活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

成果を生む人が実行している朝9時前のルール

成果を生む人が実行している朝9時前のルール
成果を生む人が実行している朝9時前のルール
(2010/05/22)
美崎 栄一郎 商品詳細を見る

満足度★★★

あなたは、一番好きなものを最初に食べるタイプですか?
それとも、最後の楽しみにとって置くタイプですか?

食べ物の話なら、一番好きなものを
最後に食べる人も多いかもしれません。

でも、考えてみてください。

もし、あなたが、ほんの少ししか食べられない体質だとしたら?
あるいは、最後にとって置くと、恐ろしいぐらいに
他人に奪われるリスクが高まるとしたら?

こういう環境だと、やっぱり好きなものは
一番最初に食べるべきでしょう。

これが、本書の基本的なコンセプト。

  「あなたの人生においてやってみたいことを朝一番にやってみる。

  極めて、シンプルな方法ですが、そすることで、
  私は、自分のしたいことができる人生に変えていくことが
  できるようになってきました。」

こう語るのは、本書の著者・美崎栄一郎さん。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
がベストセラーになった後も、ますます精力的に活動し、
スーパーサラリーマンとして、メディアにも多く登場しているようです。

過去に何冊か、美崎さんの著書を紹介してきましたが、
本書のコンセプトが、私は一番好きですね。

美崎さんが、本書で提案するのは、
朝することの、優先順位の変更です。

  「やるべきことからやりたいことへ」

無理に早起きをするのではなく、やりたいことをするから、
自然と早起きできるという好循環を生みます。

そして、美崎さんにとって、やりたいことは、
社外での人脈・ネットワークを作ることだったようです。

その手段として、「セルフブランディング」があり、
「朝食会」があり、個性的な「名刺」作りがあります。

本書では、どうやって朝に時間を作るのかではなく、
主に、美崎さんの朝の時間を活用した人脈術が解説されます。

個人的には、自分の好きなこと得意なことを
「タグ」として書き出して、セルフブランディングする方法や、
魅力的な数多くの名刺の実例などが参考になりました。

この本から何を活かすか?

  「手ぶらで人と会ってはいけない」

本の著者と会うときは、著書を読んだことを土産にするのが
一番のようですが、中でも「付箋のついた読書本」が
著者をメロメロにさせる最高の破壊力があるそうです。

このブログでは、最初に私の「満足度」を★の数で
表していますが、これはあくまで相対的なもの。

著者に気に入ってもらうために、すべての記事の満足度を
★5つで表すことはしていませんし、個人的な満足度ですから、
他の本に対して、事前期待に対して、あるいは価格に対して
変わるもので、読んだタイミングでも違ってきます。

そこで、美崎さんの意見も参考にして、試験的にですが、
今後は、私が貼った付箋の数を各記事に表示したいと思います。

本書に貼った付箋数:18枚

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/907-53899e1c

TRACKBACK

■書評■ 成果を生む人が実行している朝9時前のルール

この記事をtwitterへRTする 2009年ビジネス書大賞で第1位を獲得し、ビジネス書ファンの間ではお馴染みとなった(熱烈なファンも多い)美崎栄一郎さんの4作目。 副題に「同じ時間と体験で人よりリターンを得る25の方法」とあるとおり、「朝9時前」という多くのサラリーマ...

| ビジネス書で「知」のトレーニングを! ~ 知磨き倶楽部 | 2010/07/08 10:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT