活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

一流アナリストの「7つ道具」

一流アナリストの「7つ道具」―フェルドマン直伝!「掛け算」の知的生産術 (ピンポイント選書)
一流アナリストの「7つ道具」―フェルドマン直伝!「掛け算」の知的生産術 (ピンポイント選書)
(2008/10)
ロバート・アラン フェルドマン 商品詳細を見る

満足度★★★

ビミョーに得した感じ。
135ページの小ぶりなハードカバー。850円。

テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」でおなじみの
ロバート・フェルドマンさんが、アナリストに必要なスキルと
それを身につける方法を書いた本です。

情報が溢れる現代においては、必要な情報を抽出・分析して
人に伝えるアナリスト的なスキルは、一般のビジネスパーソンにも
必要だと、フェルドマンさんは言います。

本書のベースとなっているのは、フェルドマンさんが
アナリストの採用基準として重視する7つのスキル。

  「分析力」、「プレゼン力」、「人間力」、「数字力」、
  「エネルギー管理力」、「言語力」、「商売力」

アナリストと聞くと「分析力」のイメージが強いですが、
それは7つの能力の一つに過ぎないようです。

そして、これらの7つの能力は「足し算」ではなく、「掛け算」で決まる。

つまり、どれか1つのスキルがゼロだと、全体がゼロになる。

スキルが足し算の関係にあると、得意科目を強化するのが得策ですが
掛け算の関係なら、苦手科目を強化するのが得策と説明されています。

本書では、7つの分野について広く書かれていますので、
当然、他のビジネス書で見かける内容と被る部分もありますが、
日米両方のビジネスに通じるフェルドマンさんだけあって、
引用する例もちょっと違って新鮮でした。

読む前は、文字数もページ数も少ないように感じたので、
一瞬、ハズレを引いたのかと思いましたが、
良い意味で裏切られました。

的確な表現で無駄な言葉がなく、質の高い本です。

この本から何を活かすか?

フェルドマンさんの分かりやすい文章にもお手本があります。

シャーロットのおくりもの」で有名な
E・B・ホワイトさんが書いた「The Elements of Style」。

この本には、簡潔で分かりやすい文章を書くルールがびっしり
詰まっているそうです。

中でもフェルドマンさんが最も参考にするのは次の5つのルール。

  1. 要らない言葉を省く
  2. 二重否定を使わない
  3. 文章は単純な構造に
  4. 能動態を使う
  5. 強調したい言葉を文章の最後に持ってくる

私も、ブログを書く際の参考にしたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/422-86c92c32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT