活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術

2009年05月09日
投資 0
大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術
大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術
(2009/03/06)
諸星きぼう 商品詳細を見る

満足度★★★

「投資戦略」+「幸せ」について書かれた、ちょっと変わった本。

著者は金融・投資アドバイザーの諸星きぼうさん。

本書全体の流れは、「今後の予測」、「やってはいけない投資」、
「資産を3倍にする投資戦略」、「マネーと幸せについて」となっています。

メインシナリオは、基軸通貨としての米ドル崩壊。

そこで、諸星さんは次の
「今、やってはならにこと五か条」を挙げています。

  第一条 米ドルを持っては、いけない
  第二条 金を買っては、いけない
  第三条 日本株を買っては、いけない
  第四条 住宅を買っては、いけない
  第五条 信用取引はしては、いけない

で、結局、何をするかというと、
「ユーロと豪ドル買い」と「米ドルのショート」です。

この戦略が当たるか外れるかは、投資期間によります。
通貨の動きにはサイクルが見られる場合も多いので、
そのサイクルに合えば、上記の戦略で成功しますし、
合わなければ損をすることになります。

ところで、本書で目を引くのは、諸星さんの大胆な予測です。

  ・NYダウが4,000ドル割れ
  ・秋~年末にかけ日経平均5,000円付近まで下落
  ・米ドルは必ず下落し、1ドル50円付近までフリーフォール
  ・これから金価格は必ず下がる
  ・日本の金利は永遠に上昇しない

どうせなら極端な予測を書いていたほうが、
当たった時のインパクトが大きいので、
それを狙っているのではないでしょうか。

実際に諸星さんのブログを拝見すると、
日経平均の目先のターゲットは9530円(2009年5月7日記事)と
なっているので、あくまでも上記の予測は書籍用の
リップサービス(?)と考えるのが妥当でしょう。

また、終盤の「マネーと幸せについて」のパートでは、
お金がなければ幸せになれないという思い込み
を捨てることの重要性が書かれています。

この考え方は中村天風さんの「君に成功を贈る」が
ベースになっているそうです。

この本から何を活かすか?

昨日の記事で私は、最低1年間、できれば3年間、
半分の生活費で暮らすことを推奨しました。

諸星さんも本書の中で、生き方をパラダイム・シフトするために、
同じような事を述べています。

  「年収600万円を貰っていた人なら、600万円に
  アンカリングされていると思うが、それを年収300万円程度まで
  ドラスティックに落とす必要がある。」

「マネー」のアンカーは下げ、「幸せ」のアンカーは上げる。
そうすることで、マネーと幸せのリンクが外れる。

お金は、無いよりある方が選択肢が広がるので、
イイに決まっていますが、諸星さんのこの考え方には、
私は大いに賛成します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません