活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

なぜ、ノウハウ本を実行できないのか

2010年04月26日
自己啓発・セルフマネジメント 2
なぜ、ノウハウ本を実行できないのか―「わかる」を「できる」に変える本
なぜ、ノウハウ本を実行できないのか―「わかる」を「できる」に変える本
(2009/12/11)
ケン・ブランチャード、ポール・J・メイヤー、ディック・ルー 商品詳細を見る

満足度★★★★

  「知っていることと実行することのギャップは、
  おそらく知識の有る無しのギャップより大きいでしょう。」

本書では、この知識と行動とのギャップを
「ミッシング・リンク(失われたつながり)」と呼んでいます。

確かに、「わかる」ことと「できる」このと差は、
天と地ほどもありますね。

いくら本を読み、CDを聞き、セミナーに参加しても
なかなか行動を変えられない人は多いもの。

私が、実際にその一人です。

人々が、得たノウハウを行動に移せないのは、なぜか?

本書は、この問いにシンプルな解答を与えてくれます。
理由は3つ。

  第一の理由は、情報過多
  第二の理由は、ネガティブなものの見方
  第三の理由は、フォローアップの欠如

それでは、どうしたら実際の行動に移すことができるのか?

この問いに対する解答もまた、至極単純明快。

  「そのカギは、一にも、二にも、三にも、
  繰り返すこと、反復です!」

非常に簡単な答えですが、この反復が難しいところ。

だからこそ、多くの人が行動に移せなくて
困っていることなのでしょう。

本書は3名の方の共著ですが、
中心となるのはケン・ブランチャードさん。
大ベストセラーとなった「1分間マネジャー」シリーズの
著者として有名です。

この本も、「薄い本、3つのポイント、物語風」と
1分間マネジャー」と同じ形式で書かれています。

いろいろと盛り込みたい話しを削ぎ落として、
本当に大切なことだけに絞るのが、
ブランチャードさんのスタイルですね。

戦略とは、行なうことを決めるのではなく、
やらないことを決めることとも言われます。

この本は、あなたの人生戦略に大きく影響する
一冊になるかもしれません。

この本から何を活かすか?

  「多くの本を読むより少数の本を完全にマスターするほうがいい。
  (中略) 
  たえず新しい情報に接することが習慣になっていると、
  忘れることも習慣になってしまう。」

これは、まさに私に対してのメッセージ。

それでは、多読をやめたほうがいいのか?

なにも、1冊の本を繰り返し読むのか、多読するのかと
2択にする必要はないと思います。

時期によって、この2つの読み方を切り替えてもいいですし、
時間に余裕のある人は、両方同時に行なってもいいでしょう。

そこで、私が繰り返し読むために選んだ一冊は、これ。
いかにして問題をとくか

3ヶ月くらいかけて、何度も繰り返し読み、
体に染み込ませたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント2件

コメントはまだありません

レバレッジ君

面白そうな本ですね。

「多くの本を読むより少数の本を完全にマスターするほうがいい。(中略)たえず新しい情報に接することが習慣になっていると、忘れることも習慣になってしまう。」

私もドキッとしました。早速、アマゾンで注文しました。

2010年04月29日 (木) 09:16

ikadoku

レバレッジ君さん

私の現在のブログ更新ペースは週に6日です。

残り1日は、なるべくPCや本から離れて
生活するようにしていますが、
本書を読んで、「同じ本を繰り返し読み考える日」を
別に1日設けようかと思案中です。

2010年05月01日 (土) 06:10