活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プレゼンテーション Zen デザイン

プレゼンテーション Zen デザイン
プレゼンテーション Zen デザイン
(2010/06/25)
Garr Reynoldsガー・レイノルズ 商品詳細を見る
 
満足度★★★
付箋数:18

17カ国で10万部以上売れ、大反響を呼び起こした
ガー・レイノルズさんの「プレゼンテーション Zen」。

本書はその第2弾。

前作で「抑制」「シンプル」「自然さ」を原則とした
プレゼンの「幹」を示したのに対し、
本作はデザインに特化した「葉」の部分を解説します。

ちなみに第3弾、プレゼンの実演部分をテーマにした
The Naked Presenter」は2010年10月に刊行予定です。

  「デザインは命である」

プレゼンにおけるデザインの重要性は、認識されつつも、
実際のところ、なかなか手が回らない
やっつけ仕事になってしまう部分でもあります。

しかし、デザインは重要な決め手。
神は細部に宿ります。

本書では、視覚がコミュニケーションに与える影響を語りつつ、
プレゼンでの書体、色彩、写真や動画、余白の機能まで、
こだわりを持って解説しています。

また、それぞれの分野では、
その道の専門家のアドバイスも交えます。

例えば、プレゼンで用いる写真。

入手した画像の処理や加工だけにとどまらず、
自分で写真を撮ることも推奨しています。

写真家スコット・ケルビーさんの
「美しい写真を撮る10の秘訣」も掲載。

プレゼンで使う画像をに自ら撮影する機会は
あまりないかもしれませんが、プライベートで
写真を撮ることを含め個人的には参考になりました。

  「背景であれ、人物写真であれ、建築写真であれ、
  あらゆる面においてシンプルさを追求しよう―
  周りがシンプルであればあるほど、インパクトは強くなる。」

本書はデザイナー以外のすべての人が、
パワーポイントでのプレゼンを脱したあとの、
ワンランク上の美しいプレゼンを目指す一冊。

この本自体も美しい。

この本から何を活かすか?

  「グラフィックデザインIQテスト」

本書で紹介されるスティーヴン・フューさんのサイトでは、
データの視覚化についてのIQテストが受けられます。

サイトは、こちら。
  ・Welcome to the Graph Design I.Q. Test.

どちらが適したグラフかを選らぶだけの
簡単なテストで、すぐに終わります(全10問)。

しかし、該当するデザインが他より優れている理由を知り、
その違いを見分けられるようになることが大切とのこと。

間違うと、解説が下に表示され次の問題に進めない
作りになっているので、ここはあえて間違って
表示される解説を確認することが重要なのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 07:13 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/931-96699cbd

TRACKBACK

読書日記309:プレゼンテーションzenデザイン byガー・レイノルズ

タイトル:プレゼンテーションzenデザイン 作者:ガー・レイノルズ 出版元:ピアソン桐原 その他: あらすじ---------------------------------------------- 本書は全世界で17カ国語に翻訳され、世界中で10万部以上を売り上げているベストセラー「Presentation Zen」に…

| 書評:まねき猫の読書日記 | 2011/11/03 00:20 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT