活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ザ・メソッド

ザ・メソッド あなたの会社をキャッシュリッチに変える8つの秘訣
ザ・メソッド あなたの会社をキャッシュリッチに変える8つの秘訣
(2009/07/07)
広瀬 元義 商品詳細を見る

満足度★★★

アンリ・ジャール38歳、「ビジネス成功研究会」の専任講師で
フランス生まれで日本育ちの日系フランス人。

本書は、彼が講師を務める経営者対象セミナーの実況中継です。

参加者22名は、いずれも中小企業経営者。
セミナー参加費用は100万円!

全8回の講義は、経営哲学、チームビルディング、マーケティング、
リーダーシップから会計までバランスよくカリキュラムが組まれています。

第3講では、長靴に肩から膝まであるあるエプロン姿で、アンリは登場。
また第4講では、ゴリラの着ぐるみで登場。

各講義では、アンリのちょっとしたサプライズが
仕掛けられていて、全体的にはユーモアを交えながらも、
ハイテンションでセミナーは進行します。

トンプソン先生とテリー、パイク・プレイス・マーケット、
ノードストロームの体験談、パタコ動物園のゴリラ、お城造りレース

これらの、合間に紹介されるビジネスストーリーも
参加者の興味を引き付ける内容です。

実は、このセミナーは架空のもの。
講師のアンリ・ジャールも実在の人物ではありません。

今まで、物語形式で経営が学べるビジネス書は
数多く出版されています。
最近の面白いものとしては、「会計天国」などがありますね。

また、セミナー形式で書かれた本や、実際に行なわれたセミナーを
文章に起こした本も珍しくありません。

著者の広瀬元義さんは、この2つの形式を融合させました。

まず、カリスマ講師アンリ・ジャールを創造し、
彼が行なう架空のセミナーを実況中継する形で、
本書を著しているのが面白いところです。

話の内容もうまく組み立てられているので、読んでいる途中で、
この講義がフィクションであることを忘れてしまいます。

各講義の最後には、実践的な「宿題」も掲載されているので、
講義を聞いただけでは終わらないのも良いところですね。

100万円の参加費用は別にして、こんな魅力的なセミナーなら、
参加してみたいと思うビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

この本から何を活かすか?

  「意思決定と報告は日本語でするな」

やるのか、やらないのか。できたか、できなかったか。
これを「イエス」か「ノー」ではっきりさせないまま、
お茶を濁してしまう日本人が多いと、アンリは指摘しています。

確かに、ビジネスでは「イエス」か「ノー」をはっきりさせないと
生産性は上がりません。

私も、結論がハッキリしない典型的な日本人の対応を
してしまう時があるので、必要に応じて、
日本語思考と英語思考の切り替えを意識したいところです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/648-9d186fe7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT