活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

A6ノートで読書を超速化しなさい

A6ノートで読書を超速化しなさい―たった一週間でプロフェッショナル! ビジネス書をお金に変える魔法のノート術「シン
A6ノートで読書を超速化しなさい―たった一週間でプロフェッショナル! ビジネス書をお金に変える魔法のノート術「シンプルマッピング」
(2009/04/25)
松宮 義仁 商品詳細を見る

満足度★★★

  「そんな読み方している暇があったら仕事しろ」

著者の松宮義仁さんが言う「そんな読み方」とは、どんな読み方か?

それは、趣味のような愉しい読書であり、
たとえビジネス書であっても、目的や時間制限を持たない
本の読み方を指しています。

本書では、アウトプットを考えた高速読書法と、
マインドマップを簡略化したメモ術を伝えます。

中心となる「シンプルマッピング流・本の読み方」は次の通り。

  1. 目的=テーマありき(アウトプットを想定)
  2. 疑う(半分疑いながら読む心構え)
  3. 3回読む・その1-スキャン読み(10~20分で全体像をつかむ)
  4. 3回読む・その2-通常読み(30分で必要な部分を折り目をつけながら)
  5. 3回読む・その3-拾い読み(5分で折り目のページのみ)
  6. マッピング(A6ノートにシンプルマッピング)
  7. 反復学習(マップ自体を繰り返し見る)

本の読み方自体は、全体を俯瞰してから、不要な部分を飛ばし、
重要と思われる部分だけをじっくり読む方法です。

ポイントとなるのが、マインドマップを簡素化(応用?)した
「シンプルマッピング」というA6ノートへのメモ術。

文庫本サイズのA6ノートを見開きで使うので、
実際に使う紙面はA5サイズですが、この大きさの制約が
良い意味で「制約」となり、1冊の本から本当に必要な部分だけを
抽出するのに役立つと解説されています。

右側のページに本のポイントを書き込み、
左側のページには、アイディアや気づきを書き込むようです。

興味のある方は、YouTubeで公開されている動画をご覧ください。


あまり労力をかけず、「超速化」することが売りのようですが、
私には少し簡略化し過ぎて、特に同じようなメモが増えると、
後から役立つかどうか微妙な感じに思いえました。

また、本書は「補論」を加えて増ページをしていますが、
この部分は、ちょっとネタが尽きて付け加えた感じが否めません。

【参考】本書で紹介されていた本と文具
  ・レバレッジ・リーディング
  ・フォーカス・リーディング
  ・地頭力を鍛える
  ・いま、すぐはじめる地頭力
  ・コクヨS&T カバーノート2冊収容タイプ A6

この本から何を活かすか?

私の読書メモは、B6サイズサイズのリフィルに、
マインドマップ風(完全にニセモノですが)にメモを書いているので、
見た目は本書の「シンプルマッピング」に、少し似ています。

メモしている分量・密度の濃さと、後から本の該当箇所を
確認するために、記載ページをメモしていることや、
ポイントをメモした後に、色ペンで各項目の相関関係と、
自分のアイディアを書き加えていることが大きな違いです。

また、どこに何が書いてあるのかを探す場合は、
ブログ自体の検索機能を使ったり、
テキストで残している下書きを、Googleデスクトップ検索します。

まだまだ、改良の余地があるので、
いろいろな方のメモ方法を、参考にしたいところです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 11:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/06/12 00:44 | |

『フィシュボーン・ノート術』という本。
ご存じかもしれませんが、このあいだ書店で見かけて、
のぞいてみました。

魚の骨のようなダイアグラムを使ったものです。
50年くらい前に日本人が作ったもので、
いろいろなところで活用されているようです。
知りませんでした。

マインドマップみたいなものだと思いますが、
時系列や論理構造をはっきりさせるには、
こちらのほうが向いているような気もします。

読んだ本の記録なんかをマインドマップで残そうか、
と思ってたので、ちょっと気になってきました。

| kenn | 2009/06/14 17:13 | URL | ≫ EDIT

kennさん

いつも情報提供ありがとうございます。

この本、Amazonで見かけましたが、
フォレスト出版の本なので、
実際に書店で見てから買うかどうか決めようと
思っていました。

フォッシュボーンと言うくらいだから、
てっきり外国産のフレームワークかと思っていましたが
意外なものですね。

| ikadoku | 2009/06/17 13:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/578-97bc1176

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT