活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

必ずYESといわせる説得のコツ

〈NJセレクト〉必ずYESといわせる説得のコツ
〈NJセレクト〉必ずYESといわせる説得のコツ
(2010/02/26)
福田 健 商品詳細を見る

満足度★★

「説得」の目的は、人を動かすこと。

ただし、無理に説き伏せてYESと言わせても、
人は動きません。

「説得」と「納得」は常にセットでなければ
効果を発揮しません。

本書では、ビジネスや日常で必要な説得のコツを
多くの事例を取り上げながら説明します。

著者は、話し方研究所の会長を務める福田健さん。

  第1章 説得に成功する原則
  第2章 必ずYESといわせる話のもっていき方、ペースのつかみ方
  第3章 相手の出方に応じた説得のコツ
  第4章 T・P・Oで口説き落とす法
  第5章 ケーススタディ こんなときはどうすればうまくいくか

会話例を多く取り入れ、説得される相手の心理を
交えながら、効果的な説得方法が紹介されます。

ただし、「こうしなさい」と結論がスパンと
書いていないので、ジワジワとのそコツが
伝わってくるタイプの本です。

そして、会話例全体がどことなく古く、
「女性とは~」と語るところが
一昔前の女性論のイメージです。

私は最初、福田さんの年齢からくるものかと思いましたが、
どうやら違ったようです。

本書を読み終えてから、あらためてアマゾンの
商品の紹介に目を通してみると、

  「あのベストセラーがさらに読みやすいコンパクトサイズになって再登場!」

と書いてありました。

よく調べてみると、本書は1982年に出版された
同名タイトル本の復刻版のようです。

これで、ノスタルジックな感じにも納得できました。

約30年の時を経て復刻されるだけの
不変の内容が書かれていますので、
ジックリと納得しながら説得のコツを
身につけるには良い本かもしれません。

この本から何を活かすか?

どうやら、本書に限らず、
日本実業出版社の新書「NJセレクト」シリーズは
すべて復刻版のようです。

さすがに他の本はここ5~10年に刊行された本で、
今のところ、30年前の復刻本は本書だけのようです。

日本実業出版社が自社の著作権物を有効に
生かすのは構いませんが、
もう少しはっきりと再版であることと、
元の本が何年に出版されたものかを明記してほしいものです。

 Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 09:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/857-f6852230

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT