活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

イケナイ宇宙学

イケナイ宇宙学―間違いだらけの天文常識
イケナイ宇宙学―間違いだらけの天文常識
(2009/03)
フィリップ・プレイト 商品詳細を見る

満足度★★★★

フィリップ ・ プレイトさんの
宇宙から恐怖がやってくる!」が面白かったので、
その前著、「イケナイ宇宙学」を読んでみました。

本書は、プレイトさんの人気サイト
Bad Astronomy」の記事を翻訳したものです。

世の中に溢れる、誤解された科学、疑似科学、トンデモ科学
などの中から、天文学に関するトピックを取り上げ、
軽妙な語り口と正しい科学知識でその間違いを指摘します。

最初のトピックは、「春分の日と卵」について。

ニワトリの卵がまっすぐ立って完璧にバランスがとれるのは、
春分の日だけという噂があり、全米各地では
この日、卵を立てる儀式が行なわれているそうです。

卵立て派の主張は、その特別な日だけ、
地球と卵と太陽の重力の向きがそろうというもの。

プレイトさんは、春分の日以外でも卵を立てる実験を行い、
この迷信に反証します。

卵立て儀式を行なわない日本では、この話を聞いても、
そんなバカな話があるわけない思う人も多いはず。

私も、自分は疑似科学には騙されていないつもりでいますから、
これは当然と考え、本書を読み進みます。

ところが、次の「恥ずかしさも水に流そう」のトピックで、
私が20年以上信じていたことが、トンデモだったことが発覚。

私は21歳の時、はじめてオーストラリアを旅行しました。

旅先で真っ先に試したのが、洗面台の栓を抜いた時の
「水の渦の巻き方」の実験。

コリオリの力によって、渦の巻き方が北半球では右回り、
南半球では左回りになるというもの。

旅行前に自宅の洗面台で渦が右回りになっていることを確認し、
オーストラリアでは最初に泊った宿でこの実験を行って、
渦が左回りになっていることを確認し、
「これが、コリオリの力だ~」と感動した記憶があります。

しかしプレイトさんは、渦の方向は洗面台や排水溝の
形状に左右されると指摘します。

個人的体験があって信じ込んでいた私には、本当に衝撃的。

確かに、実験場所が自宅と最初の宿だけでしたから、
それを根拠に信じてしまうのは、軽率だっのかもしれません。

本書では他にも、「アポロ計画陰謀論」を暴く、
なぜ占星術はうまくいかないのか、UFOと心と目の幻影、
映画に登場したイケナイ宇宙学トップテンなど
数多くの興味深いトピックが紹介されています。

この本から何を活かすか?

  「なぜ空は青いのか?」

この疑問、私もかつて抱いたことがありますし、
私の子どもも、聞いてきたことがあります。

  「それは、レイリー散乱が関係する量子効果と、
  さらには網膜内の紫色に反応する視細胞の欠乏が原因だ」

こんな説明を、子どもする訳にはいきませんし、
私自身もこれではよく分かりません。

まずは、本書で紹介されていた
青色が散乱しやすいことを知るための
「牛乳を使った光の散乱実験」を
子どもと一緒にやってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/895-836ee492

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT