活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

本物の気づかい

2021年02月05日
成功哲学 0

本物の気づかい
満足度★★★ 
付箋数:21 
posted with ヨメレバ
人生で、より多くのチャンスに
巡り合うにはどうしたらいいのか?

チャンスに出会うかどうかは、
偶然や運の問題もあるので、
あまりコントロールできません。

しかし、人からもたらせるチャンスを、
増やすことは可能です。

人に自分のことを好きになって
もらうと、チャンスは増やせます。

「応援したい」と思ってもらえる
人になると、チャンスが増えます。

では、人から好きになってもらい、
応援したいと思ってもらうには、
どうしたらいいのか?

それは、「ちょっとした気づかい」
ができるようになる必要があります。

気づかいとは、相手に対する愛情、
思いやり、感謝の気持ちを行動に
あらわすこと。

誰にでもできる簡単なことですが、
人生を変える大きな力があるのです。

本書は、「本物の気づかい」を
身につけて、質の高い人生を手に
入れるための本です。

著者は、歯科医でありながら、
成功哲学の講演を全国で行っている
井上裕之さん。

自分で奇跡を起こす方法』など、
これまでの著書累計は130万部を
突破するベストセラー作家でも
あります。

気づかいができるようになると、
次の5つのメリットが得られる
ようになるといいます。

1. 人から好かれる
 相手への思いやりや愛情を行動で
 示すので、人から好かれます。

2. 近道して成長できる
 誰かが見ていて手を差しのべて
 くれるので、成長へのスピード
 が速くなります。

3. チャンスが増える
 冒頭で紹介した通りですが、
 仕事が増えたり、ご縁に恵まれる
 ことが多くなります。

4. 人生で成功できる
 気づかいができる人は、
 社会的知能指数SQも高くなるので、
 成功できる確率が高くなります。

5. 心ゆたかに生きられる
 気づかいをすればするほど、
 自分の中によろこびが増え、
 心ゆたかに生きられるように
 なります。

では、どうしたら気づかいが
できるようになるのか?

「自分は気づかいができない」と
思っている方もいるでしょう。

実は私自身は「気づかいができない」
と自覚があります。

しかし、井上さんは言います。

 「断言します。
  “気づかい” は習慣にすることで
 誰でも身につけられます。」

気づかいを身につけるための
ポイントは3つ。

1つ目は、「自分がうれしいと
感じること」を相手にすること。

答えは自分の中にあるので、
自分がうれしいと感じることを
洗い出します。

2つ目は、相手の立場になって、
「うれしいと感じてもらえること」
を考えること。

普段から相手を観察していると、
その人のよろこびのポイントが
わかるようになります。

3つ目は、周囲を観察し
「人は何によろこびを感じるか」
を学んでいくこと。

周囲を観察して、学び、真似る
ことで気づかいを身につけます。

本書は、奇をてらったことは
書かれていないので、そこが逆に
いいんだと思います。

この本から何を活かすか?

落ち込んでいる人には、
どんな声を掛けたらいいのか?

つらいさなかにいる人には、
「頑張って」と激励しない方が
いいと言われます。

井上さんは、相手が「希望」を
持てるメッセージを贈ることを
勧めています。

「ゆっくり休んで、また○○を
一緒にやりましょう」など。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません