活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

強い者は生き残れない

新潮選書強い者は生き残れない環境から考える新しい進化論 
新潮選書強い者は生き残れない環境から考える新しい進化論
(2009/11/25)
吉村 仁 商品詳細を見る

満足度★★★★

本書は、現代の進化論へのアンチテーゼ。

つまり、適応度の高い「強者」が生き残るとは限らないと。

著者の吉村仁さんが、進化論に新たに加えるたのは、
共生・共存したものこそが、生き残るという視点です。

吉村さんといえば、以前に「素数ゼミの謎」という面白い本を
書いていますが、本書では生物学と経済学の融合により、
新しい進化論「環境変動説」を唱えます。

環境変動説は、適者生存の総合学説を
完全に否定するものではありません。

総合学説の矛盾点、最適な者が常に生き残るとは
限らないことを補足説明するものです。

利己的遺伝子を持つ生物は、なぜ、利他的行動をとるのか?

生物は、「ナッシュ均衡」を知っているのか?

こういった疑問に答えを出すのが、本書です。

ダーウィンの進化論は、自然選択理論でした。

現代の総合学説は、それを発展させ安定化選択と
方向性選択に分けて考えます。

いずれにしても、最適な者、強い者が生き残るという考えです。

しかし、環境は変化し続けるもの。

ある環境では最強だった者が、長い期間で見ると
環境の変化に対応できず、絶滅することはしばしば起こります。

そこそこに適応した、絶滅回避型の者こそが
生き残るというのが環境変動説。

この時、環境の不確定性に対応する最も有効な手段が、
共生と協同という行為だとするのが、吉村さんの仮説です。

  ・ウソつき村は滅びる
  ・子どもを作るより姉妹を助けたほうが得
  ・「マーフィーの法則」は当たっている
  ・浮気もリスク分散のため
  ・チョウはなぜ山に登るのか

トピックだけ見ても、気になるテーマが満載。

本書では、生物学の本らしからぬ経済学的な事例も
数多く登場し、学問の垣根を越えて説明が加えられているので、
非常に興味深く読むことができます。

この本から何を活かすか?

吉村さんの説では、個としての自己主張の弱い
協同行動をとる者が、最終的に生き残ることになります。

これを種の中でも、もっと狭い「人種」に当てはめると、
アメリカ人的気質より、日本人的気質の方が
この条件に合っている感じがします。

日本人の欠点として挙げられる、自己主張の弱さや優柔不断さは、
競争社会の中では不利な面がありますが、
「進化」の中では、大きな武器になるのでしょうか。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/891-eab6c5d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT