活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

「意思決定」の科学 なぜ、それを選ぶのか

2020年10月05日
数学 0

「意思決定」の科学 なぜ、それを選ぶのか (ブルーバックス)
満足度★★★★ 
付箋数:26 
posted with ヨメレバ

あなたは、レストランでランチの
メニューに迷ったとき、どのように
選ぶかのルールを決めていますか?

迷ったら、「多くの人が注文している
メニュー」と決めている人もいる
でしょう。

私の場合は、迷ったら「安い方」を
選ぶと決めています。

ランチのように選択を誤っても
大きな支障がなかったり、再度選ぶ
チャンスがある選択なら、どんな
選び方をしても問題ありません。

では、人生の中でチャンスが1度しか
ないような、絶対に失敗できない
選択はどのように決めますか?

実は、失敗しない選択をしたいとき、
その手助けをしてくれる理論が
あります。

それが「意思決定理論」です。

意思決定理論とは、数学的に計算し、
最善の意思決定を導き出す理論。

いわゆる「ゲーム理論」です。

ジョン・フォン・ノイマンさんと
オスカー・モルゲンシュテルンさんが
『ゲームの理論と経済行動』の中で
定式化したのが「期待効用理論」です。

本書では、期待効用理論を基に
発展した理論を中心に、行動経済学を
含む最新の研究まで取り上げます。

著者は、公立はこだて未来大学
システム情報科学部複雑系知能学科
教授の川越敏司さん。

ゲーム理論・実験経済学を専門と
する方です。

本書で扱う意思決定理論には、
大きく分けて2つあります。

1つは、「公理」と呼ばれる、
一連の望まし選択のあり方
(パターン)を規定するルール。

もう1つは、「効用関数」と呼ばれる
選択の結果の善し悪しを数値的に
判断するための数学的な手法。

しかし、私たちが行う意思決定に
おいて、常に公理や効用関数に
従って決めている訳ではありません。

人には常に選択に対する好み、
「選好」があるものです。

そこで本書では、読者がどのような
選好があるかを確認した上で、
意思決定理論を説明していきます。

例えば、あなたの「リスク回避性」は
次の問いで測ります。

 「あなたは株式投資を行う投資家
 だとします。あなたの手元には、
 100万円の資金があり、この一部
 または全部を使って投資をします。
 もちろん投資を行わず全額を
 手元に残しておくこともできます。
 投資に使用した金額は、1/2の確率で
 2.5倍に増えますが、1/2の確率で
 0円になるものとします。
 では、あなたなら投資額をいくらに
 しますか? 金額は0から100までの
 整数の中から選択してください。」

リスク選好は、「回避性」「中立性」
「愛好性」の3つに分類されます。

この問いでは、「回避的な人」か
そうでないかがわかります。

本書では、期待効用理論から
その応用まで、さまざまな状況下
での意思決定を実験を通して、
わかりやすく解説します。

ただし、それなりに数式も出てくる
ので、高校程度の数学の知識がないと
読み通すのがキツイと思います。

第1章 期待効用理論
  ~意思決定理論の基礎
第2章 プロスペクト理論
  ~期待効用理論を超えて
第3章 時間選好・社会的選好・
   認知能力
  ~様々な状況下での選択を
   考える

この本から何を活かすか?

 「パロンドのパラドックス」

あなたの所持金が100円だとして、
次のゲームのどちらかを100回行う
ことを考えてください。

ゲームA:毎回確実に1円失う

ゲームB:各回であなたの所持金が
   偶数のときは3円を得るが、
   奇数のときは5円失う

この2つのゲームは、それぞれ賞金の
期待値はマイナスです。

しかし、2つを組合せることで
プラスに転じることができます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません