活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

出逢いの法則

出逢いの法則
出逢いの法則
(2009/07/10)
クレア&イチロー 商品詳細を見る

満足度★★★

本書は、二人の男女が運命的なパートナーとして
出会うまでの物語です。

主人公は、クレアさんとイチローさん
同時に本書の著者でもあります。

クレアさんは、東京に住む日本人女性。
小学生の娘さんを持つシングルマザーです。

イチローさんは、シカゴに住む日本人男性。
留学後、勉強と研究に明け暮れる日々を過ごしていました。

二人は日々の生活の中で、悩み、行き詰まりを感じ、
今の自分を変えたいと思い、それぞれが住む地域で開催される
自己啓発系のイベントやセミナーに参加します。

クレアさんは、本田健さんのイベントに。
イチローさんは、アンソニー・ロビンズさんのセミナーに。

それをきっかけに、徐々に変わっていく二人。

そして物語は、東京、シカゴ、ゴールドコーストと
舞台を変えて大きく展開し、
二人は運命的ともいえる出会いをします。

女性側と男性側の両方の視点から描かれていますから、
誰が読んでも感情移入しやすいストーリーです。

但し、二人の出会いは、最初から決まっていた、
いわゆる赤い糸で結ばれていたものではなかったはずです。

自分を変える行動をとらなければ、決して出会うことのない環境で
二人は生活していました。

それが、勇気を持って少しずつ行動を起こすことで、
自らの力で引き寄せた出会いだったのです。

本書は二人の経験を2部構成でまとめています。

第1部は、実話に基づく二人の出会いの物語(約170ページ)
第2部は、出会うための法則(約70ページ)

これから、人生のパートナーを見つけたい人には、
背中を押してくそうな一冊です。

と、ここまで書いていてなんですが、正直に言って、
恋愛関係の本を記事にするのは、私はどうも苦手です。

やはり恋愛本は、bestbookさんのブログ
精神科医が読み解く、ビジネス・投資・自己成長のヒントになる本
にお任せした方が良いかもしれません。

この本から何を活かすか?

本書では、男女間のコミュニケーション・メソッド として
イチローさんが考案した「プッシュ&プル・メッソド(PPM)」が
紹介されていました。

異性間のコミュニケーションのスキルを4つの要素に分け、
「ラポール」と「性的緊張感」のバランスをうまくとるようです。

  ・楽しさの要素45%
  ・思いやりの要素25%
  ・ロマンスの要素25%
  ・ワルの要素5%

この割合が、とても大切と説明されています。

既婚者の私が、どこかでこのメソッドを使っても
良くない事が起こりそうなので、
私は我が家における、家族間コミュニケーションの要素を
PPMに習って考えてみました。

  ・信頼の要素45%
  ・尊敬の要素25%
  ・楽しさの要素25%
  ・チャレンジの要素5%

既婚者の皆さん、こんな割合でいかがでしょうか?

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 07:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです。

ikadokuさんは本当に様々な本を、しかもかなりのハイペースで読んでいらっしゃいますね。
何か速読のコツですとかございますか?
あれば是非教えていただきたいです!

又、ikadokuさんの一年以上前の記事になりますが、二つ程、TBさせて頂きます。。
よろしくお願い致します。

| kat.eb21 | 2009/08/24 17:47 | URL |

kat.eb21さん

トラックバックいただきありがとうございました。

正直、私は速読テクニックを持ち合わせていないので、
あまり良いアドバイスはできませんが、
挙げるとすると次の2点でしょうか。

1.目標時間を決めて読む
2.時間がないときは、立ったまま読む

いずれにせよ、量がスピードを生むような気がします。

| ikadoku | 2009/08/27 07:59 | URL |

量がスピードを読む、ですか。
なんとなく分かる気がします。

ありがとうございました!

| kat.eb21 | 2009/08/27 16:28 | URL |

kat.eb21さん

こちらからも、TBさせていただこうと思いましたが、
どうもうまく反映されないようです。

| ikadoku | 2009/08/28 07:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/636-19660564

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT