活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

すごい「実行力」

すごい「実行力」
すごい「実行力」
石田 淳 (2007/06/20)
三笠書房この商品の詳細を見る

満足度★★★★★

本書は、実行力をつけるための本です。
そして「結果は3日で出る」と言います。

それも、いつ・どこで・誰がやっても、効果がある
と言います。

それは、どんな方法か?

本書の示す方法は、行動環境を意図的につくり、
動機付けの条件を整えます。

対象とする行動が決まれば、
それを“しなければならない行動”から、“したい行動”へ。

例えば、空腹を感じたら必ず何か食べるように。

人間は、ニードとメリットを得るために行動するという
特性を利用し、行動を強化し、更には習慣化します。

基本的には、

  1.行動の動機付け条件をつくる
  2.行動を測定する
  3.行動を妨げるものを排除する

という流れになりますが、これを実行するための手法が、
スモールステップ化され、非常に分かりやすく、
実行しやすく書かれています。

泳げない子供が、スイミングスクールに入り、
徐々にステップアップして、無理なく泳げるようになるように。

また本書では、実行力カレンダー、実行力カード、
実行力チェックリストなど、実践するためのツールも、
いろいろ紹介されていて、具体的に実践しやすくしています。

正直なところ、本書で言われていることは、
いままでも、いろいろな本で言われてきたことが多いのですが、
それが非常によくまとまり、体系化されているという印象です。

なにより、文庫本の560円という価格で、この内容は
間違いなく、コストパフォーマンスが高い一冊と言えます。

この本から何を活かすか?

本書で、心を静める簡単な方法として、
「行動科学的リラクゼーション」というのが、紹介されていました。

  1.全身に力を入れて硬直させる(10秒間)
  2.ゆっくりと力を抜き、全身の筋肉を弛緩させる(30秒間)
  3.1と2を5セット繰り返す


2で力を抜くときは、上から順に首、肩、ひじ・・・
というように、筋肉を一つずつ意識して、力を抜くそうです。

なれるまで、少し時間がかかるそうですが、やってみます。 

May the reading be with you!  

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/84-b1a2b3e0

TRACKBACK

すごい「実行力」

すごい「実行力」 「続ける」技術と同じ著者。☆5 おすすめ 部屋の片付けからセルフコーチングまで、成し遂げたいことがある人にお勧めします。 "「続ける」技術"はプロセス(Process)の本、"すごい「実行力」"はリザルト:結果(Result)を出すた

| とにかく前進! | 2007/09/25 00:42 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT