活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

整理HACKS!

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣
整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣
(2009/06)
小山 龍介 商品詳細を見る

満足度★★★

小山龍介さんによる、「HACKS!シリーズ」の一冊。

書類、環境、情報、生活、思考、人脈の6つの分野について、
全部で90個の整理に関するハックが紹介されています。

本書の目玉は、「ペーパーレス&どこでもオフィス」を実現すること。

SugarSyncというアプリケーションと、
ドキュメントスキャナのScanSnapを組み合わせます。
更に、Evernoteを導入すると、メモまで一元化できるため、
固定された場所から解放されるだけでなく、
固定されたPCを利用することからも解放されます。

この「どこでもオフィス」実現には、iPhoneの活用も絡んできますが、
本書とは別に「iPhone HACKS!」も出版されているようですね。

さて、他にも本書で紹介されるハックは、それ以外にも、
ハイテクなものからローテクなものまで様々。

  ・紙の書類はクリアホルダーで時系列管理
  ・ティッシュとペン立ては固定して秩序を保つ
  ・本を捨てて情報吸収力を上げる
  ・書類を会社で受け取って評判を上げる
  ・創造性を高めるためのToDoリストのつくり方
  ・1年たったら名刺を捨てる

この中の「本を捨てる」ハックの目的は、本を新陳代謝させることで、
新しい情報を常に得る習慣をつけることにあります。

ですから実際には、ただ捨てより、少し手間をかけても、
不要な本は、売るなり、寄贈する方がイイですよね。

また、本書のようなハック本の魅力の一つは、
紹介される情報を切り取って、パーツとして使えることにあります。

しかし、小山さんは本書のまえがきで、次のように書いています。

  「整理のアイディアをお伝えするとともに、
  プロセスについて考える楽しさも伝えていきたい。」

これより、本書は3ステップで活用することが考えられます。

  ステップ1. そのままハックを取り入れる
  ステップ2. ハックの持つ仕組みを取り入れる
  ステップ3. 仕組み化する思考を取り入れる

1.の視点で読むのと、3.の視点で読むには大きな違いがあります。

会社に喩えるなら、従業員の視点と経営者の視点ぐらい差が
あるのではないでしょうか。

この本から何を活かすか?

さて、簡単にはステップ3.の視点での活用は思いつかないので、
まずは、すぐできるステップ1.の視点で、私が活用するものについて。 

[即採用したハック]
  ・Picasa3の利用(Picasa2のまま使っていました)
  ・類語辞典weblioの利用
  ・IMEバーを画面上端中央に置く

[採用検討中のハック]
  ・本の目次を縮小コピーしてノートに貼る
  ・観葉植物カプセルプランツを机上に置く
  ・マウスではなく、トラックボールを使う

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/642-b86bec36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT