活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

READING HACKS!

READING HACKS!―読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣
READING HACKS!―読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣
(2008/10)
原尻 淳一 商品詳細を見る

満足度★★★

アウトプットを前提とした読書のための「ヒント集」です。

著者の原尻淳一さんによると、現代のビジネスパーソンは、

  1. 大量のドキュメントを読むことが大前提
  2. その中から、自分に必要な情報を素早く収集
  3. それを効率よく形にする=アウトプット

が要求されているため、それを実現する技術を
ハックという形で本書に提示したと言います。

本書では、読書レベルを4段階に分け、
89個のハックが紹介されています。

  「ノウハウ本は実験をして、自分に合ったものだけを吸収する」

このように、原尻さんが説明する通り、
本書もノウハウ本の一種なので、紹介されるハックの中から、
必要なものを選んで使うのが良いようです。

ということで、以下は本書の中で私が気に入ったハックです。

  ・自宅に図書コーナーを作る、それが無理なら図書館の近くに引っ越す
   →引越しまで考えるのは大胆な発想ですが、ちょっと実現は難しい。

  ・書店でチェックルートを確立する
   →勝間和代さんのチェックルートは「読書進化論」を参照。

  ・書評は「書評・ブックレビュー検索エンジン」で調べる
   →この本の書評をサーチしましたが、使い勝手はいまひとつ?

  ・年間読書キャンペーンを張る
   →その年の自分の読書テーマを設定する。ちなみに、原尻さんの
    2007年のテーマが、「日本の主要な読書術を網羅する」で、
    その成果をまとめたものが本書のようです。

  ・自分の生涯読書ランキングの本は、表紙を見せてディスプレイする
   →私の場合はディスプレイする前に、どの本が自分のランキングに
    入るかを考えなければなりません。

  ・読書キット(本とペン、付箋など一式を入れたケース)を持ち歩く
   →これは便利そう。即、100円ショップでビニールケースを調達します。

この本から何を活かすか?

原尻さんは、多読家への警鐘として、
哲学者ショウペンハウエルさんの言葉を紹介していました。

  「ほとんどまるまる1日を読書に費やす勤勉な人間は、
  しだいに自分でものを考える力を失って行く」

私は、決して勤勉な人間はありませんが、
まさに痛い所を突かれた感じがします。

本を読むだけなら、心地良さが残って終わり。

その心地よさに安住せず、読んだ時間以上に考え、
実践することが必要であることを、肝に銘じておきます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/413-3916b536

TRACKBACK

READING HACKS!読書ハック!

READING HACKS!読書ハック!―超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣(2008/10)原尻 淳一商品詳細を見る 本書は読書術の本ですが、本書の良い...

| メタノート | 2008/12/28 23:32 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT