活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

野村式FX速習ノート

野村式FX速習ノート
野村式FX速習ノート

(2010/03/30)
野村 雅道 商品詳細を見る

満足度★★★

伝説のディーラー若林栄四さんの下で
為替ディーラー人生をスタートさせ、邦銀・外銀で活躍後、
現在は個人投資家としても活躍する野村雅道さんの
FX指南本です。

  「大雑把にいえば9割は勝てましたし、
  個人投資家になったいまも、それは同じです。」

野村さんは、50歳で外銀をリタイヤし、
個人投資家としての生活をスタートさせました。

個人投資家となっても基本的なトレード手法は変わりませんが、
ひとつだけプロディーラーの時にはできなかった
投資法を加えました。

それは、スワップを狙った長期投資。

現在の野村さんのスタンスは、
長期投資:デイトレード=7:3の比率です。

スワップ狙いの投資は、プロからは邪道と言われ、
リーマンショック後は、大きな含み損を抱え
壊滅的な状態に陥った方も多いようです。

しかし、野村さんはスワップ投資に関し、
レバレッジを考えて投資することで、
まだまだ有効な手法だと説明します。

また、野村さんのトレード手法は、需給を軸にしたID為替。
プロ野球の野村克也監督のID野球にあやかった命名です。

ファンダメンタルズ分析は、時間をかけてもあまり当たらない。
テクニカル分析は、種類が多く決定的なものは少ない。

どちらも必要ではあるものの、野村さんの経験では、
かけた時間と労力に対して、それに見合う収益があるとは
言えなかったそうです。

それに対し、努力に見合う収益をあげるのが需給分析。
特別なニュースやイベントがない場合は、
取引前に決まっている需給の予定にあわせて動くことも
少なくありません。

本書では、「長期投資+デイトレード」の野村式手法を
7日間で学べるように、分かりやすく解説しています。

個人的には、野村さんの需給分析は参考にしていますし、
スワップ一辺倒、トレード一辺倒となるのではなく、
いくつかの手法を組み合わせるのはアリだと思います。

この本から何を活かすか?

野村さんは、為替は長期のスワップ狙いか、
短期のデイトレードで、時間軸を中期においた投資は、
あまり好きではないようです。

確かに、中期は資金効率の面では短期に劣りますし、
かける時間や楽さを考えると、長期にはかないません。

しかし、私は中期投資も好きです。

中期で最も重要となるのは「戦略」。

個人的には、戦略を考える面白さでは、
中期投資が一番だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| トレード | 07:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/05/04 08:16 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/851-0ab80dd3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT