活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

北海道いい旅研究室 11

北海道いい旅研究室 11
北海道いい旅研究室 11
(2009/02)
舘浦 海豹 商品詳細を見る

満足度★★★★

予め断っておくと、入手しにくい本なので、
上記リンクのAmazonでは取り扱いがない場合もあります。
(取り扱い店舗等は別途紹介)

さて本書は、おもいっきりローカルで、
北海道の温泉情報を中心に発信する、「主張」のある本です。
舘浦あざらしさん責任編集。

基本的に、ゴージャスなホテルなどは一切登場しません。

一応、国内ガイド誌というカテゴリーに入り、
形態は雑誌(ひょっとすると同人誌?)になります。

創刊は1999年で、不定期ですが1年に1冊ぐらいのペースで、
忘れた頃に出版されます。本書はその11号。

ただし、本書は出す側だけでなく買う側も、
世間の常識からすると変わり者ですから、
独特の嗅覚で新しい号の出版を嗅ぎつけているはずです。

本書のアンケートによると、読者が宿に求める条件は、

  1位 正しい温泉がある
  2位 手作りで地域色のあるおいしい食事
  3位 清掃が行き届いている

となっています。

ここで1位となっている「正しい温泉」とは、
本書で以前から繰り返される主張で、「源泉かけ流し」や
「100%天然温泉」とは全く異なる温泉です。

条件は、非塩素殺菌及び非循環ろ過であること。
地下水での多少の加水や加温はOKという考えです。

要するに、人工的化学物質を含まない新鮮な温泉ということです。

今号は、「北海道88名湯巡礼の旅・完結編」と
「椎名誠さん単独インタビュー・後編」の2大特集が目玉。

  「少数派であることを恐れない」

とは、巻頭の舘浦さんの言葉ですが、
本書はまさにその精神を貫き続けています。

本書の取り扱い店舗は、北海道内241店、同外50店。
東京では、紀伊国屋書店、ジュンク堂、三省堂、リブロなどの
一部の店舗です。
web上では、次のサイトでの取り扱いを見つけました。

紀伊国屋書店 BOOK WEB
ジュンク堂 BOOK WEB
セブンアンドワイ

北海道にお越しの際は、本書を片手に、
「正しい温泉」を巡ってみてはいかがでしょうか?

この本から何を活かすか?

「北海道88名湯巡礼の旅」の42ヵ所目として
“冬の吹上温泉(十勝岳温泉)”が紹介されています。

  「盗撮バカとエセ温泉マニアであふれかえる
  夏の吹上温泉には近寄るべからず」

という解説付きで。

私は、もう5年くらい冬の吹上温泉に入っていない気がします。

気合を入れて、久しぶりに挑戦してきます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 06:37 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/469-28b4b8a7

TRACKBACK

北海道いい旅研究室〈第11号〉

書評リンク - 北海道いい旅研究室〈第11号〉

| 書評リンク | 2009/02/15 23:54 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT