活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

レバレッジ時間術

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
本田 直之 (2007/05)
幻冬舎この商品の詳細を見る

満足度★★★

本書は「レバレッジ・リーディング」で有名な
本田直之さんの、時間投資のノウハウ書です。

時間は誰でも平等に1日24時間。
貯めることはできないが、“増やす”ことはできる。

いったい、どうやって時間を“増やす”のか?

そのためには、時間に対する考え方を変える。

消費する時間から、“投資”する時間へ。
これは、単に時間を節約することではありません。

それでは、時間を投資するとはどういうことか?

その答えは、本書のタイトル通り、時間にレバレッジをかけること。
時間資産を雪だるま式に増やします。

具体的には、どうするのか?

これは、投資と同じく雪だるまの芯をシッカリ作る。
すなわち、“仕組みづくり”に時間をかけるということです。

この辺りの考え方は、「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
の勝間和代さんと同じ考えですね。

例えば、永続的な仕事の時間を10分短縮できた場合でも、
10分が永続的な回数短縮されると、相当多くの時間を生み出します。

そして、最大のポイントは、
時間投資によって生み出された時間を再度、投資すること。

この再投資により、時間という雪だるまが、
どんどん成長し、さらに大きな時間を生み出すという考えです。

Doing More With Less(少ない労力で、多くの成果を)

これは、本田さんのモットーで、
私もここ2年ぐらい、意識している考え方です。

そのきっかけは、「パーソナルブランディング」を読んだから。
相当な回数、この本を読み返していますが、
この本、本田さんの翻訳だったということを忘れていました。
大変失礼いたしました。

この本から何を活かすか?

「テレビはリアルタイムで見るな」と本田さんは言っています。

私も、リアルタイムでの放送は見ませんが、
本田さんのようにHDレコーダーは使用していません。

HDレコーダーに、そんなに関心が高くなかったので、
気づきませんでしたが、早回しで見れたり、CMスキップできたり、
確かに便利そうですね。

そろそろ購入を検討してみます。
(今回の記事は下の「Lead More・続きを読む」があります)

 May the reading be with you!



少々、本文が長めになりましたので、
めずらしく、「Lead More・続きを読む」に書き込みます。

本書を読むと、私は特に不都合を感じていないのに、
本田さんは不都合を感じているような箇所がありました。

その1.
スケジュールを俯瞰するのに、手帳では不都合なので、
A4サイズのカレンダーを使用していると本田さんは言っています。

→私は普通にバイブルサイズの手帳に、月単位のリフィル
 Monthly Planを使って、ある程度スケジュールを俯瞰できています。

その2.
プールではアイディアが浮かんでもメモを取れない
と本田さんは言っています。

→私は本書もプールサイドで読みましたし、
 手帳も持ち込んでいるので、そんなに不都合は感じていません。

あと、名刺の究極の整理法として、むきだしで積んでおいて、
山が高くなってきたら「捨てる」というのがありましたが、
私は同じ捨てるでも、野口悠紀雄さんの「押し出しファイリング」
を名刺に適用しています。これって意外と便利ですよ。

以上、些細な追加の記述でしたが、
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 時間術 | 10:36 | comments:14 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT

レバレッジ時間術

ikadoku-sama,

チャーリーのblogにコメントを頂き、ありがとうございました。また貴blogの記事、拝見させていただきました。

HDDのレコーダーは導入してみて、革命的な商品だと思いました。実際普段TVをみる時間はほとんどありませんが、隙間の時間に必要な番組の必要な箇所だけみたりするのに大変便利です。

TV局の編成権が、家庭に移行するという意味で、革命的だと思います。

| チャーリー | 2007/07/06 16:03 | URL |

はじめまして、ikedokuさん

 こうめい書店にコメントを頂きまして、ありがとうございます。
 仕組み作りは本当に大切だと思います。なにせ僕はフリーターの身なので、自己管理には相当気を遣っております。
 こういった本に巡り合える事はありがたいと思います。
 今は多読をしているので、同じ本があればまたコメントします。

| こうめい | 2007/07/06 18:10 | URL | ≫ EDIT

TB&コメントありがとうございます

ikadokuさん
コメントありがとうございます!
時間を投資するという発想は大事ですよね。
私もディテールは各々にあった方法を採用すればいいと思います。
それにしてもikadokuさんは毎日本を読んでらっしゃって凄いですね。
自分の興味ある書籍ばかりなので、書評が大変参考になります。
これからも更新楽しみにしています。

| カワモリ | 2007/07/06 18:45 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます!
ikadokuさんの本を読む感想鋭いですね!
参考にさせていただきます(^^)

| イサ | 2007/07/06 19:31 | URL |

この本、私も読みました!

ikadokuさん

この本、私も読みました。
危機のマニュアルは必ず読むというお話が一番心に残っています。
これからは実践してみます。・・・GW

| GW | 2007/07/06 21:44 | URL |

はじめまして。

ikadokuさん

コメント、ありがとうございます。年間300冊とは・・・すごいですね。私は週に1冊が精一杯です。

更新、楽しみにしてます。

| nahopapa | 2007/07/06 22:34 | URL |

イカドクさん、コメントをありがとうございます。
すごい読書量にショックというか、感激です。

| 界門 | 2007/07/06 22:47 | URL |

TBありがとうございます

はじめまして。

私のほうからもTBさせていただきました。

読書を「活かす」こと、重要ですね。

ブログの更新を楽しみにしています。

| TK | 2007/07/07 17:50 | URL |

TB&コメントありがとうございます

初めまして。
TB&コメントありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきました。
本を読むのは好きなので、色々と面白い本を紹介くださいね。

| tokuchan | 2007/07/07 18:00 | URL |

チャーリーさん

HDDレコーダー情報ありがとうございます。そんなに革命的
なんですね。私は検討してから、購入に至るまでかなり時間が、
かかるほうなので実際の購入はまだ先ですがありがたいですね。

こうめいさん

私もだらだらと過ごさないよう気を使っていますが、
なかなか難しい。こういった本を読む度に、自分を戒めて
います。本とのめぐり合い、ありがたいものですね。


カワモリさん

カワモリさんが記事で書いていたように、最近の新書って
良いものが沢山ありますね~。かなりコストパフォーマンスが
優れている本が多いです。目が離せませんね。

イサさん

同じ本を読んでも、みなさん少しずつ違う部分に
共感していたり、異なる意見を持っていたり。
その辺りが、同じ本を読んだ方のブログで分かるので、
一段深く、理解できる気がしますね。

GWさん

あ~、私もマニュアルを読むというのは、盲点をつかれたな
という感じがしました。仕組みづくりの徹底が染込んでいれば
普通にできることなんでしょう。
あと、てっぺんの朝礼!よさそうですね。今度、読んでみます。

nahopapaさん

私は今でこそ、多読をしていますが、昔はまったく本を
読みませんでした。その時は、週1冊の読書でさえ自分には
ムリと思っていました。自分でもこんなに読むようになった
ことが意外です。

界門さん

この本の著者の本田さんは、いくつかの会社を経営しながら、
1日に数冊の本を読むといいますから、私など、まったく
足元にも及びません。更に決定的な違いは読んだ後の活用法。
私は、まだまだ、修行がたりません。

TKさん

実際活かすと言っても、その場で簡単にできることもあれば、
本当に身につけるまで、時間のかかるものもあります。
なんとか、自分の価値を高めていきたいものです。

tokuchanさん

私も根っからの、めんどくさがり屋です。
ほんと、だからこういう本を読むのかもしれませんね。
来週「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」を
読む予定です。

| ikadoku | 2007/07/08 07:15 | URL |

コメントありがとうございます。

Doing More With Less.では僕は考えこんで行動が遅れる傾向があるので、行動しつつ省力化を考え、最適化する方が良い物ができる傾向があります。

そこで、プログラマーの三大美徳を是としています。
大雑把にまとめて言えば「あとで楽するための現在の努力(システム化)」「”取り敢えずシステム作って”検証して修正、後の改造に手間をかけない仕組みを考えておく」「システムを洗練させる」ということでしょうか。

これが投資になって新しいシステムが早く作れるようになったり時間が生まれるようになりました。

僕よりもたくさん本を読むようなのでブログを楽しませて貰います。^^
ぼくの方にもまたコメントをつけてくれると嬉しく思います。

| まっくん。 | 2007/07/09 02:34 | URL | ≫ EDIT

まっくん。さん

「とにかく前進!」、今のインテルのキャッチフレーズ
Leap aheadみたいですね。ブログからもその志の高さが
伝わってきます。今後も、楽しみにしています。

| ikadoku | 2007/07/09 10:55 | URL |

HDDレコーダー

初めまして。

本田さんの時間術つながりできました。

HDDレコーダー、かなりおすすめですよ。

CMスキップと1.5倍速再生を併用すれば、1時間の番組が40分もあればチェックできますし、関心がないコーナーを飛ばせば、休日の午後で一通りの番組はチェックできます。

まだ一部、速聞きができなかったり、1.3倍速のプレイヤーがあるようですので、購入時には、1.5倍速に対応しているかどうかチェックされるといいですよ。

一番いいのは2倍速対応のプレイヤーが出ることですが・・・

| はるはる | 2007/07/17 20:20 | URL | ≫ EDIT

はるはるさん

どんどん、つながって来てください(笑)
HDDレコーダー1.5倍速がポイントなんですね。
よく調べてみます。
ブログ拝見しました。
ビジネス書だけでなく、セミナーや教材についても
書かれるんですね。私はほぼ、本オンリーなので、
今後とも参考にさせていただきますね。


| ikadoku | 2007/07/18 11:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/52-994e63e6

TRACKBACK

レバレッジ時間術(本田直之)

本書の論点は時間を消費することから、投資すると発想を転換すること。 時間を単に消

| TK-weBlog | 2007/07/07 17:47 |

『レバレッジ時間術』

なんか最近時間を無駄遣いしているなぁと思う貴方に。(笑) 楽天ブックスより 毎日いっぱいいっぱいに働いているのに、成果が上がらない人。定時で帰って休日も満喫しているのに、人並み以上の結果を残す人。一日二四時間は誰にも平等なのに、こんな不平等が生まれるのは、

| 雑記帳 | 2007/07/07 17:56 |

ハイリターンな時間投資法とは?●レバレッジ時間術

「時は金なり」ではなく「時は人生なり」。 全ての人に平等に与えられる「時間」。 その「時間」さえも「投資」で増やしてリターンを得る という考え方を説いた本が出現しました。 今日のフォトリーディングは本田直之さんの「レバレッジ時間術」です。 レバレッジ時間術

| フォトリーディング@Luckyになる読書道 | 2007/07/08 07:49 |

【書評風】 -濃い人生を送ろう♪-レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則

本田 直之 レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 ¥ 756 密度がある内容。 著者である本田さんが実践している時間術を惜しげもなく披露しています。 新書価格で...

| 加速度BLOG -新書主義- | 2008/01/02 21:49 |

レバレッジ時間術 - 時は金なり -

 少し前から、「レバレッジ○○」と言うような本をよく目にする。レバレッジとは、てこと言う意味である。レバレッジを効かせるというのは、てこのように小さな力で大きなものを動かすということであり、金融の世界などでは、昔から使われていた言葉で、言葉自体はそう目...

| 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館) | 2008/06/04 20:16 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT