活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法

「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!
「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法―チラシ・DM・ホームページがスゴ腕営業マンに変わる!
(2009/05/15)
岡本 達彦 商品詳細を見る

満足度★★★

お客さまアンケートから、効果的な広告を作るための本。

  「マーケティングを勉強している時間がない方でも、
  すぐ実践できる内容になっています。」

著者の岡本達彦さんが、このように説明している通り、
難しいマーケティング用語は、ほとんど登場しませんから、
すぐに結果を出したい人には最適。

逆に、実践ではなく理論をじっくり勉強したい人には不向きです。

なぜ、売れる広告を作るために、アンケートが必要なのか?

それは、必要な情報は売る側ではなく、お客さまが持っているから。

自分の価値を一方的に押し付けるのではなく、
お客さま側から見たメリットや不安をアンケートで聞き、
素直にチラシ・DM・ホームページで活かします。

そこで登場するのが、岡本式「A4」1枚アンケート。

このアンケートには、いくつかの特徴がありますが、
ズバリ、最大のポイントは、お客様の購入プロセスに沿って、
購買心理を炙り出す仕組みがあることです。

アンケートは、一見なんの変哲もない普通のアンケートに見えますが、
岡本さんが多数のコンサルティングを行う中で、
不要な部分が削ぎ落とし、シンプルな形に完成したのでしょう。

更にアンケート集計後、「基本コンセプトシート」という、
チラシ・DM・ホームページの素となるものを作るのも特徴的。

この基本コンセプトシートでワンクッションおくことで、
俯瞰的な視点で、的を射た広告が作れるようです。

また、「大事なことはお客さまに聞く」というコンセプトは
今の岡本さん自身の仕事の起源にもなっています。

岡本さんは、販促コンサルタントになる前は、
設計事務所に務めながら、自分のために販促の勉強をしていたそうです。
自分で学んだ販促のノウハウを人に話しているうちに、
クチコミで広がり、人から相談を受けるようになったと。

そして、はじめて自分が持っているノウハウが
人の役に立っていることに気づいたそうです。

本書は、豊富な事例と分かりやすい解説で、
特別な経費もかかりませんから、
店を経営している方や、中小企業の方には有難い一冊ですね。

この本から何を活かすか?

岡本式「A4」1枚アンケートを真似て、
このブログのアンケートを作ってみました。

  Q1. このブログに初めてたどり着く前に、
    どのようなことを知りたかったですか?(欲求発生)

  Q2. どうやって、このブログを知りましたか?(情報収集)

  Q3. このブログを見つけて、すぐに記事を読みましたか?
    もし読まなかったとしたら、それはなぜですか?(購読不安)

  Q4. いろいろなブログがある中で、何が決め手となって
    このブログを読んでいますか?(購読実行)

  Q5. 実際に読んでみていかがですか?(購読評価)

とりあえず作ってみましたが、もう少しアレンジが必要のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 広告・PR | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/599-b6fce9de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT