活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ
本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ
(2010/05)
あびる やすみつ 商品詳細を見る

満足度★★★★

少なくとも、私においては著者の目論みは大成功。

本書でアフィリエイトについての認識が変わりました。

私自身、このブログでAmazonアソシエイトを使っていながら、
実は、アフィリエイト全般には、
そんなに良いイメージを持っていませんでした。

なにせ、当ブログの方針で、
「できるだけ余計な、広告・アフィリエイト等の表示は
しないようにします。」と宣言していたくらいですから。

本書は、正攻法のアフィリエイトで稼ぐ、
あびるやすみつさんの業界を浄化したいという
想いが伝わる本です。

  ・「アフィリエイトは怪しい」と思っている人へ
   誰も言ってこなかった問題と真実を洗いざらいぶちまけます。

ただし、本書は低俗な暴露本とは異なり、
あびるさんの語るアフィリエイト業界の裏話は、
偏見をなくしたいという信念に基づいたもの。

もちろん、業界のダークサイドに言及して、
悪質なアフィリエーターの増殖を阻止しようとするだけでなく、
正当なアフィリエイトで稼ぐヒントも紹介されます。

しかし、それらは本書のタイトルにある通り、
「気楽に稼げる」ものではなく、
「本気で稼ぐ」ためのアドバイスです。

  「簡単にお金が欲しかったら、近くのコンビニなどで
  バイトしたほうがよっぽど効率的です。」

正直に言って、私はアフィリエイト本を多く読んでいませんから、
本書のアドバイスの有用度は分かりません。

ただ、あびるさんが、

  「私は本書の印税収入をすべて、本書の広告で
  使い切ることをお約束します。」

と公言していることと、
本書の前半部分がネット上で無料公開されていることからも、
その心意気は十分に伝わってきました。

ぜひ、あびるさんが警鐘をならしている
ネット公開の部分だけでも読んでみてください。

この本から何を活かすか?

私は、本書のおかげで、
アフィリエイトについての偏見はなくなりました。

だからと言って、このブログが急にアフィリエイト
一辺倒になることはありませんが、
態度を軟化させ、次の点を検討・解禁しようと思います。

1.Amazon以外の書籍リンクを張る

本書によると、Amazonで本を買う人は
ネットで本を買う人の約50%に過ぎないそうです。

私は、てっきり9割ぐらいはAmazonで買っているものと、
思い込んでいました。

確かに、Amazon以外のサイトへのリンクがあった方がいいですね。

2.その他広告の掲載を検討

私が訪れる有名ブログのほとんどは、広告を掲載しています。

始めてアクセスした時は、広告が邪魔のように感じましたが、
記事を読もうと思って何度か訪れると、ほとんど気になりませんし、
表示された広告で欲しい物が見つかったこともありました。

そんなに毛嫌いするものでもなかったかもしれません。
Google AdSenceなど検討してみます。

3.振り返り記事の掲載

誰もが、毎日訪問してくれる訳ではないので、
週次・月次での振り返り記事はあった方がいいかもしれません。

良く考えると、私自身も、他のブログの
振り返りのまとめ記事がけっこう役立っています。

これらはいずれも、他のブログでは、
あたり前のことかもしれませんが、当ブログにとっては、
開設4年目にしての、大きな方針転換です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:39 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/900-3dbc77b7

TRACKBACK

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ

本気で取り組んで食べているアフィリエイターにとって、アフィリエイトとは「たくさん広告収入を得るための、自動あるいは半自動でアクセスを集め続ける仕組み」。ブロガーとは大 ...

| 天竺堂の本棚 | 2014/02/19 17:51 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT