活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

任天堂 “驚き”を生む方程式

任天堂 “驚き”を生む方程式
任天堂 “驚き”を生む方程式
(2009/05/12)
井上 理 商品詳細を見る

満足度★★★★

  「任天堂の1人当たりの利益は、米グーグルの62万6000ドルや、
  ゴールドマンサックスの124万ドルといった数字を凌駕する
  160万ドルもある」

2008年9月、英経済誌「FINANCIAL TIMES」はこのように報じたそうです。

最近のビジネス書の中でも、ブルーオーシャン戦略の
成功例として任天堂を取り上げるケースもよく見かけるようになりました。

現社長の岩田聡さん → マリオの生みの親の宮本茂さん
→ ゲーム&ウォッチの横井軍平さん → カリスマ経営者の山内浩さん

本書では、成功の方程式として、任天堂に受け継がれる哲学を
現在から過去へ遡る形で解き明かします。

実際は任天堂が、最初からブルーオーシャンを目指したのではなく、
レッドオーシャンの中で、もがき苦しみながらも、
その哲学を貫くことで、結果としてブルーオーシャンに辿り着いたことが
本書を読むと良く分かります。

例えば、最近ではWiiの大ヒット。

なぜ、Wiiはこれだけヒットしたか?

いろいろなビジネス書で分析される通り、「Wiiスポーツ」や
「Wiiフィット」などソフト面で、今までゲームをしない層を取り込み、
ブルーオーシャンを切り開いた面も確かにあります。

しかしそこしは、もう一つ重要な成功要因がありました。

それは、「お母さん至上主義」。

リンビングの主導権を握るのはお母さん。
つまり、お母さんに嫌われると、本当の意味で
その家庭に溶け込むことができません。

お母さんは、何を嫌い、何を喜ぶのか?

必要とされたのは、ゲーム機としての処理力の向上技術ではなく、
コントローラーとコード、色、省スペース、省電力、
清音、耐久性、価格などリビングに溶け込むための技術でした。

こういったお母さんに嫌われないことを、
苦しみながらも徹底的にこだわって実現することが、
任天堂がレッドオーシャンからブルーオーシャンで漕ぎ出す
大きな後押しにもなったようです。

本書は、著者の井上理さんの緻密な取材と文章構成のウマさが光り、
本当に読んでいて面白い一冊に仕上がっています。

任天堂ファンの方にとっては、マリオ、DS、Wiiなどの
誕生秘話などもあり、間違いなく楽しめますが、
それ以外の方が読むと、任天堂を好きになること請け合いです。

この本から何を活かすか?

  「枯れた技術の水平思考」

これは横井軍平さんが残した名言です。

実際に横井さんは、最先端の開発競争から外れた技術を、
アイディア一つで転用することで、「光線銃」や
「ゲーム&ウォッチ」などのヒット商品を生みました。

個人の中でも、「枯れた技術の水平思考」はできないか?

今日は、この点について考えてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 10:48 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

はじめまして!

はじめまして!
最近FC2にてブログを始めたkat.eb21と申します。
現在大学四年生の21歳・男です。

私がブログを始めた目的がikadokuさんのものと少し似た内容でもあるので、こちらのブログに大変興味を持ち、拝見させて頂きました。

私はikadokuさんとはとても比べられない未熟な小僧ではありますが、少しでも近づけるように頑張りたいと思います。

私のブログはまだまだお見せできるような段階ではないのですが、ブログ内でこちらのブログを勝手に紹介してしまうかもしれません(笑)
もしご不都合でなければ、私のブログにリンクの方を貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?
(相互リンクではないです。先程も述べましたようにまだまだお見せできる段階ではないですし、そもそもikadokuさんも相互リンクは休止中のようなので)

ブログはもちろん、人生の(少し大げさですが)参考にしたいと思っていますので、今後もこちらのブログにご訪問させて頂こうと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

| kat.eb21 | 2009/06/20 11:23 | URL |

こんばんは

とても興味深い書籍です。

最近、よく任天堂の成功例でWiiが一番に挙げられますが、
僕としてはDSだと思っています。
一方、Wiiはハードが売れたとこまでは大成功でしたが、
WiiFitなど一部のソフトしか売れてない印象です。。

どちらにしろ任天堂という会社が新しいゲーム利用者層を
開拓し、素晴らしい結果を残した企業であることに
変わりはありませんね・・

駄文失礼しました。
とても参考になるエントリでした。ありがとうございます。

| washbook | 2009/06/22 00:57 | URL |

kat.eb21さん

ブログはその人の持っている1面しか表していません。
きっとkat.eb21も、ブログ自体は始めたばかり
かもしれませんが、私より優れている点をいくつも
持っている方だと思います。

もちろん、リンクしていただいて結構ですし、
ブログ上では年齢・経験に関係なく誰もが気兼ねなく
フラットな関係を作れますので、kat.eb21さんも気楽に
コメントいただければと思います。

サイトURLがわかれば、是非、訪問させてくださいね。

| ikadoku | 2009/06/23 11:48 | URL |

washbookさん

実は、私自身はほとんどゲームをしないので、
肌感覚として、DSやWiiがどの程度浸透しているか、
あまり実感がありませんでした。

確かに言われてみると、ウチの子どももDSは
欲しがりましたが、Wiiは欲しがりませんでした。

実際のところ、washbookさんが指摘するように、
Wiiはゲーム層の拡大という目的は果たしても
今までのゲーム機以上に、子どもの心は
捉えていないのかもしれませんね。

| ikadoku | 2009/06/23 11:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/585-cefc0424

TRACKBACK

任天堂 ”驚き”を生む方程式

任天堂 “驚き”を生む方程式井上 理 日本経済新聞出版社 2009-05-12売り上げランキング : 14830Amazonで詳しく見る by G-Tools サブプライムローンで世界で唯一最高成績を叩き出したのは、任天堂らしさの追求にある。任天堂らしさとは、独創的で柔軟。人に喜ばれることが好

| 1分で読んだつもり | 2010/11/28 22:57 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT