活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プロフェッショナルアイディア。

プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。
プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。
(2007/02/28)
小沢 正光 商品詳細を見る

満足度★★★★

私は知らなかったのですが、著者の小沢さんは、
博報堂のエクゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターで
アサヒ「スーパードライ」のCM作成などで有名な方のようです。

プロのアイディアは思いつきではない

本書は、こんな前書きから始まります。

アイディアづくりのプロとアマの差は、ボウリングのプロとアマの差。
つまり、回を重ねるごとに、良いアイディアが出る確率に大きな差が出てくる。

こう言われると説得力がありますね。

そして、本書では一定レベルのアイディアを出すための
方法論がいろいろと紹介されています。

プロはこうやって考えているんだな~
というのが、良くわかります。

中でも、面白かったのは、
アイディアを考える時に、あえて「枠」をつくるという手法。

「枠にとらわれず考えよう!」みたいなフレーズは
よく聞きますが、プロは、逆に枠をつくって考えることもあるようです。

例えば、どんな本でもいいので、本を1冊選び、
その本を「枠」と限定して、その中から、アイディアを一つひねり出す。

確かに、何の制限もなく、ただ漠然と考えるより、
ずいぶん考えやすいかもしれません。

この本から何を活かすか?

小沢さんは、アイディアを「壁」に貼ると、
自分の頭の中を客観的に見つめることができると、言っています。

そして、仕事場にあるホワイトボードの写真も掲載されていました。

実は、ちょっと前から目をつけていたホワイトボードがあったのですが、
少々、高価なので二の足を踏んでいました。

アイディアのために、思い切って購入します。

May the reading be with you!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 11:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とっても良書でした。

| coffee | 2008/11/08 19:50 | URL |

coffeeさん

本当に良い本でしたね。
「3ラウンド3回」
学ぶべき点が沢山ありました。

| ikadoku | 2008/11/10 10:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/6-a73a418d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT