活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

テンプレート仕事術

2010年05月24日
仕事術・スキルアップ・キャリア 0
テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する
テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する
(2010/04/16)
信太 明 商品詳細を見る

満足度★★★

  「何事も、テンプレート化すれば、短時間で、
  正確に成し遂げることができる。
  その結果、仕事もうまくいき、プライベートも充実する。
  ひいては、思いどおりの人生を送ることができる。」

こう語るのは、テンプレニストを自認し、
効率化へ徹底的なこだわりを持つ、
アウンコンサルティング代表取締役・信太明さん。

本書では、信太さんが使うテンプレートが公開されるだけでなく、
その作り方と活用術が公開されています。

テンプレート化の目的は効率化です。

ルーティンや繰り返し行なう業務はテンプレート化して
できるだけ作業時間を削減し、
少しでもクリエイティブな仕事にエネルギーを割くことが重要。

まずは仕事を「定型・非定型」と「属人・非属人」の
2軸マトリックスで整理します。

そしてテンプレートを活用することで、
「属人」の仕事を極力、「非属人」化する。
更に、「非定型」の仕事は、なるべく「定型」化します。

テンプレートの力を利用しても、「非定型・属人」の象限に
最後の最後に残った25%の仕事こそが、
自分にかできない仕事なので、
そこに時間と労力を使い、生産的な仕事をするというわけです。

実際のところ、ちょっとしたテンプレート化は
誰でもやっていることです。

ただ、これを徹底して行なうと思うと、
けっこう面倒くさかったり、
途中で挫折してしまうこともあります。

私も、作成途中でやめてしまったり、
作ったけど活用していないテンプレートがいくつもあります。

基本的にテンプレートは、はじめから完璧なものを目指さず、
7割のデキでリリースし、使いながら修正を加え、
進化させていくものなのでしょうね。

本書では、挫折しがちな私にはウレシイ、
テンプレート化をサポートするためのテンプレートや
テンプレート仕事術を継続するためのテンプレートも
用意されていました。

この本から何を活かすか?

本書から、そのまま取り入れようと思ったのは次の2点。

1.メールチェックシート
  
  「メールの送信ボタンは、爆弾のスイッチだと思え!」

この信太さんの言葉の通り、押してしまってからでは遅いのが
メールの送信ボタン。

この「メールチェックシート」、そのまま使わせてもらいます。

2.森沢洋介さんの「瞬間英作文」シリーズ

テンプレートとは関係ありませんが、英語が苦手だった
信太さんは、毎日30分・約3ヶ月間の学習することで、
辞書を片手に英会話がこなせるレベルになったそうです。

私は、英語のスピーキングが苦手なので、
この森沢さんの「瞬間英作文」、試してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません