活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ビジネス力の磨き方

ビジネス力の磨き方
ビジネス力の磨き方
大前 研一 (2007/04/19)
PHP研究所この商品の詳細を見る

満足度★★

朝の貴重な時間をNHKニュースと「日本経済新聞」に費やすような
前世紀の習慣は、いまではほとんど時間の浪費に過ぎないから、
即刻やめるべきだ。

このように、本書の著者、大前研一さんは言っています。
大前さんは、十年前に新聞の購読をやめたそうです。

それでは、大前さん自身は、どのように情報を得ているのか?

本書によると、朝5時にパソコンを立ち上げ、
RSSリーダーで世界の主要なニュースサイトやブログの
約500本の記事に15分で目を通し、重要だと思うもの保存したり、
会社へ送信しているようです。

確かに、500本もの記事を短時間で判断するには、
RSSリーダーは欠かせません。
そして、余計なバイアスがかからないという点で、
すべての見出しが、同じ大きさのフォントで表示されるのは、
RSSリーダーの利点ですね。

私も最近では、こんな便利なものはないと思っていますが、
実際に自分で使うまでは、RSSリーダーの良さが分かりませんでした。

さて、本書はPHPの“力”シリーズとして企画されたこともあり、
各章には「先見力」、「突破力」、「影響力」、「仕事力」
「人間力」、「ビジネス力」というタイトルが冠されて、
このテーマについて、大前流の考えが示されています。

これからの時代で、活躍するために求められる、
考え方や、仕事の仕方について、とことん言及されています。

私は大前さんの信者ではありませんが、
その発言は、過去の著作や雑誌、メルマガ等でチェックして
いますので、本書は少し新鮮味が感じられませんでした。

ある程度、大前さんの発信する情報に、なじんでいる方にとっては
本書は、ちょと物足りなさを感じるかもしれません。

この本から何を活かすか?

大前さんは、毎年テーマを決めて深く研究し、
その内容を本として出版すると、言っていますが、
本書や他メディアでの発言から、
目下の注目は「ロシア」だということがわかります。

そこで、大前さんがロシア本を出版する前に、
自分でロシアについて調査し、独自の見解を持ったうえで、
その本の出版を待つというのは、どうでしょう?

自分の先見力と、世界に名を馳せる大前さんの先見力を
比べる絶好の機会ではないでしょうか?

May the reading be with you!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 10:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コメントありがとうございました

こんにちは。
本書はざーっと、一気呵成に書き上げた感がありましたね。

「新聞の見出しの大きさに情報の価値を左右される様では
 その新聞のデスクの知性を超えることは出来ない」という
ような一文がとても印象に残っています。

もう情報は殆ど無料で手に入るし、それをどう読み取るか、
組み合わせるかの能力が重要というのはその通りだと思います。
同じく大前さん訳「ハイコンセプト」に出てくる「カンニングOKのテスト」の
話も、同じ流れでとても興味深かったです。

またよろしくお願いします。

| 面白半分 | 2007/07/24 11:39 | URL | ≫ EDIT

面白半分さん

この本、最近いろいろな媒体で大前さんが主張していることの
集大成という感じもしますので、本当に一気呵成に書いたんだ
と思います。
情報を活かして、新たな価値を生めるようになりたいものです。

| ikadoku | 2007/07/25 10:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/62-9efb9003

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT