活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

食い逃げされてもバイトは雇うな

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
山田 真哉 (2007/04/17)
光文社この商品の詳細を見る

満足度★★★

世の中には不思議な人もいるものです。

株式投資で、“企業研究して選んだ銘柄”と“適当に選んだ銘柄”、
どちらの方法が良いパフォーマンスを示すか、実際に株式を購入し、
実験した人がいるようです。

その人こそ、本書の著者。山田真哉さんです。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」が売れたので、
念願の実験ができた書いていましたが、実際に購入してみないと、
検証できないようでは、投資家としては失格ですね(笑)。

さて、本書の目的は“数字がうまくなること”。

「さおだけ屋」では、身近な例を題材に、
かなり分かりやすく会計の初歩が説明されていましたが、
本書では、会計以前のいろいろな「数字」の見方について、
もっと易しく、またまた身近な面白話を例に説明しています。

ですから、数字が苦手な人には内容的に役立つかもしれませんが、
それ以外の人は、軽い面白読み物として読むことになります。

ただ、タイトルやサブタイトルのつけ方、上下巻への分割など
売るための工夫が詰め込まれているので、
いろいろと勉強になる点は多くありますね。

ちなみに、本書のタイトルは、ラーメン屋など飲食店の場合、
食い逃げされるコストと、新にバイトを雇うコストを比較して、
感情ではなく、経済合理性で判断せよと言う意味です。

こう説明されると、面白くもなんともない話ですが、
それを興味を引き付ける本にできるのが、山田さんの才能でしょう。

この本から何を活かすか?

本書のなかで、数字の見方として「期待値」の話しが出てきました。

確かに私も、世間では意外と期待値を
意識していない人が多いなあと、実感することがあります。

例えば、宝くじ売り場に並んでいる方たちを見ると。

「無くしても惜しくないけど、いざ当れば、すばらしい何かが待っている」

こんな期待で買ってしまうのでしょうか?
“宝くじ効果 Lottery Effect”と言うそうですが、
ちょっと研究してみる余地はありそうです。

May the reading be with you!

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 10:39 | comments:9 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT

TB&コメントありがとうございました

こんにちは。TBいただき拝読いたしました。
私も「知ってることばかりじゃん」と軽い読み物として
読んだくちです。しかし山田氏の筆力はすごい。
「読むのは1時間,効果は一生」のコンセプトで書かれたこの本,
書かれていることはほとんど既に知っていたつもりの私も
(ちょうど少し気にかけていたことにはまる内容だったせいも
ありますが),私の後半生も数センチくらい動かされたような気がします。

※期待値…ときたま度外視で夢(宝くじ)を買うこともありますが
 私はふだん結構意識しますね。懸賞などは競争率の低そうなものを
 狙い打ちにしています。
 (応募者数が公表されていて競争率がわかる雑誌のクイズなどは特に)

| d_d- | 2007/07/10 12:38 | URL |

ありがとうございます

ブログ読ませて頂きました。

山田氏の文章の言い回しなど、巧いと思わせる感じですね。

ホントにさらっと読み終え、その後色々な場面で意識している自分がいました。

個人的には「99%の意識と1%の知識」という言葉は数字に限らず大切な事だなと思うと同時に、すごい説得力のある言葉だなと思いました。

| なり | 2007/07/10 19:40 | URL |

TB&コメントどうもです

TBありがとうございます。
この本と「さおだけ屋~」を読んでから会計の本を読むと
すっと内容が頭に入ってきます。

会計=難しいのフィルターを取る効果が山田氏の本にはあると思います。

週5冊とはすごいペースですね。
お互いによい読書ができればいいですね。

| 114 | 2007/07/10 21:58 | URL |

TBありがとうございました。

「当たり前のこと」をいかにドラマチックに書くか。
「難しいこと」をいかに平易に書くか。

どちらも読者をぐいっとひきつける大切な要素ですよね。
私みたいに理解力の乏しい人でも、ちゃんと理解できたし、なにより「面白い!」と感じられた一冊でした。

| つき | 2007/07/11 08:05 | URL | ≫ EDIT

d_d-さん

私も、山田さんの筆力には感心させられることが
多いのですが、今回の本にはいろいろな工夫が
盛り込まれていて、面白かったですね。

なりさん

一級建築士の試験を間近に控えていらっしゃるのに、
コメント頂きありがとうございます。
99%の意識と1%の知識で、ぜひ、突破してください。

114さん

親不知、抜いたんですね。
私も一昨年、4本とも抜いたことを思い出しました。
抜いた後が埋まるまで、しばらく辛抱が必要ですが、
その後は快適ですよ。

つきさん

最近のビジネス新書は充実していて、読み易いものから、
深いテーマのものまで、いろいろ出版されています。
もし、トラックバック、やったことがなければ、
私のブログを練習台に使ってください。

| ikadoku | 2007/07/11 09:21 | URL |

TBありがとうございました

そう、数字のうまい使い方、それが重要な内容でした。
ちっとも触れていなかったですね(笑)

僕などのように普段から同じ方向性で考えている人間はスルスルと頭に入るのですが、例えば宝くじを買うような人種にとってはどうなんだろう? 少し気になりますね。

| dotecha | 2007/07/11 16:38 | URL |

dotechaさん

この本を読んで、ブログの記事にも「数字」を入れよう
と思いましたが、なかなかできません。
やはり、わかることと、できることの差は大きいと実感しました。

| ikadoku | 2007/07/12 10:25 | URL |

お久しぶりです。
コメント&TBありがとうございました。

数ある会計の本の中で読みやすさは郡を抜いていましたね。
確かに、ちょっと簡単すぎる位の方が、
内容がすっと頭に入って、記憶としても残りやすいと思います。

それでは、またお邪魔させていただきます。

| YSK | 2007/08/10 23:36 | URL |

YSKさん

物事を分かりやすく伝えるという能力、
山田さんの著者を読むと、その重要性を実感します。
私の場合は、簡単な本、難しい本、いろいろ読んで、
自分で考えてやっと、多少理解できるようになります。
また、寄らせていただきます。

| ikadoku | 2007/08/11 11:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/55-4a55fd02

TRACKBACK

『食い逃げされてもバイトは雇うな』と「水商売」に人生を学ぶ

キャッチコピーというか,執筆のコンセプトが「1時間で読めて,効果は一生」だそうです。なので,35分で読んでやりました。

| D.D.のたわごと | 2007/07/10 12:03 |

『食い逃げされてもバイトは雇うな』

楽天ブックスより 「数字が嫌い」「数字が苦手」「数字なんて見たくもない」そんな人でも正しい訓練をすれば、数字は誰でもうまくなる。数字がうまくなれば、インパクトや説得力のある文章が書けるようになるだけではなく、ビジネスにも強くなります。1時間で読めて一生効

| 雑記帳 | 2007/07/10 20:40 |

食い逃げされてもバイトは雇うな

売り払った後に書評て(笑)まあ筆者の言うように平易で分かりやすく1時間程度で読めるのもその通りしかし、それなら真ん中の生半可な株の話なんかしなくてよいよ増量材だろ?半分立ち読みしてたのにフラフラ買ってしまったさらに続編が出る風だが、こと「買う」かと言われれ

| 虎(黄にゃんこ)と馬と猫 | 2007/07/11 16:35 |

食い逃げされてもバイトは雇うな/★★★★☆

■数字がうまい人は「表現としての数字」を使う ・数字は言葉の一種、単なる記号以上の役割を果たしている ・数字がうまい人=表現のひとつとして、数字を積極的に使っている人■数字に意味を持たせる3つの技法 ・決めつけの技法  -あえて言い切ってしまうことでブレ

| YSK's Scrawled Note | 2007/08/10 23:35 |

『食い逃げされてもバイトは雇うな』

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)山田 真哉 by G-Tools 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違...

| 月のブログ | 2009/05/03 19:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT