活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

会社の数字を科学する

会社の数字を科学する (PHPサイエンス・ワールド新書)
会社の数字を科学する (PHPサイエンス・ワールド新書)
(2010/01/21)
内山 力 商品詳細を見る

満足度★★★

「会社のカネ」について、ちゃんと学びたい人向けの入門書。

以前紹介した高橋洋一さんと竹内薫さんの本では、
政治を科学していましたが、
本書では「会社のカネ」について科学します。

それでは、科学するとは、どういうことか?

この点について著者の内山力さんは、学研から発売されていた
小学生向け月刊誌「科学」と「学習」を例に説明しています。

 ・学習 : 知識を覚えることが中心、お勉強 → つらいもの
 ・科学 : 「なぜなんだろう」が原点、理解する → 楽しいもの

つらい、楽しいは、あくまで内山さんの主観ですが、
私も小学生のころ「科学」の教材を毎月楽しみに
待っていたので、その気持ちは良く分かります。

科学するとは、好奇心を持つことから始まり、
原理原則を理解し、自らのまわりで起きている社会現象を
自分の目で見て考え、未知のものを予測すること。

本書では、「カネを科学する」、「会社を科学する」、
「ファイナンスを科学する」、「会計を科学する」、
「投資を科学する」の5章に分け、会社の数字を科学します。

この辺が、本書がPHPサイエンス・ワールド新書から
刊行されている所以。

内容は、理系の方がワルノリして書いた、
鳩山由紀夫の政治を科学する」のような雰囲気はなく、
いたってマジメです。

内山さんがビジネスパーソン向けに行なう、
2日間の「アカウンティング&ファイナンス」セミナーを
まとめて書籍化したものようです。

このセミナーが内山さんのコンサル会社の
最大のヒット商品となっているというのも納得の内容。

単なる表面的な決算書の読み方を解説するのではなく、
そもそものところから、わかりやくす説明し、
最終的には、それを仕事でどう使うかまで踏み込んでいます。

結局は、根本をきちんと理解するところから始めているので、
応用が利くということなのでしょう。

この本から何を活かすか?

  「税務調査に感謝!?」

会社を経営する人にとって、税務調査はイヤなものです。

本書には内山さんの会社に入った税務調査の様子が、
ドキュメンタリーとして紹介されていました。

いわゆる「おみやげ」を持って行かれる様子も
描かれています。

しかし、内山さんは会計のプロとしての税務署員に、
ここぞとばかりに、いろいろなことを教わり、
その後のセミナーなどで活かしたそうです。

税務調査の元は取ったということですね。

内山さんのように、誰もが避けたくなるようなイベントの時も、
常に学ぶ視点は忘れないようにしたいものです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会計・ファイナンス・企業分析 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/799-6eac7c76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT