活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

超ヤバい経済学

2010年10月25日
経済・行動経済学 0
超ヤバい経済学
超ヤバい経済学
(2010/09/23)
スティーヴン・D・レヴィット スティーヴン・J・ダブナー 商品詳細を見る
 
満足度★★★★
付箋数:31

・売春婦が1人で働く場合、週給$325、平均プレイ回数7.8回/週
・ポン引き付で働く場合、週給$410、平均プレイ回数6.2回/週

  「あなたがシカゴ通りで立ちんぼやるなら、
  こんなにいいことばっかりのポン引きを使わない手はない、
  そんなふうに思える。手数料を払った後でさえ、
  ほとんどどの面でも条件が改善している。」

売春婦たちが提供するプレイの中で、
時とともに、価値が低下しているプレイ内容は何か?

そして、売春にも価格差別が働いている・・・

こんな驚きのデータの数々が登場する本は、
もちろん「成功する売春方法」を解説する本ではありません。

あの衝撃的だった「ヤバい経済学」の続編。

スティーヴン・D・レヴィットさんとスティーヴン・J・ダブナーさんが
4年の歳月を経て、満を持して世に送り出す自信作。

経済学的アプローチに、悪ガキみたいにヤバい好奇心を
掛け合わせるスタイルは、今回も健在です。

相変わらず過激で突飛な考えに、経済学的視点を加え
世の中のさまざまな問題を切りまくっています。

実際にこの4年の間に、世の中が少しずつ「ヤバい経済学」の考えに、
追いついてきたようにも感じましたが、
レヴィットさんとダブナーさんのお二人は、
以前にも増した鋭さで、再び私たちの常識をひっくり返します。

特に第5章の「アル・ゴアとかけてピナトゥボ火山と解く。
そのこころは?」は、本書が出版されるやいなや、
賛否両論、かなりの議論を巻き起こした様子ですが、
本書を読むとそれも納得。

また、冒頭で引用させていただいた第1章の
「立ちんぼやってる売春婦、デパートのサンタとどうしておんなじ?
-女やってるとどんだけ損かを追求する」なんて、
このお二人しか取り上げないテーマで、かなりユニークな内容です。

また、訳者の望月衛さんが、原書のテンションを損なわないよう、
かなりうまく翻訳しているのも素晴らしい。

望月さんの「訳者あとがき」も気が利いていて、
本書に登場する売春婦のアリーちゃんの素敵なお身体が
ちょっとだけ拝めるアドレスも紹介されていますね。

  ・Allie the Escort Answers Your Questions

この本から何を活かすか?

これも望月さん情報ですが、2010年2月にラジオ版ヤバい経済学
の配信がポッドキャストで始まったそうです。

  ・Freakonomics Radio

そして、こちらがThe Freakonomics movieの予告。


望月さんは、「天才数学者、株にハマる」や
まぐれ」、「ブラック・スワン」なども翻訳していて、
個人的には、望月さんの翻訳本にハズレなしという印象です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • ヤバい経済学 [増補改訂版]スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー 望月衛 東洋経済新報社 2007-04-27売り上げランキング : 888おすすめ平均 社会を一風変わった視点で分析する経済学インセンティヴがどう効くかを端的に示している文句なしに面白いAmazonで

    2010.11.13 (Sat) 08:39 | 1分で読んだつもり