活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

村上世彰、高校生に投資を教える。

2020年09月23日
投資 0

村上世彰、高校生に投資を教える。 (角川書店単行本)
満足度★★★★ 
付箋数:25 
posted with ヨメレバ

 「皆さん、はじめまして、村上世彰です。
 この度、N高等学校投資部の特別顧問
 として皆さんに投資の講義をさせて
 いただくことになりました。
 (中略)
 私の講義では、まず投資の本質を
 しっかり理解していただきます。
 その上で、より実践的な投資について
 の考え方についても述べていきます。
 入部にあたり部員の皆さんには、
 『いま君に伝えたいお金の話』を
 読んでもらいました。講義でもこの
 内容に少し触れたいと思います。
 でも、私の話を聴いてもらうだけ
 ではありません。村上財団から
 提供させていただいた、1人あたり
 20万円の資金枠で実際に投資をして
 いただきます。」

学校法人角川ドワンゴ学園が2016年
4月1日に開校したN高等学校。

本書は、N高投資部の特別顧問に
就任した、生涯投資家の村上世彰さん
の講義をまとめた本です。

投資部は、50名の募集に対して、
268名の応募があったそうです。

そして、村上財団から資金20万円の
提供を受けて、実際に8ヶ月の投資を
44名の高校生が行いました。

1人20万円の投資資金は、部活終了後、
財団に返します。

利益が出た分は、各個人が貰えて、
損が出たときは、残った分だけ返せば
いいことになっています。

 「本来は少しの額でも自分で用意して、
 損が出ても自分で負うという自己責任
 の下で投資するのが良いのかも
 しれません。しかし、それでは
 なかなか投資に踏み出せない人が
 多い。なので、まずは投資に触れる
 きっかけとしてこのようなプログラム
 にしました。」

本書を読んで、大人が投資を始める
場合は、自分で資金を用意しますから、
高校生より勉強になるはずです。

それはリスクを負うことによって、
「怖さ」を学ぶことができるから。

さて、村上さんは高校生にどのような
投資の話をしているのでしょうか?

村上さんは、講義で3つのポイントを
挙げています。

1.「投資の本質」をしっかり理解する
2.「期待値」を考えて投資判断する
3.「リスク管理」を考えて投資する

投資家として成功するためには、
まずお金に対する正しい認識と
付き合い方を身に付ける必要が
あります。

村上さんが教えるお金の基本は、
村上さん自身が父親から教わったこと。

 「お金は、仲間がいるところに
 どんどん集まってくるものです。
 仲間がいなければ、なかなか
 とどまってくれません。
 お金が集まる循環とは、
  “稼いで、貯めて、回して増やして、
 また回して増やす” というものです。」

そして、お金との付き合い方で
もっとも大切なことは、お金に
振り回されないようにすることです。

そのために、自分なりの「幸せの基準」
をしっかり持つことが重要となります。

ですから、投資を始める前に、
自分にとって何が幸せなのかを
しっかりと考える必要があります。

また、その幸せを実現するために、
いくら必要なのかを定めておきます。

本書では、お金の本質だけでなく、
買いと売りのタイミング、そして、
投資家に必要な条件などが語られて
います。

部員の高校生のインタビューや
レポートも掲載されているので、
これから投資を始めたい人には
参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

買う候補の銘柄は会社四季報の
ROE、PER、PBRなどを見て
ピックアップします。

そして、実際にIRに問い合わせて、
将来性を見極め、シナリオを考えて、
最終的に買う銘柄を選定します。

売るタイミングは、次の2つ。

十分に目標に達したと判断した時か、
自分のシナリオが間違っていたと
判断した時です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません