活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

PLANNING HACKS!

2007年07月27日
アイディア・発想法・企画 0

PLANNING HACKS!
PLANNING HACKS!
原尻 淳一 (2007/04/27)
東洋経済新報社この商品の詳細を見る

満足度★★★★

世の中には、優れた企画やアイディアを生み続ける人たちがいます。

いったい、そういった人たちは、どんな秘訣をもっているのか?

この問いに対し、実はそういったヒットメーカーたちは、
2つの大きな秘訣を持っているというのが、本書の解答です。

その2つの秘訣とは、
一つ目は、優秀なプランナーは優れたアウトプットを生み出す
“システム”を持っているということ。

二つ目は、企画やアイディアを量産するために、
“二段階”で考て、多くの発想を誘発しているということ。

著者の原尻さんは、先輩方との仕事を通じ、
この2つ秘訣を見出したと言っています。

それでは、この2つの秘訣について、もう少し説明を加えます。

まず、1つ目の“システム”は、次の式で表されています。

  変数×代入式=企画書

ここでの変数とは、企画のための「材料」で、日々のアイディア・メモや
webブックマークからデータベース化したものです。

そして代入式とは、企画の「型」で、これもまたデータベース化したものです。

従って企画は、材料(変数)の中から必要なものをチョイスして、
適切な型(代入式)に流し込むという手順を踏むことで、
短時間で、多くのものをつくることが可能となります。

これが良い企画になるかどうかは、
蓄積された材料の質や鮮度と、
掛け合わせる際の組合せで決まります。

また、二つ目の秘訣である、アイディアを二段階に考えるとは、
次の2つの段階を踏むことを意味します。

  第1段階:とにかく気になる情報をすべて書き出し、
        発想の下地をつくることに専念する。
  第2段階:出てきた情報同士を結びつけて、アイディアを考える。

アイディアづくりを、この2つのプロセスに分けるだけで、
簡単にアイディアが量産できそうです。

本書が説明する大きなハックは、この2つになりますが、
他にも細かなハックが満載されていて、他のハックシリーズ
TIME HACKS!IDEA HACKS!)の中では、一番のオススメです。

この本から何を活かすか?

原尻さんは本や雑誌のレイアウトやチャートを集めて
見本帳をつくっているそうです。

その際の参考にしているのは、以下の雑誌や書籍です。

ハーバード・ビジネス・レビュー、Think!、情報の歴史(松岡正剛監修)、
pen、Cut、プロジェクト・ブック(阿部仁史他編集)

私も、手に取ったことのない本があるので、
書店で確認してみます。 

May the reading be with you!

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • 知人の書評ブログで見かけた本を早速読書!二段階発想によるプランニングってすごく現実的!コトラーのマーケティング・マネジメントを引用しての、企画案の骨子のありかた、マーケティング・インテリジェンスに求められる情報分類のカテゴリ分けは目からうろこ・・・ 様...

    2008.04.26 (Sat) 00:53 | 読もう/観よう/聴こう-->読む/観る/聴く-->読んだ/観た/聴いた