、次の5つのポイントが
挙げられています。

 1. 自分の「積み上げ」を設計する

  1日の活動時間や読書量などを10年後の
  蓄積を想定して設計します。

  長い目で見て価値を生み出す毎日の
  習慣を作ります。

 2. パーソナルスペースを設計する

  端的に言うと「書斎」のことです。

  書斎も長い目でみて、成長させることを
  念頭に置いて設計します。

 3. 発信の場所を設計する

  発信先として最も優れているのはブログ。

  日々の発信というフロー情報が、
  ゆっくりと蓄積してストック情報に
  変わっていきます。

 4. 知的ファイナンスを設計する

  収入の5%を知的投資に回し、将来的に、
  そこから知的生活を支えるための収入を
  得ることも想定します。

 5. 小さなライフワークを設計する

  心の琴線に触れた情報や感じた違和感を
  長い目で見た小さなライフワークを
  たくさん持ちます。

本書では、このように10年単位で考えて、
知的生活を送るための戦略を示します。

私が2007年から細々と始めたブログも、
10年以上が経ち、これまでに紹介した本も
既に3000冊を超えています。

堀さんが本書で勧めている知的生活を
実践している部分があったからこそ、
ここまで続けられているのだと実感しました。

新しい1年の最初に読むには非常に良い本
だと思います。

この本から何を活かすか?

  「場所があるからこそ、いつもの生活
  から知的生活へと移行するスイッチが入る
  わけです。」

本書では、デジタルとアナログが
バランスしたハイブリッドな「書斎」を
持つことを提案しています。

紙の書籍数に対する電子書籍数の割合
などにも言及されていたので、
この機会に我が家の書斎の環境も
見直してみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書

満足度★★★★
付箋数:25

仕事をストレスなく、順調に進めるためには、
何が大切なのでしょうか?

本書の著者、クリエイティブディレクターの
水野学さんは、「段取り」が鍵と言います。

水野さんは、くまモン、相鉄グループ、茅乃舎、
中川政七商店などのプロジェクトを手掛けた方。

何十件ものプロジェクトを同時並行で進める、
超人気クリエイティブディレクターです。

水野さんが、多くのプロジェクトを同時に
進められるのは、「段取り」をしているから。

  「 “段取り” という言葉は少し古くさいかも
  しれません。それでも、仕事においてとても
  大切なことです。仕事の目的を定め、
  きちんと計画し、あらゆる突発的なことも
  先回りしながら、時間どおりに実現させる。
  段取りがなければ、いつもバタバタして、
  日々トラブルが起き、プロジェクトは
  糸の切れた凧のようにどこに飛んでいくか
  わかりません。
  段取りは、仕事の “超基本” です。
  しかし、なぜか “段取りはこうするんだよ” 
  と学校でも会社でも教えてくれません。
  ならば “段取りの教科書” をつくろう、
  と思ったのがこの本を書きはじめた
  きっかけになりました。」

あらゆる仕事において、段取りが重要である
ことには、ほとんどの方が同意するでしょう。

しかし、水野さんは、次のようなユニークな
考えも示しています。

  「どんな仕事もぜんぶ “同じ” だと思って
  いるのです。(中略)
  実は “新しいこと” なんてそうそう起きない
  のです。もちろん突発的なことは
  起きますが、それも想定内です。」

はじめは、クリエイティブディレクター
らしからぬ発言だと思いましたが、
逆にクリエイティブな仕事をしている
からこそ、このような考えに至ったのかも
しれません。

クリエイティブな仕事であっても
全部同じなら、ルーティン化することが
できます。

段取りによって、仕事をルーティン化し、
余裕を持って仕事をするからこそ、
アウトプットのレベルが上がるのです。

そして、水野さんは、段取りをする上で、
最も大切なことは「想像すること」だと
説明しています。

仕事をするには、正しい目的地である
明確なゴール設定が必要です。

そのゴール設定のときに、ありったけの
想像力をつかって、未来の姿をリアルに
描くのです。

私が面白いなと思ったことは、ゴールを
言葉ではなく、ビジュアルを使って共有
する手法です。

グーグルの画像検索でイメージに合う
ビジュアルを探して、チームに共有すると
ゴールがブレなくなるようです。

そして、最終のイメージはビジュアルで
考えつつも、そこに行き着くところまでは、
ロジカルに説明できるようにしておくのです。

本書は、「段取り」という基本的なテーマ
を扱いながらも、水野さん独自の考え方が
示されていて、非常に興味深く読むことが
できました。

より質の高い仕事、生産性の高い仕事を
するために、本書のノウハウを試してみる
価値は十分にあると思います。

  第1章 段取りは「目的地」を決めるところから
  第2章 最高の段取りをするために
  第3章 目的地まで最短距離で進もう
     ――時間と効率化の話
  第4章 脳内に「空白をつくる」ために
     段取りをしよう
  第5章 目的地までチームで動こう

この本から何を活かすか?

なぜ、あらゆる仕事に「段取り」が
必要なのか?

それは、どんな仕事であっても
「時間」が限られているからです。

  「すべてにおいて、時間が “王さま” 」

いいものをつくるより、時間を守る
ことの方が大切だと水野さんは言います。

そして、完成したら世に出すのではなく、
「締切が完成」と考えるようです。

締切がない仕事があったとしても、
自分で締切をつくる必要があるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

姿勢も話し方もよくなる声のつくりかた――自然とみんなを惹きつける43のレッスン

満足度★★★
付箋数:20

  「あなたのよさを、一瞬で伝える方法が
  あります。けれど、こんな素敵で素晴らしい
  ことを、まだ多くの人が知らずにいる。
  だから、僕は非常に “もったいない” と
  思うのです。
  この本では、第一印象で好きだとか
  信頼できると思ってもらえるようなコツを
  伝授していきます。誰でも、すぐにできる
  ことばかりです。」

一瞬でよさを伝える方法とは、声の出し方と
姿勢の取り方を変えることです。

この2つは、舞台芸術の基本中の基本。

  「プロが “最初に叩き込まれる基本” を、
  この本では普段の生活に役立つよう、
  そして誰でもすぐに実践できるよう、
  大事なポイントだけギュッと凝縮して
  お伝えしましょう。」

著者の中西健太郎さんは、メディアトレーナー、
ボーカルディレクターとして活躍する方。

有名な歌手やキー局のアナウンサーなどを
トレーニングするカリスマトレーナーです。

本書では、自然と人を惹きつける声の
つくり方と、姿勢のとり方を、
43のレッスンで伝えます。

当ブログでは、9月12日の記事で
近藤名奈さんの『一流の人は、なぜ話し方
よりも「声」を大切にするのか
』を紹介しました。

この本も「いい声」を出すための本でした。

本書と共通して言っていたのは、人の体は
「楽器」と同じなので、いい声を出すためには、
「姿勢」が大事であるということ。

近藤さんの本を読んだときに信じなかった
訳ではありませんが、2人の専門家が同じことを
言っていると、「やっぱり、そうなんだ」と
確証が持てました。

  「基本の姿勢は、胸を張りすぎず自然に開いて、
  背骨にしっかり頭を乗せます。すると、音源
  (声帯)の下に空洞ができて、一番大きな空洞
  である胸腔が響きやすくなります。
  これだけでも、声の響きがぜんぜん違います
  ので試してみてください。さらに、口腔を
  響かせると、もっと声の響きは変わってきます。」

中西さんのレッスンでは、声を変えるような
指導は行いません。

その人に合った、声の出し方に導きます。

面白いと思ったのは、「陰陽思想」の二元論で
分類していることです。

陰とは、動きが少なく受動的な状態。
陽とは、動きが多く能動的な状態。

どちらが良いとか悪いとかではなく、その人の
魅力や個性、あるいは仕事の性質に合わせて、
陰または陽の声の出し方を指導します。

また、トレーニングすると、声を自分が
目指す場所に届けられるようになると
中西さんは言います。

例えば、体は前を向いたまま、声だけは
後ろにも届くように意識する。

そうすると、姿勢や声の響き方がずいぶん
変わってくるようです。

あと、歯磨きのときに、「ある場所」を
一緒に磨くと、発声の感覚が格段に良くなる
ことが紹介されていました。

その「ある場所」とは、口蓋(上あご)
歯茎、舌の3ヶ所です。

これらはデリケートな場所なので、磨くと
いうより、軽くトントン叩く程度に刺激すると、
周辺の感覚が敏感になり、発声をコントロール
しやすくなるそうです。

  第1章 みんなを惹きつける「声」の魔力
  第2章 気持ちいい声を出すための
     「姿勢」のレッスン
  第3章 気持ちいい声を出すための
     「呼吸」のレッスン
  第4章 印象が上がる話し方とは?
  第5章 魅力的な声になる4つのトレーニング

本書のレッスンは実践しやすいので、
あなたの第一印象をよく変えるための、
即効性がある本だと思います。

この本から何を活かすか?

近藤さんの『一流の人は・・・』では、
写真付きで姿勢のとり方を解説していました。

一方、本書で中西さんは、Youtube動画で
発声法、姿勢のとり方を解説しています。



本書用に8本の動画がアップされています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT