活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法

2020年09月14日
問題解決・ロジカルシンキング・思考法 0

Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法
満足度★★★★ 
付箋数:25 
posted with ヨメレバ
ハーバード大学の心理学者、
エレン・レンガーさんが1970年代に
行った実験をご存知でしょうか。

それは、このような実験でした。

図書館にあるコピー機の前に、
コピーを取ろうとしている人の
長い行列ができています。

その1番前に並んでいる人に何度か
尋ねることを繰り返しました。

 「すみません。5枚だけ先にコピー
 を取らせてもらえませんか?」

しかし、順番を譲ってくれる人は、
ほとんどいませんでした。

そこで、次のように少しだけ聞き方を
変えてみました。

 「すみません。5枚だけ先にコピー
 を取らせてもらえませんか?
 急いでいるもので」

するとほとんど人が順番を譲って
くれました。

なぜ、急いでいるかの理由までは
言っていませんが、急いでいることが
順番を譲る理由として、受け入れ
られたことを示しています。

そして、再度、次のように聞き方を
変えて試してみました。

 「すみません。5枚だけ先にコピー
 を取らせてもらえませんか?
 何枚かコピーを取りたいもので」

今回の最後に加えれた「何枚か
コピーを取りたいもので」一言は、
全く理由になっていません。

なぜなら、列に並んでいる人は
誰でもコピーを取ろうとしている
からです。

しかし、驚くべきことに、またもや
ほとんどの人が順番を譲ってくれました。

この実験は、人のある心理現象を
あぶり出しました。

それは行動に「理由を添える」だけで、
その行動は周りからの理解と譲歩を
得やすくなる。

ここで大切なのは、その理由が
意味をなしているかどうかは
関係ありません。

「○○なので」と言うだけで、
その行動が正当化されるのです。

この現象を「カチッサー効果」と
呼びます。

この現象は、次のような場面でも
よく起こります。

高速道路で渋滞が起こっている場合。

 「ご迷惑をおかけします。
 道路工事をしています。」

工事をやっているのは、一目瞭然でも、
理由が書かれているだけで、私たちの
気持ちは落ち着きます。

逆に理由がないだけでも、イライラ
するものです。

 「結論。理由は必要である。
  “○○なので” というちょっとした
 言葉は、人間同士の潤滑油の役割を
 果たす。こまめに使おう。」

本書は、私たちが賢く生きるために、
避けるべき「思考の罠」が52個、
紹介されている本です。

著者は、ドイツの作家で実業家の
ロルフ・ドベリさん。

本書はドイツやスイスの新聞に
掲載したコラムをまとめたものです。

 「著者として言いたいことは
 いたってシンプルだ。誰もがみな、
 思考の重大な誤りを避けられる
 ようになれば、たとえそれが
 私生活に関することであれ、
 仕事や政治的な決定におけること
 であれ、私たちはいまよりずっと
 豊かになれる。
 もっと賢くなければならないわけ
 でも、新しいアイディアを出さな
 ければならないわけでも、
 ましてやこれまで以上に動き
 まわらなければならないという
 わけでもない。ただ、間違いを
 減らしさえすればいいのだ。」

本書は非常に読みやすく、
実践しやすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

著者のロルフ・ドベリさんは、
本書の前にも後にも、似たような
タイトルの本を執筆しています。

Think clearly 最新の学術研究から
導いた、よりよい人生を送るための
思考法


Think right 誤った先入観を捨て、
よりよい選択をするための思考法


本書が良かったので、こられの本も
併せて読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません