活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

世界でもっとも美しい10の物理方程式

2010年07月06日
科学・生活 0
世界でもっとも美しい10の物理方程式
世界でもっとも美しい10の物理方程式
(2010/04/22)
ロバート・P・クリース 商品詳細を見る

満足度★★★★

  「ひとつの式を学ぶことは、
  まさに一種の旅なのだということに気づかせてくれる。」

その旅は、その式を知らないという無知の状態から、
その式を理解したいという苛立ちを伴った段階を経て、
最後にはその式を理解して、新たな世界へ到達します。

この旅は、その方程式の第一発見者が辿るだけでなく、
その後に学ぶ者、すべてによって再発見される旅です。

著者のロバート・P・クリースさんは本書で、
偉大な10の方程式を取り上げ、誰がそれを発見したのか、
その背後にはどのようなストーリーがあったのか、
そして、その方程式が私たちの世界に何を語っているのかを説明します。

取り上げられる物理方程式は以下の通りです。

  第1章 文明の礎 - ピタゴラスの定理
  第2章 古典力学の魂 - ニュートンの運動の第二法則
  第3章 科学革命の頂点 - ニュートンの万有引力の法則
  第4章 科学的理想美の基準 - オイラーの等式
  第5章 科学におけるシェークスピア戯曲 - 熱力学第二法則
  第6章 19世紀最大の出来事 - マクスウェルの方程式
  第7章 方程式セレブ - E=mc2
  第8章 金の卵 - アインシュタインの一般相対性理論の方程式
  第9章 量子論の基本方程式 - シュレーディンガーの方程式
  第10章 不確定性と共に生きる - ハイゼンベルクの不確定性原理

紹介される方程式は、発見に至るまでの過程と
その到達点で、どれも違った旅の景色を見せてくれます。

正直なところ、本書に登場する方程式のいくつかは、
完全に私の理解の範囲を超えているものがあります。

しかし、クリースさんの分かりやすい説明と、
魅力的なストーリーテリングによって、
その方程式によってもたらせる世界が見えてきます。

圧巻は、熱力学第二法則。

エントロピーは最大値へ向かって
増加の一途をたどるという法則で、
数多くの科学者が携わることで導かれました。

クリースさんは、この法則が導かれる過程を
「シェークスピア風の戯曲」に仕立てて、紹介しています。

本書は、「世界でもっとも美しい10の科学実験」に続く、
シリーズ第2弾で、前著同様にフィジックス・ワールド誌に
連載したコラムを下書きにして本書を執筆したようです。

この本から何を活かすか?

メノン」(プラトン著)登場する、
ソクラテスが奴隷の少年にピタゴラスの定理を導かせる話。

ソクラテスは少年に、どうしたら正方形の面積を
2倍にできるか問います。

少年は、すぐに1辺を2倍にすると答えますが、
それでは面積が4倍になることに気づきます。

次に1辺を1.5倍にしますが、それでもまだ大きいことがわかり、
少年はその方法を自分が知らないことに気づきます。

ソクラテスはこの後、「対角線」の説明を加え、
少年の持っている知識から、
正方形の面積を2倍にする方法を導き出させます。

これは、「ひし形の面積=対角線×対角線÷2」
さえ知っていれば、導き出すことができますので、
わたしも自分の子どもに対して
ソクラテスと同じようにやってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません