活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ダメなら、さっさとやめなさい!

ダメなら、さっさとやめなさい! ~No.1になるための成功法則~
ダメなら、さっさとやめなさい! ~No.1になるための成功法則~
(2007/08/30)
セス・ゴーディン/神田昌典:解説商品詳細を見る

満足度★★★★

今、あなたの、目前にあるもは、
「運命の谷」、「行き止まり」、「絶壁」のうち、どれだろう?


これは、本書の最後で読者に投げかけられている問いです。

著者のセス・ゴーディンさんは、あなたが労力を割き、挑戦する
対象や分野を、運命の谷・行き止まり・絶壁の3つに分類し、
もし、それが運命の谷でなければ、すぐに引き返すように言います。

それでは、運命の谷とは、いったい何か?

それは、あなたにとって挑戦すべき価値がある分野において、
その分野で成功するまでに必ず訪れる、長くツライ期間を指します。

この期間を乗り越えるには、集中したエネルギーが必要です。

つまり、NO.1になれる分野であれば、今がつらくても、
最後まであきらめずに粘り、這い上がって、成功を収める。
そうでない分野については、さっさと止めてしまうというのが、
ゴーディンさんの主張です。

タイトルとなっている「ダメなら、さっさとやめなさい!」
というのも、あくまで、NO.1を目指すために先々まで考えて、
戦略的にヤメるという意味です。

これは、本書の中でも説明されていましたが、
かつてジャック・ウェルチさんがGE社でとっていた、
「業界のNO.1かNO.2になれない事業は撤退」
とした 戦略と同じ考えですね。

たいていの人は引き返すのが怖い。
そして、最悪のパターンは、がむしゃらに頑張ったあげくに、あきらめる。
成功を望むなら、これだけはやってはならない。

ゴーディンさんは、このように警告しています。

これは、投資をする際の鉄則とも言えますね。

100ページあまりの薄い本ですが、非常に大切なテーマを
扱っていました。

この本から何を活かすか?

本書の解説は、神田昌典さんが書いています。

ゴーディンさんのエクジット戦略と、ご自身の「春夏秋冬理論」を
からめて解説していました。

この理論が説明されている
あの成功者たちがこっそり使っている!「春夏秋冬理論」で今日から運が開く
は以前、さらっと読みましたが、この本の内容を踏まえ
再度、読んでみたいと思います。

May the reading be with you!  
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/97-8ca1f4e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT