活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

グーグルのグリーン戦略

2010年05月06日
IT・ネット 0
グーグルのグリーン戦略=グリーン・ニューディールからスマートグリッドまで=
グーグルのグリーン戦略=グリーン・ニューディールからスマートグリッドまで=
(2010/03/24)
新井 宏征〔(株)情報通信総合研究所〕 商品詳細を見る

満足度★★★

私は毎日、何度となく検索でグーグルを使います。

普段は、ほとんど意識しませんが、
私の1回の検索に結果を返すごとに、
グーグルではエネルギーを消費しているのは
紛れもない事実です。

これはCO2の排出を意味します。

グーグルが世界中で多くの人に利用されればされるほど、
それに比例してCO2が排出されるというわけです。

実際にはグーグルに限らず、どんな企業であっても
サービスを提供するほど、CO2が排出されるのは
ある程度やむを得ないことです。

だからこそ、影響力の大きな企業が、
環境やエネルギーについて、どのような姿勢を持っているかが
問われることになります。

本書では、グーグルによる環境に関する取り組みを
解説しながら、環境とITを取り巻く世界各国の現状と、
グリーン・ニューディールやスマート・グリッドなどの
新しいトピックを紹介します。

あまり興味のない方には、だからどうなの
という話しかもしれませんが、
グーグルの技術力は、環境やエネルギー問題にも
活用されていることが分かります。

ちなみに、グーグルの提案と取り組みは次の5つです。

  1. 石炭よりも低コストな再生可能エネルギーへの取り組み
  2. 電気自動車の充電方法の最適化への取り組み
  3. 自宅の電力使用量を監視できるツールの提供
  4. 石炭や石油による発電から脱却する提案
  5. 太陽光パネルの設置によるCO2排出を削減

これらの取り組みについて詳しくは、
Going Green at Google」のサイトに
“Google's Green Initiatives”として
公開されていてるので、純粋にグーグルの取り組みだけに
興味がある方は、このサイトを見るだけでも
十分かもしれません。

この本から何を活かすか?

本書の著者は、情報通信総合研究所の新井宏征さん。

私は新井さんの著書を読むのは初めてですが、
実はかなり以前から、新井さんのことはweb上で知っていました。

それは「英語学習」の分野においてです。

新井さんは「英語征服」という英語学習支援サイトの運営や、
一緒に“ビジネス英会話”を勉強しましょう」という
メルマガを発行しています。

私は、一生懸命に英語を勉強しているわけではありませんが、
NHKラジオの「実践ビジネス英語(旧やさビジ)」を愛聴しているので、
たまに、新井さんのサイトで復習していました。

さて、今日もこれから杉田敏さんの講座、
「Calling in Sick」の1回目を聞きたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • 環境問題については至る所で、様々なポイントについて議論がなされているけれど、どうも今ひとつ自分自身の取り組みにまで落とし込まれていないものの一つ。 エネルギー問題が取り沙汰されてもハイブリッド自動車が欲しいと思ったことなど一度もなければ、電量消費量が少...

    2010.05.06 (Thu) 11:53 | ビジネス書で「知」のトレーニングを! ~ 知磨き倶楽部