活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

「働きがい」なんて求めるな。

2010年08月31日
仕事論 0
「働きがい」なんて求めるな。
「働きがい」なんて求めるな。

(2010/07/22)
牧野正幸 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

2010年の「働きがいのある会社」調査で、NO.1に選出された
株式会社ワークスアプリケーションズ。

その代表取締役CEOを務める牧野正幸さんは、次のように語ります。

  「働きがいのある会社っていうのは確かに色んな意味で
  良い会社であろうが、多くの人にとっては・・・
  いや多くの現代日本人(すなわち、あなただ!)にとっては、
  むしろ良い会社ではないと思うのである。」

要するに、人から与えれる「働きがい」や「やりがい」
なんか求めても、たかが知れているということ。

本書は、独自の語り口で、牧野さんの
仕事に対する考え方が述べられています。

小中学生時代は、1度も学校の宿題を
やったことがないという牧野さん。

子どもの頃から、常識に流されず独自の路線を
歩んできたからこそ、今の牧野さんがあるようです。

本書では、テーマを絞らず幅広く語られているので、
牧野さんが、何を見て、どう考えているのかがよく分かります。

ワークスアプリケーションズは、学生に大人気で
インターンシップの受け入れも行なっていますから、
本書はその事前予習的な意味合いがあるのかもしれません。

もともと本書は、日経ビジネスアソシエに連載の
「牧野正幸 反常識の成功学」がベースになっていてます。

アソシエの連載自体も、ワークスアプリケーションズに
興味のある方をターゲットにしていたのでしょうね。

尊敬されて、怖がられて、憧れられるのが、本当の「大人」。

本書は、牧野さんがそんな大人っぷりを披露する、
個性的で刺激的なビジネスエッセイです。

この本から何を活かすか?

  「この本はすべて自分で書き上げました。(中略)
  隔週での締め切りは本当に大変でした。
  だからもうよほどのことがない限り、
  このような本は出さないでしょう。
  それに書きたいことは90%書き上げました。」

2010年7月に刊行された本書の「あとがき」に、
このように書かれていましたが、
その1ヵ月後、8月に入って
牧野さんの新しい本が出たようです。

君の会社は五年後あるか? 最も優秀な人材が興奮する組織とは

この本には、牧野さんの書きたいことの、
残り10%が書かれているのか?

だとすると、それが何か知りたいところです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません