活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術

2008年11月12日
読書法・速読術 0

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
(2008/10/23)
藤井 孝一 商品詳細を見る

満足度★★★

本書はタイトルが示す通り、読書のメリットから始まり、
ビジネス書の選び方、読み方、アウトプット方法までを解説します。

私は、著者の藤井孝一さんと自分の共通点と相違点を
確認しながら本書を読みました。

  <共通点>
  ・1日1冊のペースで本を読む
  ・ネット書店、リアル書店、立読み、図書館を使い分ける
  ・マインドマップを使っていない
   (読書メモが結果としてマインドマップに酷似することはある)
  ・速読の技術を使っていない
  ・付箋を貼りながら読む
  ・読んだ本から、1つでもやってみると決めている

  <相違点>
  ・読書のとらえ方
  ・本への書き込みや読書メモの方法
  ・アウトプットの方法

それでは、相違点について少し説明します。

藤井さんは、読書は脳の肥やしであり、脳の筋トレと考えています。

一方、私の読書のイメージは、ほんの少しだけニュアンスが違って、
アイディアや行動という生成物を得るための、化学反応と捉えています。

ですから、本は自分の知識や経験と反応するリアクタント。
場合によっては触媒の役割を兼ねることもあります。

次に、本への書き込みや、メモ、アウトプットですが、
藤井さんは、本の余白に気づきをどんどん書き込み、
メモには思考を整理するための図を書き込みます。

そして、フォーマットに沿って読書レポートにまとめ、
有名なメルマガ「ビジネス選書&サマリー」へアウトプットします。

私は、本の余白ではなく付箋に書き込みし、
読書メモには、読んでいる最中は浮かんだアイディアを書き、
読後に、参考になった箇所(ページ数も)や関連図を書きます。

本当は余白に、フェルマーさんの予想のように、
「私は驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる」
などと書けばカッコいいのですが、読み終わった本の多くは
BOOKOFFに持っていったり、人に譲るのでそうもいきません。

私としては、特にアウトプット方法が参考になりました。
さすがに、藤井さんのアウトプットは質と経験が違います。

この本から何を活かすか?

「図書館でもビジネス書の調達ができる」
藤井さんは、このように図書館の利用を肯定しています。

私も、いわゆる「傑作ビジネス書」や、数年前に出版された本で、
未読のものは、いきなり購入するより、
先に図書館を当たってみた方が良いと思います。

いくら傑作といっても、自分のレベルに合うかどうか分かりませんし、
内容が良ければ、重読のために後から購入しても遅くありません。 

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • ◆本日の『人生を変える一冊!』(No.161/210) 投資効率を100倍高める ビジネス選書&amp;読書術おすすめ平均 類書の中で一番しっくりくる読みやすい 読むたびにスキルアップ読書するようになりましたビジネス書にフォーカスした、読書の達人の「イロハ」Amazonで詳しく見

    2010.06.17 (Thu) 07:22 | ビジネス本でバージョンアップ2.0!