活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド

2010年10月19日
読書法・速読術 0
世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド
世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド
(2010/09/15)
山田 玲子  商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:18

なんだろう、このブログ。
毎回、ビジネス書の内容を4コマ漫画にしてるのか!
すっ、スゴイ・・・
しかも、ポイントを押さえていてわかりやすい。

これが、勉子さんのブログ「女子勉」を
初めて見たときの、私の正直な感想です。

私にとっては、かなり衝撃的なファーストコンタクトで、
勉子さんのキャラが「ジンジャーブレッドマン」に
似ているな~と思ったのは、しばらく後のことでした。

時期は、はっきり記憶していませんが、
おそらく水野俊哉さんの「2008年書評ブロガーマトリックス」に
掲載されたのが、「女子勉」を知るきっかけだったと思います。

書評ブログの中では、唯一無二の存在。

ブログをはじめてから、比較的期間が短いとはいえ、
こんなにキャラが立っていて、評判にならない訳がありませんね。

その勉子さんの、「4コマ漫画書評ブログ」を
書籍化したのが本書。

巻頭では、「女子勉流」付箋読書術が披露され、
4コマ漫画書評では、「小さいことから変える3冊」、「心が変わる4冊」、
「考えが変わる8冊」、「時間の使い方が変わる6冊」など
8つのカテゴリーで、計50冊のビジネス書が紹介されています。

今まで、勉子さんのブログで取り上げた本は、
百数十冊ですから、その半分弱が本書にまとめられています。

紹介される各本の最後には、
「この本のオススメアクション」として
実際に勉子さんが行動に移して効果があった
ポイントが紹介されています。

元の記事がわかりやすいので、本書の内容も折紙つき。

更に、当たり前のことかもしれませんが、
ブログ記事と比べると、書籍の方が断然読みやすい。

一点、残念なのがオリジナルの4コマ漫画が
カラーなのに、本書では白黒になっていることでしょうか。

勉子さんの人柄もにじみ出ていて、
応援したくなる一冊です。

この本から何を活かすか?

こうして、50冊を眺めてみると、
けっこう私が読んでいない本がたくさんありました。

意外と分野が被っていないものですね。

  ・奇跡のリンゴ
  ・裸でも生きる
  ・この世でいちばん大事な「カネ」の話
  ・ベスト・パートナーになるために
  ・死ぬときに後悔すること25

その中でも、これらの本は、タイトルや表紙を見て
気にはなっていたけど、読む機会がなかった本です。

いずれも発売後、しばらく経った本ばかりですから、
今度、図書館で一気読みしたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません