活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編

2010年08月14日
ノウハウ本 0
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)
(2010/06/25)
美崎 栄一郎 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

2009年9月に刊行されて話題を呼んだ、
美崎栄一郎さんのデビュー作、
『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』の続編。

デビュー後、1年も経っていませんが、
この本が5作品目となる多作ぶりは、
さすがスーパーサラリーマンの美崎さんです。

本書には、美崎さんが25名の一般社会人に対して、
ノートの取り方をカウンセリングする様子が収められています。

相談者の業種職種は、公務員、製造業、経理担当、法務担当、
研究員、ピアノ調律師、SE、医師、防災コンシェルジュ、
広告代理店、インテリコーディネーター、主婦など様々です。

相談者ではありませんが、芸能界からは勝俣州和さんや、
アンジャッシュ渡部建さんのノートも公開されています。

本書は、これだけ多種多様な仕事をする方の
リアルに記録されたノートを見る機会としても貴重。

美崎さんは、各相談者がどういう意図でメモを
取っているかをヒアリングし、次々と悩みを解決していくので、
まさに「ノート改善クリニック」といった感じでしょうか。

  仕事のノートの取り方に正解はありません。

  どんなノートの取り方でもいいのです。
  全員に当てはまる一つの正解はないのですから。
  ただ、あなたのノートの取り方には、実は「正解」があります。

  あなたがノートを取り続けることができること。
  その方法が、あなたにとっての「正解」なのです。

美崎さんのこの言葉にある通り、
その人にあった、それぞれのノートの取り方があります。

そして、どんなノートの取り方であっても、
ちょっと工夫することで
まだまだ改善の余地があるのもまた事実。

しかし、奥が深い「ノート道」ですが、
そこに囚われ過ぎず、あくまでツールとして使いこなして
成果を産むことが、最も大切なことですね。

また、本書は、自ら情報を発信することによって、
逆に自分のところに情報が集まってくるという
美崎さんの実例でもあります。

この本から何を活かすか?

本書の相談者の中に、コーネルメソッドで
議事録ノートを取っている方がいました。

コーネルメソッドは、コーネル大学で開発されたノートを
3分割(ノート・キュー・サマリー)して使うノート術。

講義や会議を記録するのに適した方法のようです。

私は、この方式を使ったことはありませんが、
美崎さんの様々なアドバイスを聞いていると、
工夫次第で、講義や会議以外でも使える感じがしました。

まずは、こちらからダウンロードして使ってみます。

Cornell Method PDF Generator

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • この記事をtwitterへRTする 昨年(2009年)のベストセラー作『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』の美崎栄一郎さんが、ビジネスパーソンなどを中心とした25名の方々の実際のノートの使い方をヒアリングし、アドバイスした様子を「実践編」としてまとめたも

    2010.08.14 (Sat) 17:39 | ビジネス書で「知」のトレーニングを! ~ 知磨き倶楽部