活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

サバイバル時代の海外旅行術

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)
(2009/08/18)
高城剛 商品詳細を見る

満足度★★★★

20数年前に、ふちの青い「地球の歩き方」を片手に世界中を放浪し、
「歩き方」だけでも過去に150冊以上買ったという高城剛さん。

高城さんは、時代と共に「歩き方」シリーズも変化し、
かつての手作りのリアル感が、ずいぶん薄らいだと指摘します。

未開の地をガイドするワクワク感の喪失。

この喪失感は、私の中では、橘玲さんの海外投資を楽しむ会が、
かつて出版されていた「ゴミ投資家シリーズ」がリニューアルして、
「小富豪のための」シリーズになって魅力が半減したのと似ています。

そこで、高城さんが本書で提案するのは、
本当に必要な旅行ガイドブックを自分で作ってしまうこと。

本書では、「高城流マイガイドブックの作り方」が披露されます。

前著の「70円で飛行機に乗る方法」では、
ローコストキャリア(LCC)情報の紹介と、高城さんの日本への不満が
吐露されていて、実用度はあまり高くない面がありましたが、
今回は、かなり使える情報満載。

ショッピング情報が中心の日本で出版されるガイドブックに
辟易している私としては、非常に楽しむことができました。

但し、高城さんの旅行スタイルに共感できるかどうかで、
大きく評価は分かれるかもしれません。

構成は大きく3つに分かれています。

  前 : ガイドブックのガイドブック(ガイドブック比較とオススメ本)
  中 : 旅の情報収集術(ネットでの収集術)
  後 : 旅の7つ道具とパッキング(iPhoneの活用も含む)

以下、私が読みたくなったガイドブックです。
  ・CREW GUIDE 2009(エアライン乗務員用の旅行ガイド)
  ・Usborne City Guides of London (子供用ガイド)
  ・Barcelona (Top 10 Travel Guide)(見どころトップ10が紹介)
  ・A Year of Festivals(世界の祭りガイド)

また、使ってみたくなったアイテムは次の2点。
  ・karrimor(カリマー) エアポートプロ 40(バックパックになるキャリーバッグ)
  ・MBTのスニーカー(履くだけでフィットネス)

なにかと話題や噂が取り沙汰されている高城さんご夫妻。

しかし本書には、芸能ニュースで見かける高城剛さんとは、
明らかに違う姿がありました。

この本から何を活かすか?

以前も取り上げたことはありますが、
私が、★★★★★のハワイの至高のガイドブックと
考えているは、次のシリーズです。
  ・Maui Revealed: The Ultimate Guidebook
  ・Oahu Revealed: The Ultimate Guide to Honolulu, Waikiki & Beyond
  ・The Ultimate Kauai Guidebook: Kauai Revealed
  ・Hawaii the Big Island Revealed: The Ultimate Guidebook
シュノーケル好きな人にはたまらない情報満載。

あと、高城さんも本書で激賞していたのが、
電子辞書と「旅の指差し会話帳」シリーズ。

私も英語圏では電子辞書、非英語圏では「指差し」シリーズを
必須アイテムと考えています。

私が、今、携帯用に欲しい電子辞書はこちらの
SII「IC DICTIONARY SR-G7000M」です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/668-892718ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT