活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

拝金

2010年07月27日
ビジネス一般・ストーリー 0
拝金
拝金
(2010/06/17)
堀江 貴文 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:14

ツイッター上で話題の、堀江貴文さん初の小説です。

ストーリーのベースにあるのは堀江さんの実体験。

堀江さんが、起業して体験した、上場、株式100分割、
球団買収、フジテレビとの攻防から逮捕劇までを、
絶妙にフィクションに織り交ぜながら、
ライト感覚の青春経済小説に仕上げています。

主人公は、年収200万円の若いフリーター藤田優作。
そして、優作を操る謎のオッサン堀井健史。

優作は、立ち上げたゲーム会社を大手IT企業に急成長させ、
時代の寵児になっていく・・・

ライブドア幹部だった宮内さんや熊谷さんはもちろん、
村上ファンドの村上さん、ソフトバンクの孫さん、
楽天の三木谷さん、USENの宇野さん、
サイバーエージェントの藤田さんさんなども仮名で登場。

私も、ライブドア(オン・ザ・エッジ)には、
株式100分割の時から注目していましたから、
当時のことを懐かしく思い出して読むことができました。

堀江さんは、さまざまなところで情報発信していますから、
一見、思ったことをズケズケと言っているように見えますが、
当然ながら、なかなか言えない本音もあります。

それが、小説の形にすると、優作やオッサンの言葉を借りて、
言えなかった本音を、外にぶちまけることができるわけです。

この小説では、堀江さん=藤田優作ではなく、
「堀江さん=藤田優作+オッサン」と自分自身を
2人のキャラクターに分けて投影しているところが、
一つのポイントとなっています。

堀江さんの中にあった、一連の買収騒動や
ライブドア事件での「自信」と「焦燥感」も、
うまく2人のキャラクターに分けて描いています。

堀江さんは、自分が感じたお金から解放された後の、
突き抜けた感じを、この小説で追体験して欲しいと、
あとがきで述べています。

  「あれ、すげえんだぜ。
  それをなんとか、みんなに知ってほしかった。」

小説としての出来はさておき、
堀江さんが伝えたかった高揚感が得られる
スピード感のある小説です。

この本から何を活かすか?

本書には選挙への出馬のエピソードは出てきませんし、
獄中体験についてもわずかな記述だけです。

なぜ、これらのエピソードは、入っていないのか?

ストーリー展開やページ数の問題として
盛り込めなかったということではないでしょう。

きっと、したたかな堀江さんのことですから、
第2弾、第3弾の小説のネタとして
温存しているのではないでしょうか。

とりあえず、本書のツイッターによるプロモーションは
成功していますから、
次作もすぐに刊行されるかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック2件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • この記事をtwitterへRTする 2006年1月に起こった"ライブドア事件"。 業界こそ違えど上場ベンチャー企業に勤め、株価の話題が出ない日はない仕事をしていた僕にとって、あの時の株式市場の動揺は大きな衝撃だった。 理解のできないマスコミ報道や検察の言い分、世の中の...

    2010.08.09 (Mon) 15:44 | ビジネス書で「知」のトレーニングを! ~ 知磨き倶楽部
  • ◆拝金 ◆お金を手にして付き抜けないと分からない世界がある! 堀江貴文が体験した世界を追体験できる! そのために、小説化するのが、一番、簡単で確実な方法だ。 そう、あとがきに書いてある。 渦中にいた堀江貴文は、何を考え、どんな生活をしていたのか? 本当は何…

    2010.08.12 (Thu) 05:57 | ビジネス本でバージョンアップ2.0!