活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

究極のセールスレター

2007年07月14日
マーケティング・営業 0

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
ダン・ケネディ (2007/03/30)
東洋経済新報社この商品の詳細を見る

満足度★★★★

やっぱり、ダン・ケネディさんは凄いと実感させれれる一冊でした。

「彼に、セールスレターを頼めば、どんなものでも売れてしまう」
これを読んだ多くの方が、そう思ったのではないでしょうか。

もちろん、できあがったレター自体がお客さまを魅了するのは、
言うまでもありませんが、その作成手法がシステム化されていて、
本書の手順で作成すると、誰でも再現可能と思えてしまいます。

本書のよい点は、一冊まるまる“セールスレター作成”に
特化しているので、あまりマーケティングの知識がなくても、
すぐに実行できることです。

作成方法は28のステップで詳しく説明され、レター事例も満載。
そして、封筒の選び方から、チェック方法、
更には、発送に至るまで網羅される念の入りようです。

まさに、神は細部に宿るという表現がピッタリ。

これだけの事ができれば、監訳者まえがきで、
神田昌典さんが、“マーケティングの闇”や“使う者の倫理観”について
言及しているのも、十分納得できます。

既にいろいろな書籍で紹介されていたり、多くのマーケッターの方々が、
ダン・ケネディさんの手法をアレンジして紹介しています。

しかし本書を読む限り、オリジナルが日本のものではないだけに、
想像力を働かせることで、日本のマーケットに向け、
あるいは新しいメディアを使って、まだまだアレンジのし甲斐があると
感じました。

この本から何を活かすか?

「セールスレターを受け取った人が、郵便物の束を両手に
ゴミ箱の脇に立って選り分けているところを目に浮かべるといい」

これは、ゲーリー・ハルバートさんの言葉として、
本書に紹介されていました。

ブログを書く私たちは、何かを売るわけではありませんが、
これと同じ状況を想像して、記事を書かなければなりませんね。

そこで重要となるのが、魅力的な“記事タイトル”のつけかた。
あまり派手過ぎてもスパムっぽくなるので、加減も必要です。

今のところ、当ブログは本ブログなので、単純に書名を
そのまま記事タイトルにしていますが、今後、本以外の記事を
エントリーする時は、ちょっとタイトルを工夫してみようと思います。

May the reading be with you!

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • 今日のフォトリーディングはダイレクト・マーケティングの世界的グル、ダン・ケネディの「究極のセールスレター」です。 正直、紹介するのが遅いかなと少々迷いましたが、 やはり良い本ですので書いてみることにしました。 究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に

    2007.07.18 (Wed) 01:09 | フォトリーディング@Luckyになる読書道