活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「仕組み」整理術

「仕組み」整理術―仕事がサクサク進んで自由時間が増えるシンプルな方法
「仕組み」整理術―仕事がサクサク進んで自由時間が増えるシンプルな方法
(2008/09/27)
泉 正人 商品詳細を見る

満足度★★★

泉正人さんの『「仕組み」仕事術』は、仕事全般について
書かれていましたが、細かく分類すると、
「自己管理術」、「整理術」、「マネジメント術」、
「会議術」、「業務処理術」、「時間術」の6分野からなるそうです。

本書はその内の「整理術」について述べられたもの。
ということは同シリーズで、あと5冊出版される予定なのでしょう。

さて、本書が目指すのは、きれいな整理整頓ではなく、
仕事を効率化するための仕組み化された整理術。

基本原則は次のようになっています。

  1. 基本は「統一化」「一元化」「自動化」
  2. ルールを設け、徹底して実践する
  3. ムダな時間を削減することを目指す
  4. 整理しすぎない
  5. 整理した時間を有効活用する

整理術なのに、「整理しすぎない」ことに言及するのは、
目的が実践的な仕事の効率化だからです。

書類&机まわり、PC&メール、頭の中、時間と、
あらゆる空間の細々とした点まで、
整理するヒントが紹介されていますから、
効率化に苦しんでいる人には、参考になることでしょう。

また、本書を読むと泉さんが、いろいろな著者の本から、
上手にノウハウを吸収していることが分かります。

  ・佐藤可士和さんからは、整理に対する考え方
  ・野口悠紀雄さんからは、押し出しファイリング
  ・本田直之さんからは、レバレッジメモ
  ・築山節さんからは、頭の中を空にする方法
  ・吉越浩一郎さんからは、がんばるタイム

このように、人から良い点を次々と吸収していくところが、
泉さんの凄さなのかもしれません。

この本から何を活かすか?

泉さんは、仕事をアウトソースする基準を
「時給」に置いているようです。

つまり、自分の時給を計算し、それより安くすめば、
アウトソースするということです。

そういえば、勝間和代さんは、本を買う基準について、
「ネット情報」&「知人情報」と比較して、
それより質の高い情報が書かれていれば「買い」
と言っていました。

何かするときの基準を明確にするって、重要ですね。

私も基準を作って判断した方が良いことを洗い出して、
ルール化してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 08:01 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/405-72a50d5b

TRACKBACK

「仕組み」整理術

「仕組み」整理術―仕事がサクサク進んで自由時間が増えるシンプルな方法(2008/09/27)泉 正人商品詳細を見る ■感想 本当に最適な仕組みが作...

| hobo-sickboy- | 2009/03/30 07:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT