活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

史上最強の人生戦略マニュアル

2008年11月07日
人生論・生き方・人物・哲学 0

史上最強の人生戦略マニュアル
史上最強の人生戦略マニュアル
(2008/09/27)
フィリップ・マグロー[著] 勝間和代[訳] 商品詳細を見る

満足度★★★

フィリップ・マグローさんて、どこかで聞いたとある名前だな~
と思いつつ読み始めると、
以前、渡部昇一さんの監訳版を読んだことがあるのが発覚。
(渡部昇一さん版に興味がある方は、Amazonで在庫を持っていない
ようですので、まずは図書館を当たってみるのが賢明だと思います。)

私は、読んだこに気付かないくらい内容も忘れているので、
あらためて勝間和代さん翻訳による本書を読むことにしましたが、
読み進むと「タフな本だったな~」という記憶が蘇ってきました。

“タフな本”というのは、2つの意味です。

一つは、精神的にタフ。

本書は、これでもかというぐらい徹底して、自分が目を背けたい弱い部分、
うまくいっていない部分を認識させられます。
現実に立ち向かうために、自分の心の奥底からも、
問題点を引っ張り出すので、けっこう精神的な負担があるでしょう。

もう一つは、課題をこなすのがタフ。

本書は、読んで理解するだけでなく、課題をこなしながら現状を把握し、
人生戦略を組み立てていくワークブックスタイルなので、
かなり時間がかかります。
課題は全部で18題。一気にはできません。

プロローグでは、米・有名司会者であるオプラ・ウィンフリーさん
困難に立ち向かうエピソードが紹介されています。

勝間さんも言っていますが、日本ではウィンフリーさんの知名度が、
それほど高くないので、読んでもピンとこない方もいるかもしれません。

参考までに以下は、2008年の米スタンフォード大学のコメンスメント・
スピーチの動画です。
30分程度の動画なので、お時間がある方はどうぞ。
(iTunes UのスタンフォードのCommencementの所にもアップされていますが、
こちらは、YouTube版です。)


この本から何を活かすか?

  「私は、世界級チャンピオンと同居している。」

これはマグローさんが、自分の奥さんに対し、
マイケル・ジョーダンさんと同程度の特性や情熱を持っていると
賞賛した言葉です。

分野は違えど、母親として、妻として、そして家族の要として
愛情を注ぐ世界チャンピオン。

私も、そのような目で妻を見て、感謝しなければなりませんね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック