活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

北海道キャンピングガイド 2007

2007年08月05日
旅行・アウトドア 0

北海道キャンピングガイド 2007
北海道キャンピングガイド 2007
株式会社ギミック (2007/04/15)
コア・アソシエイツこの商品の詳細を見る

満足度★★★★★

お久しぶりです。
約1週間のキャンプ生活から、通常の生活に復帰しました。

明日から、いつも通りのブログを再開しますが、
今日は軽めに、今回のキャンプでお世話になった
この一冊をご紹介。

本書は、北海道各地キャンプ場の正確な情報や、写真が網羅。
情報も毎年更新され、
ガイドブックとして高い実用性を発揮しています。

しかし、私が本書で一番気に入っているのは、
その根底に流れる精神です。

良識あるキャンパーを増やすための、
啓蒙的コラムが多く掲載されています。

以下、本書に掲載されている読者(キャンパー)への「おねがい」です。

  ・なるべく荷物は少なめに
  ・二重予約、無断キャンセルはしない
  ・まず、となりの人にあいさつ
  ・炊事場は水を汲む程度の場所、なるべく洗剤は使わない
  ・夜の宴会は22時まで
  ・ケンカはご法度
  ・寝る前に、ゴミや食料はきちんとする

当たり前のことばかりですが、実際にキャンプ場で、
マナーの悪いキャンパーを目の当たりにすると、
こういったことを、キャンプ場ガイドにキチンと書くことの
重要性を痛感しますね。

本当に好感が持てる、キャンプ場ガイドです。
北海道でキャンプの予定がある方には、強力にオススメします。

この本から何を活かすか?

さて今回、私がキャンプした先は、
道南、函館方面のキャンプ場2箇所です。

そのキャップ場情報を少々。

1.恵山海浜公園キャンプ場

 良い点:空いています。蚊がまったくいない。近くにコンビに。
 悪い点:風が強い。目の前の海は遊泳禁止。
 その他:道の駅に隣接しているので、車中泊の人多い。
      水無海浜温泉まで約20分、恵山登山口まで約20分


2.東大沼キャンプ場

 良い点:すばらしい景観。無料。キレイなトイレ。
 悪い点:特になし。(当然、週末は混みます)
 その他:カヌー持込可。帰りたくなくなります。

と言うことで、最後に今回持ち込んだカヌーを紹介。
AIRE
AIRE社、インフレータブル型カヌーの名艇です。
子供ができてからは、主にこれしか乗っていません。

May the reading be with you!

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません