活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

宇宙飛行士選抜試験

ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)
ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)
(2010/06/17)
大鐘 良一 小原 健右 商品詳細を見る

満足度★★★★★
付箋数:18

NHKで2009年3月8日に放送された
「宇宙飛行士はこうして生まれた~密着・最終選抜試験~」
を書籍化したもの。

日本宇宙航空研究開発機構JAXAは、2008年2月27日付けで、
国際宇宙ステーション長期滞在に対応可能な日本人宇宙飛行士の
候補者を新規に募集・選抜すると発表しました。(募集要項

前回までの過去4回の試験で選ばれた
日本人宇宙飛行士(候補)は、わずかに8名。

今回は、約10年振りとなる募集で、応募総数は963人でした。

本書は、その最終選抜を密着取材したドキュメントです。

最終選抜に残ったのは、パイロット、医師、研究者、技術者など、
いずれも負けず劣らず高い資質を持った10名のプロフェッショナル達。

この中から、日本での閉鎖環境での試験、NASAでの試験を通じて、
数名だけが宇宙飛行士候補として選ばれます。

  「どんな苦しい局面でも決してあきらめず、他人を思いやり、
  その言葉と行動で人を動かす力があるか」

試されるのは、究極の人間力。まさに、ライトスタッフ。

日本人が宇宙飛行士になることは、JAXAへ中途採用されることを
意味するので、一種の「就活」と捉える向きもありますが、
そんな、生半可なものではありません。

今まで積み上げたきたキャリアや待遇をすべて捨て、
家族を犠牲にし、更に「66分の1」という高い死亡率を覚悟して、
人生を賭けて宇宙飛行士という職業に挑みます。

  「Why are you here, What brings you here ?」

NASAの面接では、どうして宇宙飛行士になりたいのかではなく、
なぜ、今ここ(面接会場)にいるのかを問われます。

今までの人生で下してきた決断とその理由が、深く掘り下げられ、
宇宙飛行士にふさわしい資質が備えられているかが、見極められます。

実は、私は平成3年の宇宙飛行士候補者の募集に
応募したことがあります。

当時の募集団体はJAXAではなく、
宇宙開発事業団(NASDA)でした。

私はあっさりと書類選考で落ち、
その回で選ばれた候補者は、若田光一さんでした。

私にとっては、そんな思い入れがある本書なので、
読んでいて手に力が入りました。

本書は、今まで公開されていなかった
宇宙飛行士の選抜過程を丹念に取材したレポートなので、
私のように思い入れの強い人でなくても、
読んで価値がある一冊だと思います。

この本から何を活かすか?

以下、本書を読んで思ったこと3点ほど。

その1.

週刊モーニングに連載中(2010年8月現在)の
小山宙哉さんのマンガ「宇宙兄弟」も、
実際の宇宙飛行士選抜試験に基づいて
かなりリアルに描かれていることがわかりました。

このマンガ、私は連載を読んでいますが、
コミック本を買って家族にも勧めようかと思います。

その2.

閉鎖環境の中の試験で使われていた
レゴ マインドストーム」が、猛烈に欲しくなりました。

値が張るので、しばし検討。

その3.

NHKで放送された「宇宙飛行士はこうして生まれた」を
私は見ていないので探してみました。

YouTubeにはありませんが、veohにはあるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 08:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

応募

 宇宙飛行士に応募したという事自体が素晴らしいです。
私にはそのようなマインドはありません。
 昔、アフリカでエボラウイルスが流行した時に、エボラを根絶(探求)したいとおもいましたが、それを研究できる機関すら特定できなかったです。そもそも、英語できません。いやー、マインド低いです(泣)。

| yama | 2010/08/22 16:30 | URL |

yamaさん

私にも、若くて無謀だった時代があったということです。

ちなみに、宇宙飛行士の応募書類には
英語に関する資格や経歴を記入する箇所が
まるまる1ページあり、
私はその欄をほとんど何も記入できず提出しました。

それが、後に、私が英語を勉強する
一つのきっかけとなりました。

| ikadoku | 2010/08/23 08:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/940-a2578d01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT