活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

人生が変わる瞬間

2008年12月16日
ビジネス一般・ストーリー 0
人生が変わる瞬間
人生が変わる瞬間
(2008/10/09)
佐藤 英郎 商品詳細を見る

満足度★★★

7つの物語で綴られる、気づきを得るための自己啓発書。

それぞれ物語は、主人公のおかれる状況もテーマも違います。

  第1話 私(著者)が化粧品営業から学んだ仕事の価値
  第2話 幸せを取り戻したある夫婦の物語
  第3話 新人賞受賞後から崩れていった営業マンが見出した仕事の意義
  第4話 仕事がすべてだった男性が見つけた新しい生き方
  第5話 自分のやり方が正解だと思っていたある上司の変化
  第6話 娘の心に悩むある親子のかかわり
  第7話 もう一度夢に向かって走りはじめたある女性の挑戦

これだけいろいろな設定があると、誰が読んでも
自分に置き換えて考えられる物語が、1つ2つあることでしょう。

これら7つの物語は状況は異なりますが、
実は根底にあるものは共通していて、それぞれの主人公は、
悩み苦しみながらも、最終的には自分と向き合うことで、
考え方や行動を変え、「人生が変わる瞬間」を迎えます。

第1話の主人公は、著者・佐藤英郎さん自身。
こちらのサイトで第1話のムービーが見れるようになっています。)

ここで佐藤さんの信条を語ることも兼ねていますので、
第2話目以降の話も、自然と説得力を増しています。

佐藤さん以外の話は、実話かどうか分かりませんが、
変に作り込んでいないので、スッと読めるものばかりでした。

ほんの少し考え方を変えるだけで、その後の行動が変わります。
それが、その後の人生を大きく変えるきっかけとなる。

  「8番目の“人生が変わる瞬間”の物語は、
  あなた自身がつくり上げてください。」

このように、佐藤さんは本書を締めくくっています。

この本から何を活かすか?

人生を変える瞬間を迎えるために、佐藤さんから
次の五つの質問が出されていました。

  1. 今の状況をつくっているのは誰ですか?
  2. あなたは、これからどうなりたいですか?
  3. そのために今、何をしていますか?
  4. なりたい自分と今していることの間に、ギャップはありますか?
  5. もっと良い方法はありませんか?

そろそろ、今年1年を振り返る時期なので、
この質問に答えつつ、次年度の目標を考えようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません