活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「ここ一番」に強くなれ!

「ここ一番」に強くなれ!
「ここ一番」に強くなれ!
(2009/02/19)
三田 紀房 商品詳細を見る

満足度★★★

大和書房、三輪さんより献本いただきました。ありがとうございます。

「ドラゴン桜」流ビジネス突破塾・第4弾。

本書で桜木建二が講義する内容は、「本番力」のつけ方。

  「人が失敗するとき、その9割は“本番力の欠如”が原因」

として、本書では、ここ一番でも空回りせず、「普通」の力が
発揮できるよう徹底した基礎力の強化を説いています。

ビジネスにおいては毎日が本番で、いざという時に
普段の何割の力が出せるかで成否が決まります。

必要なのは120%の力を発揮することではなく、「普通」にできること。

本書は名物キャラである桜木建二の言葉で語られていますから、
全編を通して刺激的なフレーズが並んでいます。

ところで本書は、昨日記事にした田中ウルヴェ京さんの本
図らずも、近いテーマを扱っていました。

しかし、方法論は全く異なります。

田中さんの本では、相手を意識せず自己ベストを出すことに
フォーカスしていました。いわばアスリート的な考えです。

一方本書では、「相手に勝つ」ことを第一条件として意識し、
相対的てっぺんを目指します。

これは、「勝つ」というゴールを見据えた考えです。
ドラゴン桜で東大合格を目指したときに、満点ではなく合格点を
狙った戦略的な方法と同じで、こちらの方が、よりビジネス的。

ただし、自己ベストを出すことも、相手に勝つことも、
実際にはどちらも必要ですから、どちらが良いというのではなく、
両方の技術を身につけることが望ましいでしょう。

私は、三田紀房さんの本では、モーニングで連載されている
ドラゴン桜のスピンオフ作品、「エンゼルバンク」も読んでいます。
こちらも、ますます面白くなっていますね。

本書の「ビジネス突破塾」のシリーズも、桜木建二の講義に続き、
将来はエンゼルバンクの海老沢康生の講義本が出るかも・・・

今後も、このシリーズから目を離せません。

この本から何を活かすか?

・「成功」の反対は「失敗」ではなく、「挑戦しないこと」
・「愛情」の反対は「憎悪」ではなく、「無関心」

これらは、よく聞く言葉です。

本書では、

  「反義語を考える思考は、物事に別方向から光を当てる訓練にもなる。」

とし、上記のようなシンプルな言葉の反義語を
誰かの言葉として知るのではなく、
自らの頭で考えることを勧めています。

それでは、「幸せ」の反義語は、「不幸」でないとすると何か?
改めて考えてみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:41 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/484-c5809531

TRACKBACK

「ここ一番」に強くなれ!

書評リンク - 「ここ一番」に強くなれ!

| 書評リンク | 2009/02/28 07:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT