活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ビジネス<勝負脳>

ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)
ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)
(2009/01/31)
林 成之 商品詳細を見る

満足度★★★

「リーダー」が知っておくべき、脳の性質について書かれた本。
リーダー論の本としては、異彩を放った一冊です。

著者の林成之さんは脳神経外科医。
北島康介選手などが活躍した2008年北京オリンピックの
競泳日本代表チームを指導した実績があります。

林さんが指導するのは、ここぞというときに力が発揮できる「勝負脳」。

本書では、「勝負脳」の鍛え方を通じ、
勝つためのリーダーに必要な知識を披露しています。

具体的には、脳の本能を利用した、心の動かし方、
記憶への残し方、意識付けの方法など。
単なる精神論ではなく、リーダーが身につけるべき能力を
次の6つの分野で示します。

  1. 自分に勝つ力
  2. 理解する力
  3. 指導者としてのカリスマ性
  4. 独創的思考能力
  5. 人間力
  6. 過去の体験や訓練を活かす力

これらの6つの能力には、それぞれ5つの訓練すべき項目があり、
例えば、「理解する力」には、次の項目が挙げられています。

  ・二つ以上の情報を重ねて理解することを習慣にする
  ・理解した内容を四日後に再度確認する
  ・人の話を感動して聞く
  ・空間認知力を鍛えている
  ・脳の「統一・一貫性」のデメリットを理解している

本書では、この6能力×5項目のチェックシートが掲載され、
自分の「リーダー<勝負脳>度」が診断できるようになっています。

私にとって本書で興味深かったのは、カリスマ性についての分析。

林さんは、カリスマ性を先天的なものと、後天的なものに分け、
「後天的なカリスマ性=達成率」と定義しています。

要するに、約束したことや発言したことに対し、
いつも実現させる度合いが高ければ、カリスマ性は高くなる。

私は、すべてのリーダーがカリスマ性を備えている必要はないと
考えていましたが、それは林さんの定義する先天的カリスマ性であって、
後天的なカリスマ性である高い達成率は、
やはりリーダーとしては、求められるべきだと思いました。

この本から何を活かすか?

人間の脳は、「統一・一貫性」のあるモノを好むそうです。

だから、整った顔立ちの人、つまり美人やイケメンが
本能的に多くの人に好まれるとか。

それはさておき、「統一・一貫性」の性質は、
自然と“長いものに巻かれる”状態を好み、
物事の成否を歪めるデメリットを持つそうです。

私はこの性質を、ジョージ・ソロスさんが言う
「可謬性(fallibility)」と共に、常に意識しておきたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 11:52 | comments:2 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

ぼくもこのあいだ読みました。

やるときは最初から脳力全開でやれ、
というのが、目からウロコでした。
いままでだらだらやってたので、
すぐに、というわけにもいかないかもしれませんが、
そうしたいものだと思います。

| kenn | 2009/04/01 18:21 | URL | ≫ EDIT

kennさん

トラックバックありがとうございます。

私も、気を引き締めないと最初はダラダラ系に
なってしまいます。
スタートダッシュが肝心ということですね。

| ikadoku | 2009/04/04 12:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/515-c07403b8

TRACKBACK

『ビジネス勝負脳』

『の鍛え方』という本は、 去年のオリンピックのころから評判で、 店によっては、まだ平積みになっていたりする。 スポーツに重点がおかれ...

| serendipity | 2009/04/01 18:22 |

ビジネス (ベスト新書)

書評リンク - ビジネス (ベスト新書)

| 書評リンク | 2009/04/01 21:58 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT